長女がきちんと座って離乳食を食べるようになった生後8ヶ月頃、ベビーチェアを購入しました。

何を夢見ていたのか、

  • 成長に合わせて調節できる
  • 大人になっても使える

と銘打った2万円以上する高級ベビーチェア。

テーブルが3万円くらいなのに2万円のベビーチェア。

その後生まれた3歳差の次女にも姉妹平等に同じ椅子の色違いを購入しました。
この時点でテーブルより高い。
今思うと何かがおかしい。

確かに上等の椅子なので作りは良かったのですが、大人が座るとどうも落ち着かない…。
高さを細かく調節出来ますが、それでも落ち着かない…。
大人はやっぱり普通の椅子がいいです。

だけどこの椅子はいずれ学習机の椅子としても使える!と信じて使い続けたのですが、
いざ机を購入してみると、学習机には学習机の高さと形状に合った学習机用の椅子がいい…ということで、結局学習机用の椅子を購入しました。

じゃあベビーチェアはどうするの?ということになります。
食卓はテーブルと椅子4脚がセットだったので、ベビーチェアをいつまでも置いておくと大人用の椅子が余って邪魔。

ベビーチェアを捨てるのは勿体ないから孫に使おう!と、バラしてよく拭いてクローゼットにしまっておきました。
バラしたとはいえかなり場所を取りますが…。

そして1年後、事件発生。

模様替えのためにクローゼットを開けると、カビだらけのベビーチェア
片付ける前にアルコールで一生懸命拭きましたが、子供達が何年も使ったものなので有機物が残っていたのでしょう。

只今、粗大ごみの回収を待っています。

そんな経験から出した結論は、「“大人になっても使える”ベビーチェアは無駄」です。

スポンサーリンク

ベビーチェアはいつまで使う?

子供達が高さの調節できる高級ベビーチェアを使っていたのは、幼稚園の年長まで
小学校に上がってからは子供達の方から「大人の椅子の方が使いやすい」と言い、私から見てもベビーチェアに座らせ続けるのは限界に感じました。

1歳前から幼稚園の年長まで使えたなら2万円の椅子でもいいじゃないのと思うかもしれませんが、使用していた期間、私はこの椅子に満足していません。
食卓の他の椅子と微妙に干渉するので収まりが悪いし、重い。掃除の度にイライラ。
今振り返ると日々の小さなストレスになっていたように思います。

というわけでこれからベビーチェアの購入を検討している方は失敗しないように、私の経験から無駄のないベビーチェア&子供用の椅子を提案します。

おすすめのベビーチェア

リッチェルごきげんチェアは、大人用の椅子に乗せて使うタイプ。
7ヶ月から5歳まで座面を上げたりテーブルをつけたり外したり形状を変えながら使用出来ます。
子供の友達の家でもこれを使っていて、納得いかない高級ベビーチェアにモヤモヤしていた私は、見た瞬間に「これだ!」と思いました。

特に金額にはこだわらない!という場合は、断トツで評判の良いのがベビービョルン
兄弟姉妹で使えば勿体なくないかもしれませんね。

ベビービョルンは対象年齢が3歳までなので、ベビーチェアに座らなくなった時点で大人の椅子に置くクッションで調節すればOK。

スポンサーリンク

ローテーブルには普通の豆椅子

ハイチェアで大失敗した私ですが、ローテーブルで使っていた椅子には満足しています。

普通の豆椅子

三輪車の購入でも思いましたが、なんだかんだで昔ながらの商品って良いです。

ご家庭により住宅事情もお財布事情も違うと思いますが、わりと毎月ヒーヒー言ってる日本の平均的家庭の我が家のおすすめはリッチェルごきげんチェア普通の豆椅子でした。

参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします