時々オムツ生活を始めた愛犬たみ(パピヨン16歳)。

基本的に夜だけオムツだったのですが、昼間オムツをつけずにお漏らしをすると、ションボリと悲しそうな顔をするようになりました。

掃除ならいくらでもするけど、漏らした本人が悲しいならこちらとしてもどうにかしてあげたい。

でもオムツ高い…。

私は一回一回変えてあげたいけれど、一枚の単価が20円も30円もする犬用オムツを一日に十数枚(腎不全治療中で水分摂取量が多いので、オシッコも頻回です)使うほど経済的な余裕はありません。

そこで、病院に行く時や人目に触れる時は犬用オムツをつけて、普段は人間用の尿漏れパッドを使う事にしました。

尿漏れパッドの比較は現在進行中なのでまた改めて記事にするとして、今日の話題は尿漏れパッドを装着するパンツについて。

たみは寝たきりではないし排泄の感覚もあり、催したら一応用を足しに行こうという意欲があるので、ウンチは外にしてほしい。

というわけで、

  • 装着が楽
  • 人間用尿漏れパッドを使える
  • ウンチは外に出る
  • 簡単に作れる
  • つけても嫌がらない
  • 勝手に脱げない

この条件で作ったのが「たみパン」です。

次女のお古のシャツで作ったので無駄に可愛い(笑)

スポンサーリンク

犬のおむつカバーの作り方

おむつカバー「たみパン」の材料は、

  • 伸縮性のある布
  • ヘアゴム
  • ボタン
  • マジックテープ

以上。

ほぼ直線縫いで、おまたの部分は身体に合わせてタックを入れるなど調節すればOK。

作り方は説明するまでもないので実際のたみパンの形状と装着方法を見ながらご説明します。

たみパンは↓この通りふんどし状になっています。

一番長い面をお腹にグルリと巻きます。
背中側にマジックテープが縫い付けてあり、苦しくならないように調節しながら巻きつけます。

おまたの下を通してゴムを背中のボタンに引っかけて留めます。
ボタンに引っかける部分にひとつ結び目をつけておくと何だか良いです(曖昧な表現)。

背中のボタンにゴムを引っ掛けたら、お尻の穴とその周辺のマージンをチェックして、ウンチがパンツにつかないように調節します。

おまたの部分には人間用の尿漏れパッドを当てておきましょう。

端を折り返してセロハンテープで留めておくとパンツからパッドがはみ出さず、ウンチが付きにくいです。

ちなみにこのパッドはリリーフ ふんわり吸水ナプキン 少量用 (20cc)

私は1回で替えていますが、パピヨンのオシッコ2回分くらいは余裕で吸収できます。
しっかりギャザーがあるので横漏れもなく安心(笑)

尿漏れパッド比較は後日お伝えしますね。

今回ご紹介したたみパンの長所は、オムツと比べて装着する時のステップが少ないこと。

オムツの場合、両サイドのマジックテープを後ろ足を通して貼り付けるという、抵抗されると地味に大変な作業があります。

たみパンの場合、「お腹に巻く→ゴムを引っ掛ける」だけなので楽チン。

是非試してみてください♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします