レゴの収納・ケース&カラーボックスで最終形完成

我が家の姉妹はレゴ(特にレゴフレンズ)が大好きでたくさんあるのですが、私はここ数年レゴの収納に頭を悩ませ続けていました。

ネットで他のお家の収納を参考にして、色や種類別に細かく分類してみたり、衣装ケースに入れてみたり。

色々な方法を試してみましたが、ズボラな姉妹にきちんと片付けるわけもなく、指示するのにも疲れ、結局は適当にドサッとまとめて箱に入れて、「あれがない、これがない、車のタイヤが一個ない」という状態がしばらく続いていました。

そんな我が家のズボラな姉妹でも毎回きちんと(?)片付けて、上手に作れたものは壊さずに置いておける収納法を遂に見つけたのでご紹介します。

スポンサーリンク

カラーボックス&収納ケース

別の記事で既に紹介しているシルバニアの収納とほぼ同じですが、横置きにしたカラーボックスに、ぴったりな収納ボックスを組み合わせました。

カラーボックスの上に並べて遊ぶこともできて一石二鳥。

パーツごとに細かく収納することはすっぱり諦めて、楽天で見つけたカラーボックスにぴったりな収納ケースを使用。

 

縦置き用のケースはよく売っているのですが、横置きにぴったりなケースはなかなか無いので、↑このお店で3回買いました。

以前は↓この写真の左下に写っている100均で買ったケースを使っていましたが、専用のケースならカラーボックスの隙間を余す事なく収納に使えるのが嬉しい。

全てを収納ケースで埋めるのではなくて、一部は棚を取り付けたりして。
これなら壊さずに片付けたい時にそのまま置いておけます。

カラーボックス連結【追記】

レゴが増えてきたので、スペースを広げました。
カラーボックスを2つ背中合わせに配置。

よそのサイトに90cm×60cmのコルクボードやホワイトボードを乗せるとぴったりだよー♪と書いてあったので、真似っこ。

本当にピッタリ!
ホワイトボードはニトリで購入。超強力両面テープのはがせるタイプで貼り付けてあります。

カラーボックス同士はホームセンターで4枚100円くらいで売っていたプレートと木ねじで連結。

底になる部分にキャスターを取り付けようかな?と思ったのですが、いや待てよ…。

カラーボックスと床の間に3cm程の空間が出来る→埃&レゴが滑り込む→放置

…やめよう。

というわけで、フリーサイズのカグスベールをいい加減にカットして貼りつけました。

我が家の子供部屋は畳からフローリングにリフォームしたばかりなので、カラーボックスを無理矢理引きずって傷つけられたくないのでね。
もうあちこち傷つけられてるけど。

畳をフローリングにリフォーム。費用と見積もりから工事までの流れの記録。

2017.06.22

カグスベールを貼るだけで全然違います。

そんなわけで完成したのが、こちら↓

ボックスの中は相変わらずざっくり収納です。

何となくシリーズ別に分かれているかな?という感じ。

実際に子供部屋で使っている様子はこの通り↓

レゴ&シルバニア&猫が見事に収まりました。

6畳の子供部屋に学習机×2、アップライトピアノ、レゴ&シルバニア、大量の本を収納するのはなかなか大変。
もういっぱいいっぱい。

その他のレゴレビューはこちら
>>けだま生活レゴ特集<<
スポンサーリンク