名前付けに便利だったグッズ全部紹介【テプラ・鉛筆・スタンプ】

私は今まで、学校や幼稚園の持ち物の名前は手書き派でした。
名前シールやネームラベル、スタンプは読みやすく耐久性もあるのでしょうが、個人的にどうしても使いたくなかった。

なので長女の入園・入学、次女の入園の際は全て手書き。
鉛筆も、名入れサービスを断って手書きで名前を書いていました。

でもふと気付きました。私は字が下手。
そしてとても面倒くさい。
鉛筆なんて小学生はものすごい勢いで消費していきます。

というわけで名前つけはなるべく手抜きの方向に方針を変えましたw

スポンサーリンク

入学・新学期準備に便利だった名前つけグッズ

今まで試して便利だった小学生の名前つけグッズを紹介します。

ガーリーテプラ

いかにも「テプラです!」といった感じの、白いテープに丸ゴシックが苦手だった私が一目ぼれしたのが、ガーリーテプラ。

マスキングテープ「mt」ラベルなど様々なタイプのカートリッジに対応していて、かわいいフォントも豊富。

出典:kingjim

そしてリボンにも印字ができるので、給食セットや体操着袋などの布製品の名前つけにも役立っています。

習い事のバッグの持ち手に輪っかにしてつけたり。

学校の物だけではなくて、毎日ちゃんとやらないチャレンジタッチにも(笑)
フレームや絵文字もたくさん選べるので楽しいです。

漢字、アルファベットもちゃんと出てくるので高学年も大人にもおすすめ。

鉛筆名入れサービス

鉛筆に名前を書くくらい大したことないと思っていました。

確かに「よし!名前つけをしよう!」というテンションの時は鉛筆一本一本に愛情込めて書くことはできますが、その後消耗して入れ替える時になると「…鉛筆?名前?…あぁ…(めんどい…)」というのが私の傾向。

というわけで最初は名入れサービスを利用せずにダースで学校指定の濃さの鉛筆を用意しましたが、2回目以降はサービスを活用しています。

私がいつも鉛筆を購入しているのは、楽天の文具のワンダーランドキムラヤ
子供達の通う小学校では低学年は6Bの鉛筆を用意することになっているので、こちらのお店では取扱いがあって助かっています。

総合通販Mina_Kuruでも同価格帯で名入れ可能。

↑せっかくの名前を隠してますが…きれいに印字してあって読みやすいです。

お名前スタンプ

細かい文房具や英語教室(ECC)で使う英語のカードの名前つけにはお名前スタンプを使っています。
ECCのカード、毎年200枚近く×2人分に名前をつけないといけないので苦行の様…。

お名前スタンプの注文は、はんこ奉行でお願いしました。

このサイズの他にも算数セットのおはじきにも押せる小さいサイズにも対応しているので、おすすめです。

インクは油性のステイズオンが滲まず、長持ちするので役に立っています。

学校で使うものの名前つけは入園・入学準備だけでなく卒業するまで続くものなので、いかに手間を省いて綺麗に長持ちする方法を選ぶかがポイント!
ということをここ数年で学びましたw

スポンサーリンク