%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-28-9-44-41-1

孵化直後~孵化後1ヶ月頃のヒナうずらと、5週目以降、ほぼ成鳥になったうずらは与えるエサが違います。

成長段階に応じたうずらの餌を選んで与えましょう。

スポンサーリンク

孵化直後から5週までのヒナうずらのエサ

150429_0955

生まれたてのヒナは抵抗力が弱いので、抗生物質が添加されたヒナ用のエサを与えます。

私はタイデスの餌(子供用)のみを与えていました。
練り餌状にはせず、粉のまま。上手に食べてくれます。

ドリームウズラヒナもうずらの雛用の餌で、Amazonなどで購入しやすいです。

5週を過ぎてからは1週間程かけて大人用の餌を混ぜ、切り替えていきます。

うずらのヒナの詳しい飼育法はこちら↓

スポンサーリンク

5週目以降、ほぼ成鳥になってからのうずらのエサ

うずら

ぶんじが成鳥になってから2歳まではラウディブッシュメンテナンスフレークという餌を与えていましたが、流通が不安定になったため変更しました。

変更後の餌はラフィーバプレミアムペレットパラキート用というセキセイインコ用のペレットと、うずらの食事といううずら用フード。
この2つをメインに交互に与えています。

どちらもそのままだとうずらには粒が少し大きいので、電動ミルで粉末にして与えています。
3,4日分を砕いてビンに入れ常温保存。
残りは袋のまま保存。これで今のところ問題ありません。

メインのフードだけでは栄養価が足りない気がするので、以下の栄養も添加しています。

ボレー粉

近所のペットショップで買ったものを洗浄&天日干ししていたけれど、黒瀬ペットフードの手洗いボレーを見つけてからはもっぱらこれ。

メインの餌と一緒にミルサーで粉砕しています。

野菜

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-01-10-42-06

ぶんじがお気に入りなのは、小松菜、豆苗、チンゲンサイ、水菜。
包丁で適当にみじん切りにして、餌と一緒にお皿に入れています。

自分の体調が悪くて野菜切るのも無理…な時のために、小松菜チップも用意しています。

ネクトンS

ビタミン補給にネクトンS。
水に溶かすと良いそうですが、毎日交換する餌にそのままふりかけています。

上記の4点を毎日必ず、新鮮な水と一緒に与えます。

スポンサーリンク

あげなくてもいいけどおやつ代わりに

メインの餌は上に挙げたもので十分ですが、うずらとしては同じ餌ばかりで変化のない毎日をボンヤリ過ごすのも暇でしょう。

大好きなおやつを与えるととても喜びますし、飼い主とのコミュニケーションの時間にもなります。

ミルワーム

ゴミダマムシの幼虫です。
お店で買っていたけれど、毎回買いに行くのも面倒なので家で増やしてます。

ミルワーム

餌は鳥のエサ&カルシウム。水分は一切入れていません。
常温で放置しておけば卵を産んでそのうち小さなミルワームが生まれています。
与えすぎは栄養バランスが偏るので、1日多くて3匹。全くあげない事もよくあります。

顎の力がとても強く、丸飲みするとお腹の中を齧られてしまうので与える時は頭を取ってあげてくださいね。
私は100均で買ったまゆげカット用の小さいはさみを使っています。

コオロギ

ヨーロッパイエコオロギのS~Mサイズ。
1cm~2cmくらいのコオロギをケージに放り込むと、すごく嬉しそうに追いかけて食べます。
ミルワームよりも栄養面でも良さそう。

しかしケージから逃げ出したコオロギを部屋の隅で見つけた時の衝撃ときたら…。

家で飼っているニホントカゲの餌でもあるので、ミルワームと同様、コオロギも繁殖させちゃえ!と、大人コオロギを入手した私は大後悔。
小さな子供コオロギを基準に考えていたので、ヨーロッパのコオロギは鳴かないし飛ばないし白くてヒョロいと想像していました。
が、普通にデカい!鳴く!飛びそう!
虫が苦手な方せっせと買いに行くことをお勧めします。

うずらの飼育・飼育用品についてはこちら↓

スポンサーリンク
うずらのことはおまかせ!

小さな小さなかわいいうずら。

せっかく飼うなら、終生幸せに出来るように、
うずらのあんなことやこんなことも全部お勉強してから飼いましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします