地球儀のおすすめは…子供用なら一番安いのでいい!

地球儀がある家の子は賢くなると聞いたことがあります。

長女がまだ幼稚園にも上がらない頃、もう少し大きくなったら地球儀を買ってあげよう!と考えていました。

一生使えるような、子供の子供も使えるような素敵な地球儀。

国名などを喋る機能付のハイテク地球儀もいいかも。

↑こういうの。

子供が小さい時って無限大の可能性を感じるものです。
とりあえずこどもチャレンジに入会してみたり、リトミックとかやってみたりして。

そんな親の情熱も落ち着き、子供達が自分の欲しいものを自分で主張するようになった頃、地球儀を購入しました。
長女が小学1年生、次女が幼稚園年少の時のことです。

スポンサーリンク

地球儀を選ぶ

クリスマスでも誕生日でもなかったのですが、ある日私は、「よし!地球儀を買おう!」と1人で盛り上がりました。

子供達に希望を聞くと、「自分のがほしい」と言います。

私の子供に向ける情熱はそれなりに落ち着いていましたが、そうそう買い替えをしないであろう地球儀選びはAmazonと楽天を行き来してクチコミを調べまくって、後悔しないように吟味したいと思っていました。

ですが子供達は「自分のがほしい」と言います。

そして「西友に見に行こう」と。

西友ですか!?SEIYUですか!?

まぁでもとりあえず実物を見て、やっぱりこんな立派なのがいいなとか言い出すかもしれないし…と思い、西友に行きました。

近所の西友(大型店)の文房具売り場は意外と地球儀の種類が豊富で、20cm~30cmくらいのオーソドックスな大きさの地球儀や、喋る地球儀もありました。

その中から2人が「これがいい!」と、揃って選んだのが↓これ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-30-23-08-26

猫に乗せても大丈夫(地球儀径13cm)。

11694812_882860548460042_756604901854472778_n

うずらサイズ。

ホントにいいの?と何度聞いても譲らないので、西友で一番小さい1,000円くらいの地球儀を姉妹に1つずつ買ってあげました。

一番小さい安い地球儀

私的には「これでいいの?」と何度も聞いてしまった地球儀ですが、子供達とっては「これがいい!」地球儀。

実際買ってみてどうだったかというと、でっかいの買わなくて良かったー!!

img_7815

長女の汚い机にも程良い存在感で収まります。

11295714_857655220980575_6794789033450996172_n

当時入学前の次女の机には余裕で収まります。
棚の上に置いておいても、(安いプラスチックだから)軽いので子供が片手でさっと取り出せます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-30-23-42-36

表示はこんな感じ。

もちろん喋りませんし、高低差も分かりません。

でも地球儀って、日本を中心に世界がどうなっているのかというのが分かればそれでいいんじゃないかなと思います。

それ以上の事が知りたかったら、地図帳なり百科事典なりで調べればいい。
むしろ喋る地球儀をタッチするだけで疑問を解決してしまったら、せっかく生まれた学びの機会を逃してしまうのではないかと。

何より兄弟姉妹がいたら、高い地球儀が一家に1つではなくて、コンパクトで扱いやすい地球儀が1人に1つある方が良いのではないかと思うのです。

小5になった長女は、コンパクトな地球儀をくるくる回しながら宿題の自主学習に取り組んでいます。
これがもし大きくて重い地球儀だったら、この子はわざわざヨッコイショと持ち出して調べものをしただろうか?と思ったりして。

というわけで私のおすすめ地球儀は↓これ。

ただ、プラスチック製で軽くて良いですが、値段相応のチープな感じは否めません。
私のような買い方なら良いですが、とっておきのプレゼントとしては不向きかも…。

同じサイズの地球儀でもお手軽なものから高級そうなものまで色々あるのでインテリアに合わせて選んでも良さそうです→Amazon

少し大きい20cmサイズで、我が家の地球儀よりもしっかりした作りなのは↓これ。

Amazonの評判も上々ですし、2,000円台なのに安っぽ過ぎず、20cmという大きさも絶妙。
西友にこれが売ってたらこっちにしてたかもなと思います。

地球儀で他の国に興味を持ったら、↓こんな本がおすすめです。

次女は地球儀片手に世界の危険生物を読み、「この辺に…おぉ恐ろしい…」とブルブルしていました。

スポンサーリンク