次女はアトピー気味で、小さい頃からところどころに湿疹が出来ていました。
特に乾燥する季節になると出てきていた全身の湿疹は落ち着いたものの、なぜかおまたに一か所、ゴワゴワと肌の奥に芯があるような円形の湿疹が出来ていつまで経っても治りません。
皮膚科で相談してもステロイドを処方されるだけ。

しかしステロイドは場所が場所だけに長期間の使用は避けたかったし、長女の湿疹がひどかった時も根本的な解決にはならず、結局繰り返し繰り返し使うことになってしまったので使用したくありませんでした。

かといってステロイドを使わないと寝ている間に掻きむしり、血だらけになります。

長女の時は食物アレルギーが原因の湿疹だったので除去食で根本的に改善しましたが、次女は「アトピーっぽいですね」と言われるだけの皮膚疾患。
ステロイドで肌がきれいになるまで治して、徐々に保湿剤に切り替えてと言われますが、保湿剤に切り替える途中で痒みと炎症がぶり返し、ふりだしに戻ります。

そうこうしているうちに結局2年以上陰部にステロイドを塗り続けていました。

ネットで調べると、真菌が原因だと書いてあるので検査をしてほしくても皮膚科ではしてくれない。
皮膚科でしてくれなかったら多分どこでもしてくれないだろうと…。
もう嫌だ!と皮膚科とサヨナラしたのが半年前。

そこからおまたの湿疹との闘いが本格的にスタートしました。

スポンサーリンク

子供の陰部のしつこい湿疹の治療

次女のおまたに出来た湿疹の特徴は、

  • 強い痒み
  • 多量の滲出液

余っていたステロイドでとりあえず炎症を抑えてから市販の薬やクリームを試しましたが、全て結果はぶり返し。

皮膚科では一向に調べてくれませんでしたが、ここまで治らないのはやはり菌やカビが原因なのではないかという思いが募る私。

それではステロイドでは完治するわけはありません。

ここから先は独自の対処法なので、自己責任で!

ある日、ふと目に止まったのが爬虫類用のスプレー。

パッケージには、
「あらゆる菌類・ウイルスを除菌」
「手荒れ・肌荒れなど炎症にも」
生体に直接スプレーして真菌類を除去」
と書いてあります。

…おまたに直接スプレーして…。

それから毎日、入浴後の次女のおまたにスプレーを吹き付けました。
しばらくしてスプレーの水分が乾いたら、湿潤絆創膏を貼ります。

この時点でステロイドは一切止めました。

初めのうちは滲出液の量がとても多く、入浴後と朝起きた時に毎日貼り換えていました。

ステロイドを少し減らしただけでぶり返すほどひどかった痒みは、絆創膏を貼っている時はなぜか引いて、掻き壊さないので悪化もしません。

1週間ほど続けると、明らかに滲出液の量が減り始めました。
ここで次亜塩素酸水のスプレーは止め、湿潤絆創膏の貼り換えは入浴後のみに変更。

この治療を初めて約3ヶ月。
傷口は完全に塞がり、触ると皮膚の深い部分に感じていたゴワゴワと固い湿疹の親分の存在も消え、絆創膏を貼らずに入浴後にサンホワイトを塗るだけで湿疹が再発することなく維持しています。

スポンサーリンク

次女の湿疹を治すために使ったもの

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-10-43-56

次女の湿疹に吹き付けたのは、エキゾジアスプレー。
これは爬虫類や小動物の飼育に使う消毒剤です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-30-10-44-10

 このスプレーの成分は次亜塩素酸。
(ハイタ―などの漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は厳密には別物で、ハイタ―で代用すると思わぬ事故につながりかねません。)

賛否両論あると思いますが、アトピー治療のひとつに塩素を用いることもあるそうです。
長女の湿疹がひどかった時は、塩素が刺激になるからと塩素除去のシャワーヘッドを導入したり、お風呂にアスコルビン酸を溶かしたりしましたが、それとは真逆の治療。

この次亜塩素酸水を長い間炎症を起こし続けた患部にスプレーすることで、強烈に消毒されたんだろうなぁ。
というのが私の勝手な考え。

次亜塩素酸水は消臭効果やカビ防止にも威力を発揮してくれたので、家庭用にも購入しました。

湿潤絆創膏(ハイドロコロイド・ハイドロ救急パッド)の比較

次亜塩素酸水とともに最後まで大活躍してくれたのは湿潤絆創膏。

キズパワーパッドが発売されて以来、傷跡を残さずきれいに治すには、消毒をして乾かすよりも体内から出る滲出液による治癒力を利用した湿潤療法(モイストヒーリング)が有名になりました。

実際に子供が転んで怪我をした時、マキロン+絆創膏よりも湿潤療法を選択した時の方が治りはゆっくりですが、きれいに治ります。

次女の湿疹は滲出液の量がとても多く痒みも強かったので肌を保護する目的で使用しましたが、結果的にどの薬よりも絆創膏の効果が大きかったと思います。

ただ、キズパワーパッドは高価なので他のメーカーの大きめサイズを購入し、カットして使いました。

次女に使ったのはこの3種類。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-29-19-30-32

順番入れ替わってますけど、中身はこんな感じ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-29-19-30-50

ハイドロコロイド包帯はロールになっているので自由度がかなり高い。

品質・使い勝手はどれも大差ありません。
大きさと価格と用途で選んで良いと思います。

ハイドロコロイド絆創膏は若干薄いので、滲出液がすごく多い傷の時はハイドロコロイド包帯ハイドロ救急パッドの方が良いかもしれません。

肌を保護するという意味では、ファムズベビーという泡状の保湿剤もおすすめ。

【公式】ファムズベビー / Fam's Baby

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします