小3の次女、授業で使うので国語辞典を購入してくださーい!と学校からアナウンスがありました。

学校からは三省堂光村教育図書の国語辞典の封筒(お金を入れて学校に提出する共同購入)を貰ってきましたが、学校の指定の出版社は特になく、兄弟のお下がりでも書店やインターネットで購入しても良いとのことでした。

小6の長女は幼稚園の頃調べものにはまった時期があり、入学前にベネッセのチャレンジ小学国語辞典を購入し、既に活用していたので学校では買いませんでした。

一方次女は今回学校の共同購入で三省堂の国語辞典を注文。
価格は多少割引があり2,000円だったので、もし学校で買えるなら買ってしまった方が間違いはないと思います。

ただ、私の個人的な好みでは、長女が使っているチャレンジ小学国語辞典がとても好きです。

長女も次女も学校に置いてきてしまったので写真で比べる事が出来ないのですが…。

ちなみに長女の国語辞典を次女にお下がりして、長女には中学生でも使えるものを買おうかとも思ったのですが、

長女
いいけど…お下がりするのは可哀相なほどボロボロだよ

 

とのこと(笑)

どんだけ使ったの…と笑ってしまいましたが、長女はチャレンジ国語辞典を読み倒し、今は学校に置いてあるそうです。

そんなわけで今日は国語辞典の選び方をちょっと考えていこうかと思います。

スポンサーリンク

小学生が使いやすい国語辞典の選び方

国語辞典ってどの出版社も2,000円以上するので、どうせなら中学まで長く使えるものが良いと思ってしまいがちですが、小学生には小学生向けの国語辞典を用意するのがすごく大事。

少し字が大きめだったり、ふりがなが振ってあったり、小学生にも分かる言葉で解説が書いてあったり、小学生には見せたくない卑猥な単語が載っていなかったり。
中学生以上向けの国語辞典とちょっと見比べただけで全然違います。

映画や本は少し背伸びしてみることはとても良いと思いますが、初めて辞書を使う子供には小学生向けのものを用意してあげるのがベストだと思います。

長女が使っていて、私が見てもとても使いやすいと感じるチャレンジ国語辞典は購入当時は2色刷のみでしたが、現在はカラー版も登場し、更に読みやすくなっています。

確認!Amazonでチャレンジ小学国語辞典の中身を確認できます

個人的な好みではチャレンジ小学国語辞典推しですが、他の出版社も内容に大きな差はありません。

いくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

小学生の国語辞典のおすすめ一覧

学校推薦、個人的な好み、Amazonランキングから小学生用のおすすめ国語辞典をいくつかご紹介します。
今回ご紹介する国語辞典は、全て漢字にふりがな付きなので3年生の一斉購入を待たなくても、1,2年生から使えます。

国語辞典はそこまでこだわらなくても内容に大差ないので、学校で一斉に購入出来るならしてしまうのが良いと思いますけどね(この記事の意味なし)。

ベネッセ

まずは私おすすめのベネッセのチャレンジ小学国語辞典

35,100語の見出し語&小学校6年間で習う教育漢字1,006字が収録されています。

チャレンジ小学国語辞典には、通常サイズ版、コンパクト版があります。

通常サイズ版は21 x 14 x 4 cmコンパクト版は19.8 x 14.2 x 6.6 cmと、コンパクト版の方が一回り小さくなっています。
内容に大きな違いはないので、学校に持って行くならコンパクト版がおすすめです。

また、コンパクト版の限定盤ぐんぐんパックには辞書引きに便利な付箋と持ち運び用のバッグ付き。

光村

子供達が使っている国語の教科書は光村図書。
多くの公立小学校で採用されている教科書だと思います。

辞書の使い方は、3年生の1学期の国語の授業で初めて学習します。
初めて国語辞典の使い方を習う小学校3年生の子供には、教科書に合わせて光村図書の国語辞典「小学新国語辞典」を用意してあげるのも良いかなと思います。

収録語数は約33,000語。身につけたい重要語を色分け表示してあり、百人一首・短歌・俳句・ことわざ・慣用句・四字熟語なども学べます。

サイズはチャレンジ小学国語辞典のコンパクト版とほぼ同じの19.8 x 14.4 x 5.2 cmです。

三省堂

今回次女に購入したのは、三省堂の例解小学国語辞典

収録語数は35,500語。
2色刷で文字が大きく読みやすく、軽いので持ち運びも苦になりません。
サイズは19.4 x 14.2 x 5 cm

付箋を貼っても文字が隠れない工夫がされてあったり、めくりやすい専用用紙を採用しているのも初めての国語辞典を使う子供には大きなメリット。

350以上のコラムでは「擬音語・擬態語」「ことば遊び」「ことわざ」など広く深く学ぶことができます。
国語辞典=言葉の意味を調べて終わりにはならないのは嬉しいですね。

次女も初めて手にした自分の国語辞典を嬉しそうに読み進めていました。
愛読書が辞書ってとても良い事♪

学研

Amazonで一番売れている小学生向けの国語辞典は、学研の「新レインボー小学国語辞典

全ページオールカラー、収録語数は類書中No.1の37200語

サイズは19.6 x 14.8 x 6.2 cmなので他の出版社とほぼ同じ。
ことわざ・慣用句・四字熟語・故事成語を多く収録。「努める・務める・勤める」などの漢字の使い分けをイラストつきで解説されています。


この中から選んでおけば間違いはないかなと思います。

ちなみに最近、家中の本を読みつくした小6の長女(本が無いと枯れ果てる図書委員)は、普通に辞書(下の写真は英和辞典)を読んでます。

最近の辞書って写真入りだったりコラムが豊富だったりして、調べものだけでなく読んでいてとても楽しいです。

前述のとおり大きな差はないので、オールカラーか2色刷か、持ち運びに便利なサイズか家で使いやすい大きめサイズかなど、見た目で決めてしまっても良いのではないかなと思います。

チェック!Amazonで中身のイメージを確認する事が出来るので、購入の参考になると思います。

以上、小学生向けの国語辞典のご紹介でした♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします