3級に続き、準2級一次も一発合格した長女ですが、またしても超ギリギリセーフでした。

解答速報を見て、3級の時はまだ「合格してるかな?」と淡い期待も抱いていましたが、今回は「ダメだこりゃ…」と。

だって筆記・リスニングどちらも正答率6割でギリギリ合格と聞いていたのに、長女の筆記は37問中16問しか正解していません。

5割にも届いていませんから…。

というわけで

ちゃんと勉強しないで落ちたんだから約束通り受験料返しなさいよー

と、完全に落ちたモードの私。

合否のネット公開の日、とりあえず「不合格」を拝んでおこうかと開いてみると、そこには信じられない光景が…

嘘だろー!

そんな小6長女の実際の採点結果をご紹介します。

スポンサーリンク

英検準2級にギリギリ合格した時の点数

英検準2級は3級と同様、

  • 筆記
  • 作文
  • リスニング

この3つから出題され、それぞれで一定の点数をとっていないと合格にはなりません。と、聞いていました。

なので筆記がボロボロの時点でもうダメだろうと。

ちなみに3級の時は筆記60%、作文75%、リスニング87%で「うぇー!ギリギリだー!」と思いましたが、こんなのまだまだ余裕がありました。

今回準2級の結果は、

筆記43%(16/37)、作文88%(16/14)、リスニング67%(30/20)

自己採点の段階では筆記とリスニングしか採点しようがないので完全に落ちたと思いましたが、作文がいい仕事をしていた模様。

作文の内容に関しては答案が戻って来次第追記します。

とりあえず二次試験に向けて対策をとらないと…。

準2級の二次試験対策本は、Amazonの評価を参考に英検準2級二次試験クリア模擬問題集 (高橋書店の英検シリーズ)にしてみました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします