自由研究

長女は小学3年生の時に自由研究で賞をいただき、市内展・地区展・発表会で他の子供の作品を見る機会がありました。

出品された子供にしか案内が来ないようですが、理科が好きな子、理科に限らずノートをまとめたり何かを作ったりすることが好きな子は見に行くととても良い刺激になると思います。

もしかしたら出品された子供しか入れないところもあるかもしれませんが、基本的には小学生とその家族ならば入れると思うので、お近くの学校が会場になるという情報を入手した際は是非見に行ってみてください。

長女はこの研究で3つの賞をいただいたことが自信に繋がり、これからも自由研究を続けるつもりでいます。
長女の受賞を近くで見て、まるで保護者のように喜びをかみしめていた当時園児だった次女も、1年生になった今年は初めての自由研究の計画を立てています。

自由研究は基本的に子供の力で取り組んでほしい。親は必要なものを用意する、それだけ。

と心に決めていますが、子供達の自由研究に手出し口出しをしたくてたまらない私は、どうにかこの衝動を抑えるためにここに思いのたけを書き記します。

スポンサーリンク

出品・入賞者の特徴

市内展・地区展の受賞者には共通点がありました。

  • テーマを決めたきっかけ、どうして疑問に思ったのか、どうすればそれを調べられるのかを冒頭ではっきりと述べている
  • 実験や観察の内容が正確に丁寧にまとめられている
  • 失敗をしたり、思ったような結果が出なかったこともきちんと書いてあり、失敗について更に調べている
  • 結果を受けてどう考えたのか、自分の言葉で表現できている

以上のポイントをつかんでいる作品が多い印象でした。

高学年でもこれが出来ていない作品は地区展で見ることはなかったし、低学年でも明確な意思を持ち何度も森に足を運んで虫探しをした作品は県展に進んでいました。
あとはどんなに手の込んだ素晴らしい内容でも、学校の先生まで見に来ていた期待大の作品でも、親の手が過剰に加わった気配を感じる作品は市内展止まりだったように思います。

娘の作品はどこを評価されたのか

ズバリ物珍しさだと思われます。

スーパーのうずらが孵化するかな?
という疑問から、実際に孵化のさせ方を調べ、孵卵器を自作し、3時間おきの転卵をし、孵化の様子を写真とビデオに収め、育て方を工夫して、成鳥になったうずらの生態を調べ、うずらの孵化・成長を通して感じたことを「まとめ」としました。

…あれ?娘、意外とちゃんとがんばったのかもしれないw

いやいや私が子供に対して口には出さないまでも、「これで調子に乗るんじゃないよ」と思っている理由は、成功ありきの研究だったからです。

うずらを孵化させたところで飼える家庭は限られている→うちはOK!
孵化をさせる→図鑑に方法が載ってる
育てる→ぶんじがたまたま無事に丈夫に生まれてきてくれて、育て方は図鑑に書いてあった

これらの条件に恵まれ、マニュアル通りぶんじが生まれ、成長した。
これをそれなりにきれいにまとめたものが長女の自由研究でした。
また、それを小学3年生がやったことが高評価の一因だったと思われます。

XZIA6196

ちなみに誤字がありました。
× めれていた
〇 ぬれていた
市内展で誤字を見つけ、学校に貼る前に直させてもらうように頼んであったものの、学校に貼られる間もなく地区展→発表会へ。
多少の誤字は評価の対象にはならないようです。

スポンサーリンク

今後の研究に向けての改善点

実際に自由研究に取り組み、他の子供達の作品を見て、今後の研究に向けて必要な改善点をまとめてみました。

自由研究のレイアウト

写真の貼り付け位置

自由研究

うずらの研究では、写真を多く使用しました。
何も考えずL判の写真を貼り付けていったのですが、貼る位置が模造紙1枚ごとに違ったため、3枚をまとめるのが大変…。
始業式の朝、とりあえずフワッと丸めて持たせましたが、写真の貼り付け位置は親も一緒にレイアウトを考える必要があると思いました。

模造紙に直接書かない

子供が自分とほぼ同じ大きさの紙にレイアウトを考えながら字を書くという行為は本当に大変。
これは展覧会の常連と思われる作品を見て気付いたのですが、項目ごとに別の紙に書いたものを模造紙に貼ればいいじゃん!
そして出来れば薄く方眼が入っていると良いと思います。

失敗してもいいじゃない

うずらの研究は失敗=生まれないor死んでしまうので失敗したから別の方法を!
とはいきませんが、命に関わらない、危険が伴わない研究ならばどんどん失敗をして、一生懸命考えてほしいと思います。
アホだなーと思っても、親は電柱の陰から見守りましょう。

私は以上のようなことを考え、県展へまっしぐらの最高の自由研究を作り上げる自信がありますが、今年の夏は必死でお口にチャックの所存でございます。

次の記事では具体的な構成のポイントなどをお伝えします^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします