左利き用グッズ・絶対に必要なもの一覧

実家の私以外の家族は右利きなので、子供の頃から家にある道具類は全て普通の右利き用。

幼稚園に上がる前後、どうしてもはさみがうまく使えなくて、試しに右手持ってみたら普通に切れた!という記憶があります。

どうしてお母さんは左用のはさみを買ってくれないんだ!とモヤモヤしながらはさみだけは右利きという中途半端な人間に育ちました。
そんな経験があったので我が子には左利き用のはさみを買ってあげたのです。

そしたら、「母ちゃん、普通のにしてよ。これ切りにくい!」と…。

ニュータイプの我が子は右利き用のはさみを左手で使いこなしていたのです。

左利きの習字の書き方に仰天。左利き歴=年齢の私が思う事

2017.01.25

でもよくよく考えてみれば、私の場合ははさみを買ってもらえずに右利き用を使えるようになっていて良かったなと思います。

社会に出ると、共用のスペースにわざわざ左利き用はさみなんて置いていませんから。

そんな経験も踏まえ、左利きにとって絶対に必要な左利き用グッズを一覧にしましたので、参考にしてください♪

スポンサーリンク

左利きに絶対必要なグッズ一覧文房具編

◎彫刻刀

彫刻刀の中の切出刀という斜めになっているものだけが左利き仕様になっています。
学校の共同購入の彫刻刀を見てびっくり!3社分の封筒を持って帰ってきて、ケースを選べます!とか…。

もし右利きの兄弟からお下がりにするなら、切出刀だけ単品で買っても良いと思います。

今の小学生は小刀の使い方を習わないみたいですが、小刀も彫刻刀の切出刀と同様、右利き用とは向きが違います。

◎ボールペン

左利きってボールペンが出なくなるんです!
物理的な違いが目に見えるわけでもないので世間にはあまり認知されていませんが、左利きならきっと分かってもらえるストレスポイント。

私が今まで使ってみて、途中で出なくならなかった&現役で使えているボールペンをご紹介します。

以前Adobeの何かの記念でもらったボールペンが使い心地がとても良くてインクが出なくなりません。
メーカーを調べたら、三菱鉛筆ピュアモルトでした。

◎定規

定規で不便な思いをしたことはないのですが、子供には一応左利き用と書いてあるものを用意しました。どこがどう対応しているのかは知りません。
学校では、伸びたり縮んだり折れたりするしかけのない、シンプルで透明の定規を用意するようにと指示がありました。

左利きに絶対必要なグッズ一覧調理器具編

調理器具は家族で共用することもあるので、家族に右利き・左利きが混在している場合はどちらでも使えるアイテムを選ぶのがポイント。

◎ヘラ

先端が斜めになっているヘラは調理器具の中でも右利き用を無理に使おうとすると最もストレスを感じるアイテム。
家族に右利きがいるなら左利き用ではなく、先端が平らになっているものか丸いものを用意すると良いでしょう。

私は無印のシリコーンスプーンに落ち着きました。

◎おたま(レードル)

これはなくても良いものですが、必要なら。ビュッフェやドリンクバーで左利きが苦戦するアイテムです。

関係ないけど、流しそうめん機はどう考えても左利きに不利です。

流しそうめんの機械は夏のお昼の必需品!食の細い子供もガツガツ食べます☆

2017.04.30

学習机

左利き用の学習机なんて特注品じゃないとなかなかないと思いますが、左利きの場合、学習机は少し考えた方が良いと思います。

どう間違っても↓これはいけません。
大学で初めて使って、いい年こいて泣きそうになりました。

学習机に関しては以下の記事にまとめました。

学習机のおすすめ・コイズミとイトーキ両方使った結果

2016.07.19

右利き用が使えない場合はあった方がいいもの

左利き用はさみ

私の様にはさみだけは右手で使うとか、うちの子の様に右用のはさみを左手で使えない場合は左利き用のはさみは必須アイテム。

左利き用缶切り

最近は缶切りを使う場面が減りましたが、まだまだ現代でも活躍しています。
缶切りも私は右手で使いますが、左じゃないと難しい場合は左利き用を用意しましょう。

以上、左利きなら用意しておいた方がストレスが少なく済みそうなアイテムのご紹介でした!

左利きの特徴として天才が多いとか芸術肌とも言われますが、「ストレスで早死に」という説も…。
せめて身の回りのストレスは軽減して生きていきたいものです。

スポンサーリンク