私は子供が苦手です。

新生児から小学生まで。
子供」と呼ばれる年齢の人間が万遍なく苦手。

そんな私は小学生2人の母。
ちゃんと子育てしてます。

相変わらず子供は苦手だけど…。

今日は子供が苦手(学校も苦手)な私が、我が子の幼稚園、小学校という子供だらけな環境をどうにか生き抜いている話をします。

スポンサーリンク

子供が苦手な私

いつから子供が苦手だったのだろうと思い返してみると、子供の頃から子供が苦手でした。

子供の頃はまだ自覚がなくて、単に幼稚園や小学校が嫌いなだけだろうと思っていたのですが、中学高校になると「あ、私子供嫌いなんだ」と気付く瞬間が何度かありました。

例えば、バイトでレジ打ちをしていた時、幼稚園くらいの子供が「ばいばーい」と私に手を振ってくると、

ば、ばいばい…

レジで子供に絡まれる私をバイト仲間が笑って観察するようになりました。

「今日も引きつってるよ!」と。

私、自分が園児(中退したけど)の時に母とスーパーに行くとレジのおばさんが「ばいばい」と私に微笑みかけて手を振るのが不思議で、

七(園児)
何でレジのおばさんはいつもこっち見て笑うの?

と母に聞いたことがあります。

「かわいいからよ」と母は答えましたが、見ず知らずの子供を可愛いと思う感覚が理解出来ませんでした。
大人になったら可愛く思うのかとその時は納得しましたが、結局大人になってもよその子供を見て可愛いなんて思った事はありません。
「うるさい」とか「可愛くない」と思った事は数知れず…。

そんな私なので、自分は絶対に子供を産まないと思っていました。
が、結局望んで産みました。
不思議なのですが、「子供が欲しい!」とある日突然思ったんですね。今でも謎です。
ホルモンとか関係しているのでしょうか。

私は24歳で長女、27歳で次女を出産しました。
子供嫌いな人間が花の20代を育児に捧げたわけです。

スポンサーリンク

子供が苦手な女が母親になったら

長女を産んだ直後は母性がわかず、ボーッと眺めていた記憶があります。
産院は母子同室ですが、夜間は同室でも新生児室に預けても良いシステム。

1ミリも迷わず、19時に新生児室に届けに行きました。

初めて「あ!可愛い!」と突然実感したのが、産後数日経ってから。
「大事にしたいな」と思いました。心から。

退院後は里帰りもせず助けもあまり期待出来なかったので、ひたすら慣れない新生児育児と犬の世話。
まぁ今と変わらない生活です。

しかしそのうち長女に湿疹が出始めました。
そこからアレルギー治療が始まったので、アレルギーの知識を頭に詰め込み、治す事に必死!

現在は老犬の介護に必死なことからも推測出来ますが、私はおそらく育児に限らず与えられた課題を完璧にこなさなければ気が済まない性分なのでしょう。

育児に関しては、

  • 子供が生まれたら育て上げる
  • 病気になったら治す
  • 自分の親がわりと毒親なので負の連鎖をさせない

こんな調子で日々自分が納得出来る育児をこなすことに必死でした。

私は一生懸命良いお母さんをするので、子供は私に懐きます。
懐きますから、自然と可愛く思えます。
子供嫌いだから自分の子供を好きになれなかったらどうしよう…なんて心配する必要はありませんでした。

次女が生まれた

3歳差で次女が生まれました。
次女が生まれる前、長女が生まれる時とは違う不安がありました。

長女ほど好きになれなかったどうしよう

この時点では、長女が世界で唯一可愛いと思える子供です。
その特別な長女ほど可愛いと思えなかったら…不安でいっぱいでしたが、そんな不安も無駄でした。

生まれた次女が私そっくり(笑)

生まれた瞬間は可愛い!よりも親・近・感!

とても愛嬌があり、発達も早かった次女は周りの人の心をグイグイ引き寄せ、とても可愛い子供に育ちました。

姉妹で差がついたらどうしよう

私も姉妹で、妹の私は5歳上の姉と比べるとかなり冷遇されて育ちました。
とても嫌だったので、子供達は絶対に平等に育てようと決意。

でも成長過程で個性が出てきます。

どちらかだけを好きになったらどうしよう…と当時3歳&0歳の子供達を抱えて悩んだ時期があります。

そんな心配もするだけ無駄。

子供達それぞれに良い面、悪い面があり、悪い面はとてつもなく憎たらしい部分もありますが、今のところ愛情を含んだ憎たらしさ。
良い面は本当に素晴らしい個性です。

共通する部分も多い2人ですが、得意分野も性格も違います。
ですが、2人とも大好き。

この記事を書いた後に憎たらしい事を言われてムキーッ!となるかもしれませんが、でも大好きな子供達です。

大好きな大好きな子供達ですが、幼稚園や小学校に上がるとよその子供と関わる場面が増えてきます。
私が、よその子供と関わる…。

正直、最初は地獄でした…。

スポンサーリンク

子供嫌いな私が幼稚園や小学校で子供にまみれる

参観日や行事などで子供の幼稚園・小学校に行くと、よその子供がワラワラ~!と寄ってきて、「誰のママ?」と聞いてきます。

それ聞いてどうすんの?

と思いつつも、引きつりながら

長女ちゃんだよ~

と答えてみたり。

非常に疲れました。

そして気付いた。私は子供相手に人見知りをする。

幼稚園だけならいいんです。
時々家によその子供が遊びに来るなんてこともあります。

子供によってはオモチャを片っ端からひっくり返したり、汚い靴下で寝室に入って行ったり

とっとと失せろガキ

と思っても、物怖じして注意も出来ない私。

長女が幼稚園の頃は本当に慣れなくて辛かった。

ですが回数をこなしていくうちに慣れてくるし、我が子の本当の仲良しの子供はだんだん可愛く思えてきました。
私、レベルアップ!

赤の他人の子供は結局可愛いと思うことなく子供達は小学生。長女は高学年。
きっとこのまま子供を可愛いだなんて感じる事はないと思います。

そしていつか

孫を可愛いと思えなかったらどうしよう…

なんて悩む日が来るかもしれません(笑)

あ、ちなみに親戚の子供も全く可愛くないです。

人間として大事な部分が欠如しているのではないか

子供嫌いでも自分の心がけ次第で子育てはきちんと出来るし、回数をこなせばよその子供にも慣れてきます。

ピーピーうるさい子供が可愛くないと思うのはよくあることかもしれないけれど、私は赤ちゃんも可愛いと思わない

「生まれましたー」と新生児の写真を見せられると、可愛いどころか

うわっ…

と、ゾワッとします。

こんな状態なので、私には人間として大事な部分が欠如しているのではないかと不安に思った事があるんですね。

よそのおじさんおばさんは我が子達に「いくつ?」「かわいいね」と話しかけてくれたり、愚図って大泣きする子供と闘う私に「どっちも頑張れ!」と声をかけて気持ちを和ませてくれたり。
ワンオペ育児でいっぱいいっぱいだった時期も見ず知らずの人にたくさん救われました。

それなのに私は…。

でもある日気付いたんです。

よその犬は可愛い。
野良猫に話しかける。
巣立ちしたばかりの鳩に微笑みかける。
動物病院の待合室で、隣に座った犬の情報を知りたくてたまらない。
我慢出来ずに「いくつですか?」と聞く。

対象が違うだけで私にもこの気持ち、あった。

やけにホッとした瞬間でした。

私は子供が苦手というよりも、人間が苦手なのかもと。
まぁそれも問題アリといえばアリですが。

子供嫌いが無理に子供好きになる必要はない。

産まない選択もよし、産んだら責任を持って子供を情緒豊かに育てる努力をすればよし、よその子供には慣れるしかない。

これが子供が苦手な私が子供を育ててみて出した結論です。
ちなみに最近は子供だけでなく非常識な親もセットで苦手になりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします