折り紙の本のおすすめ一覧

子供達は小さい頃から折り紙が大好きで、小学生になった今はオリジナルの折り方で色々な作品を作っています。
↑こんなのとかw

折り紙の本もたくさん持っていますが、中にはこちらの理解力が悪いのか本の説明が悪いのか、同じような折り方でも分かりやすい本と分かりにくい本があるので、我が家にある折り紙の本の中で、子供達が大絶賛の本をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの折り紙の本

親子で遊べるたのしい!おりがみ

一番のおすすめは↑この薄汚い本!w

幼稚園入園前くらいなら親が折って見せてあげて、幼稚園児なら簡単なものから卒園頃には少し難しい作品を自分で作れるようになり、小学生になるともっときれいに折れたり、少しアレンジを加えて折れるようになります。
子供達の折り紙の技術は、この本で基礎から応用まで育ちました。
簡単過ぎず、難しすぎず、説明も分かりやすい素晴らしい折り紙の本。
一番のおすすめです^^

リアル折り紙 空を飛ぶ生きもの編

難易度は少し高め。小4の長女がムシャクシャしながら折りあげています。

こちらも相当ムシャクシャするようですが、がんばって折っています。
手先が器用で折り紙が好きな小学生におすすめの2冊です。

スポンサーリンク