10年ちかく使った圧力IH炊飯器が壊れまして…。
炊けるけど蓋を開閉するボタンが壊れていたり、炊いている途中で「ブォーー!」と異音がしたり…。
誤魔化し誤魔化し使っていたのですが、どうにもこうにも誤魔化せなくなってきたので購入を決意。

  • あんまり高くない
  • おいしく炊ける
  • 2合でもおいしく炊ける5合炊き
  • 掃除しやすい

この条件で選んだ結果、象印の圧力ではないIH炊飯器極め炊きNP-VJ10」に決めました。

今まで使っていた炊飯器は圧力IHでしたが、炊飯器に凹凸が多くズボラな私には手入れが苦痛…。
今回購入した象印極め炊きNP-VJ10は、凹凸が少なく洗いやすい。そして圧力IHと変わらない美味しいご飯が炊けました。

最新の圧力IHの威力がどの程度かは分かりませんが、10年前の圧力IHからの買い替えなら、最新版の普通のIH炊飯器で十分です。

象印極め炊きNP-VJ10、買って大正解♪だったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

象印極め炊きNP-VJ10は洗いやすくておいしく炊ける

スイッチの部分に思いっきり子供の顔が写ってるのでボカしてます(笑)

炊飯器はそうそう買い替えることはなく、尚且つ毎日使うものなので選ぶ際はすごく慎重になりました。
5万円近くする高級炊飯器なら間違いはないのでしょうが、そんなに高い炊飯器を買って普通のご飯しか炊けなかったら毎日モヤモヤすることでしょう。

せっかくなので数千円のマイコン式はやめておいて、IH式
やけに高くて手入れしにくい圧力IHはやめておこう。
メーカーはやはり安心の大手がいい。

というわけで3万円以下で買えてそこそこ良さそうな機種に絞り、見つけたのがレビューが高評価の象印のIH炊飯器。
私が調べた時点でのAmazonランキング2位だったのが象印のNP-VQ10でした。

そして同機種の最新版が、今回購入したNP-VJ10

結果から先に言うと、とっても美味しいご飯が炊けるし、洗いやすくて大満足。
まだ使っていませんが、パンを作る機能もついてます。

とにかく洗いやすい

今まで使っていた圧力IH炊飯器は、内蓋や本体の内側に凹凸が多く、手入れが面倒でした。

特に洗えない本体底のど真ん中にあるスイッチが手入れを面倒にさせます。
圧力だとどうしても複雑な構造になってしまうようです。

一方、象印極め炊きNP-VJ10は、内蓋も本体の内側もほぼフラット

素晴らしい。

万が一本体の内側に何かこぼしてもさっと拭けます。

2合炊きでも長時間保温でもおいしい

我が家は基本的に1回に2合しか炊きません。

そのためパナソニックの3.5合炊きを検討したものの、ビビッとこなくてやめました。

象印極め炊きNP-VJ10は、2合でもちゃんと美味しく炊けます。
私の舌には圧力IHとの違いは分からない(笑)

保温は30時間までおいしく保温できる「うるつや保温」と、温かい温度で保温を続ける「高め保温」の2種類から選べます。
私は前日の夕飯の残りをそのまま保温して朝食べるズボラなので「うるつや保温」を選択しましたが、翌朝でも前日の夜とほぼ変わらない美味しいご飯でした。

早炊きモード(およそ30分)で炊いた2合のご飯ですが、とっても美味しい。

すっかりぶっ壊れた先代炊飯器さん、今までどうもありがとう。

象印極め炊きNP-VJ10さん、これからよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします