チャレンジタッチが大好きな小3次女。
大好きといっても毎日きちんと取り組む人ではないので、昨年(2年生)の学習を溜めまくり、

春休み中に終わらせなければ解約

という当然かつ恐ろしい通達を出され、春休み中はヒーヒー言いながらやり残した分を片付けていました。

そんな次女ですが、3年生のチャレンジタッチの内容がとても面白い模様。

正直、1,2年生にチャレンジタッチは勿体ないと思っています。
次女に関しては長女がやっているので平等にしてあげているだけであって、本当に必要ないよな…とモヤモヤしていました。
だって1年生は字を書ければいいし、2年生は掛け算が出来ればいいんだから。
家庭学習の習慣付けだって、毎日の学校の宿題で十分。

そんな私から見ても、3年生は本当に楽しそう。

  • 塾に通う必要はないけれど、宿題以外に家庭学習をさせたい
  • 親が丸付けをするのが負担
  • 紙のテキストや提出をサボった添削問題がどんどん溜まるのは嫌

そんな親御さんには是非検討していただきたいです。

というわけで3年生のチャレンジタッチの料金と気になる中身をご紹介します。

チャレンジタッチの公式サイトを見る

スポンサーリンク

チャレンジタッチ3年生の料金

チャレンジタッチは学年によって料金が異なります。

3年生は月額4,062円。
6ヶ月一括払いの場合は、月あたり3,682円。
12ヶ月一括払いの場合は、月あたり3,425円

我が家は12ヶ月一括払いにしています。

一括払いをして途中で退会したい場合は、受講月数に応じて受講費を計算し、残額を返金してもらえます。

ちなみにあばら骨が1本ずつ届くデアゴスティーニのおしゃべりガイコツが1ヶ月4,760円なので、それと比べるとだいぶ安く感じます(笑)

また、チャレンジパッドサポートサービス(年間1,836円)への加入をすると、自然破損の場合は安価で交換。
落とした・濡らした・踏んづけたなどの自己破損の場合は3,240円で交換してもらえます。
※1年目は通常保証の期間内なのでサポートサービスの有無に関わらず無償

実は布団の中にチャレンジタッチが隠されていて何度か踏んづけたんですよね。
壊れてないけど。
そんな恐れがある場合は加入しておいた方が良さそう。

※料金のより詳しい説明はこちら

では次に内容を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

チャレンジタッチに英語が加わる

今年度からの新学習指導要綱により、3年生から「外国語活動」、5年生から「英語」が加わりました。
子供達が通う公立小学校で実際に授業が始まるのは2学期からですが、チャレンジタッチでは4月から外国語のレッスンが配信されます。

チャレンジタッチ3年生では、1年間で約200単語・約25表現を学べるとのこと。
最近は小学生でも英検を受ける人が増えてきましたが、一番最初の英検5級で覚えるべき単語数は約500。

ちなみに小6の長女は小4の時に5級を受験しましたが、5級は単語さえばっちり覚えておけばある程度の点数を取れる内容でした。

3年生のうちにある程度の単語を身につけておけば後々余裕が出来そうですね。
子供の頃に得た知識って一生ものなので、中学生になってから「覚えられない~!」と慌てることも減ると思います。

また、チャレンジタッチのレッスンではただアニメを見て終わりではなく、タブレットに向かって自分で発音した文章をチェックしてもらえ、「聞く」「話す」練習が出来るので、学校で外国語活動の授業が始まった時に全くちんぷんかんぷんで困る心配もなくなります。

次女は1年生から英語教室に通っているのですが、英語ペラペラになってほしいというよりは、「英語の発音が恥ずかしくて萎縮しないように」というのが通わせ始めた理由です。
チャレンジタッチでこうして発音の練習も出来るなら、わざわざ1年生から習わせなくても良かったかも…。

※チャレンジイングリッシュというオプションもありますが、まずは基本の英語の教材で勉強してみて、もっと頑張りたいという場合に検討すれば良いと思います。

スポンサーリンク

チャレンジタッチ3年生その他の内容

チャレンジタッチ3年生では、

  • メインレッスン(毎月配信)
  • 英語のレッスン(毎月配信)
  • 赤ペン先生の問題(年3回)
  • テスト100点問題集(年2回)
  • 実力診断テスト(年2回)

以上5種類の教材で4教科+英語の理解を深めることが基本となります。

しっかり取り組めば月々の料金が全くもったいなくない内容。
しっかり取り組めば(笑)

チャレンジタッチでは学習アラームの設定が可能で、取り組む時間になると自動的に起動して教えてくれます。
曜日ごとに時間を変えられるので、習い事など曜日によって取り組める時間が違う場合は便利。

メインの教材以外も豊富で、3年生はミクロ観察スコープ(4月号)をタブレットに接続して小さなものを観察したり、要所要所で配信されるアプリでは割り算の練習や計算練習などが出来ます。
3月号には都道府県ポスターが届くので、来年度の予習も◎

↑観察スコープ(4月号の特典)で手のひらを撮影中。

【チャレンジタッチ】4月特大号のお申し込みは4月30日まで!

赤ペン先生の問題

年に3回行われる赤ペン先生の添削問題は、郵送またはスマホアプリで送ると3日後にはチャレンジタッチに返却されます。

私、赤ペン先生には微妙な思い出がありまして…。

小学生の頃、私も進研ゼミをやってたんですね。
で、昔は問題だけでも面倒なのに添削問題全てに住所氏名を書かないといけなくて嫌でした。

おまけに赤ペン先生へのメッセージ欄まで用意されていて、

別に赤ペン先生なんて知り合いでもないしどうでもいいわ

と思って何も書かずに出したんです。

そしたらですよ。

赤ペン先生からのお返事
先生への挨拶くらい書きましょう。

と怒りのメッセージが。

それ以来添削問題は出していません。

そんな過去があったので、紙の教材だけだった時は通信教育をやらせようとは1ミリも思わなかったのですが、長女が2年生の時にチャレンジタッチが登場したので即飛びつきました。

私の子供なので赤ペン先生の件がなくても添削問題を溜めこむだろうし、毎月の教材も嵩張るし、私も丸付けするの面倒だし。

チャレンジタッチ最高!

⇒教材の詳細は公式サイトをご覧ください。

ハトさんメールも可愛い

私が地味に気に入っているのが、ハトさんメール。

事前に登録してある保護者のメールアドレス宛てにチャレンジタッチで描いた絵がメッセージとして添付、送られてきます。

不意打ちでこんなのが送られてきますから。
可愛いったらありゃしない。

左利きでも大丈夫

チャレンジタッチは付属のタッチペンで漢字の練習が出来るのですが、長女も次女も左利き。
受講前は大丈夫かな?と気がかりでしたが、利き手の設定も端末上で出来たので問題ありませんでした。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

チャレンジタッチを実際に受講している子供の感想

実際にチャレンジタッチを受講している人に感想を聞いてみましょう。

チャレンジタッチは何で好きなの?

次女

4教科が何でも揃ってるから。英語も出来て。

おすすめポイントは何ですか?

次女

頼まなくてもアプリが届くところ。

チャレンジタッチの一番好きな内容は何ですか?

次女

本も動画も見られるから楽しい!

 

そう、良いこと言った(笑)

チャレンジタッチのまなびライブラリーでは追加料金なしで本も動画も見放題
kindleなどの電子書籍ではついうっかり見せたくない本や動画を子供が見る可能性もありますが、まなびライブラリーはその心配がありません。

無料だし、どうせおまけ程度の内容だろうと思っていましたが、びっくりしました。

やけに豊富(笑)

絵本、小説、伝記、図鑑も。
電子書籍約1000冊、動画10本以上だけでなく週間ニュースでは時事も読むことが出来ます。

まなびライブラリーはチャレンジタッチだけでなく、パソコン・タブレット・スマホでもログインすれば利用可能です。

本に夢中になると止まらない子供なので、我が家では学習が終わったらまなびライブラリーを開いていいという約束をしています。

しっかり学習出来てお楽しみも用意されているチャレンジタッチは3年生から始めるのがベスト

より詳しい内容・資料請求はチャレンジタッチ公式サイトをご確認ください。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします