デアゴスティーニおしゃべりガイコツ2号とまとめて届いた3号のレビュー記事です。

今回は特別プレゼントとしてカードホルダーがついてきました。
毎号2枚ずつカードがついてきて、いずれこのカードをかざすとガイコツが喋る仕組みです。
そのカードをまとめる単語帳の輪っかみたいなものですね。

創刊号から18号まで定期購読をした人には、カードを収納するファイルをくれるそうです。

スポンサーリンク

おしゃべりガイコツホネッキー第3号レビュー

3号の特集は「舌」
パーツは舌と舌のささえ、下あごと頭蓋骨を固定する部品。

ベロンベロン。
微妙に色が悪いところがまたリアルですね。

ちなみに次女はホネッキーではなく、「ホネボネさん」と名前をつけました。
「ホネが苗字で、ボネが名前」だそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします