長女の自由研究を拝借…。

うずら

うずらは孵化後すぐに動き出しますが、身体が完全に乾くまで孵卵器の中で休ませます。
その時に隙間に入り込んで出られない!なんてことの無いように注意。

複数孵化しそうな場合は孵化した順に次の水槽などに移動させた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

孵化数時間後から過ごすスペース

うずら

  • 30cmくらいのプラケース
  • ヒーター(30~35度になるように調節)
  • 温度計
  • 隠れ家(フリースの布を切ったもの)
  • エサ入れ(ペットボトルの蓋)
  • 水入れ(置き型。中に入って体が濡れないようにビー玉などを入れると
    いいらしいです。)

孵化後1ヶ月までのヒナには、うずらの雛用の餌を与えます。
ドリームウズラヒナ辺りがAmazonなどで購入しやすいです。

うずらの成長はとても早く、孵化後2週間もしたら体は大人・顔は子供という奇妙な状態になります。
季節にもよりますが、暖かい季節なら成長とともに室温も徐々に下げて、3週間目頃には25度くらいあれば大丈夫です。

↑長女の自由研究を拝借…。

最初に用意した水槽では狭くなってきたので、この頃にケージを用意しました。

スポンサーリンク

3週間目以降

ネットを見て回ると、子供時代はわりと統一されているものの、大人のうずらの飼育環境は様々。
ぶんじは1羽で、うずらにしてはヌクヌクと暮らしています。

うずら

  • ヒーター(成鳥は秋~春、ヒナは最低でも生後1ヶ月までは25~30度になるように管理。)
  • ペットシーツ(食べてしまう子は使わない方がいいと思います)
  • 干し草
  • 水入れ
  • 餌入れ
  • ケージ(マルカンクリアケージM
  • 砂風呂(砂は健康焼砂。寒い季節はパネルヒーターを敷いて砂を温めています。)

うずら

 

うずらと猫

ケージ(右)はうさぎ用。なかなかの存在感。
これはマルカンクリアケージのMサイズですが、1羽で省スペースが良いならSサイズでも良さそう。
ぶんじは1羽でのびのびと暮らしています。

うずらのエサ・成鳥の飼い方についてはこちらをどうぞ↓

スポンサーリンク
うずらのことはおまかせ!

小さな小さなかわいいうずら。

せっかく飼うなら、終生幸せに出来るように、
うずらのあんなことやこんなことも全部お勉強してから飼いましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします