うずらを屋内で飼育する上で気になるのがニオイ

うずらの雛は1日に何度も、成鳥も1日数回とても臭いのキツイ「盲腸便」を出します。

その盲腸便を踏んで歩き回ったり、ケージにこびりついたままにすると臭いの原因となってしまいます。

そこで重要なのが床材。

床材を敷いておけばダイレクトに糞を踏みつける事がなくなりますし、水分や臭いをある程度は吸収してくれます。

私はうさぎ用のケージでうずらのぶんじを飼育しているのですが、ケージ一面に床材を敷いています。
床材といっても色々ありますが、今まで試した中で一番良かったのは、牧草

うさぎやハムスターなどの小動物用に売られている短くカットされた牧草です。

新聞紙やペットシーツを敷いた上から全体が隠れる程度に敷き詰めます。

床材を敷いていないと毎日掃除が必要ですが、床材があればそこまで頻回の掃除をしなくても大丈夫。
私は可燃ごみの日に合わせて週に2回(1回の時もあるけど…)全部交換しています。

牧草は、マルカンの牧草物語が価格面も草の状態も気に入っています。

間違えてロングタイプを選ばないように注意して下さい。
自分でカットして敷くのは面倒なので。

スポンサーリンク

うずらの床材色々

マルカンの牧草物語の他には、別のメーカーのロングタイプの牧草とフレーク状の床材を使用したことがありますが。

ロングタイプの牧草はカットするのが面倒だし、固くてぶんじも好きじゃなさそう。

フレーク状の床材はフワフワで雛の時代は良かったものの、成鳥になってからは砂場や餌皿に混ざったりケージの外にも散らばったりしてなかなか面倒な感じでした。

ほら↓

今ちょうど久しぶりにフレーク状の床材を使っているのですが、やっぱり面倒くさい。
早く使いきりたい(笑)

うずらの床材、個人的ベストは、マルカンの牧草物語です♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします