先天性欠如歯(乳歯)だったけど永久歯が無事生えた話

10歳長女は乳歯が1本足りませんでした。
下の前歯が1本生えてこなくて、悪がきみたいな笑顔w

ちょうど3歳から反対咬合の治療を始めたので、矯正歯科で生えてこない歯の事も相談しました。

子供の受け口を矯正した記録。ムーシールドにかかった費用など【3歳~】

2016.07.19

レントゲンを撮るとすぐに分かったようで、
「先天性欠如歯ですね」と言われました。

「でも永久歯はもう歯茎の中で準備をしているから大丈夫」とも言われました。

スポンサーリンク

歯茎を切開しないと永久歯が生えてこないって

ある日、欠損歯とは関係のない奥歯の歯茎が腫れているような感じがしたので近所の歯医者を受診しました。

歯茎は特に問題なかったのですが、欠損歯について
「通常は乳歯が抜けて、歯茎に穴が開いてスペースが出来たところに永久歯が生えてくるんだけど、この子の場合はスペースはあるものの真っさらな歯茎を突き破って永久歯が生えないといけないから難しい。なかなか出てこられなくて曲がって生えたりするかもしれないから、時期が来たら歯茎を切開してあげた方がいい。」
と言われました。

えぇー!そんなこと言って脅かして…と、いまいち信用出来なかった私は、その話を矯正歯科でしてみました。

矯正歯科の先生は「そうそう、生えてこなかったらね!」と。

えぇー!?

「でもまだ先の話だから、様子を見ましょう」とのことで、反対咬合の治療とともに経過を見ていくことになりました。

スポンサーリンク

切開しなくても生えてきた

幼稚園年長~1年生にかけて、前の乳歯が生えかわり始めました。
レントゲンで欠損歯部分に生えてくる予定の永久歯の様子を見ると、どうやら自力で頑張っている模様。

結果、他の前歯に遅れることなくきちんと生えてきてくれました。

矯正歯科の先生は「ちゃんと生えるんですね!ちょっとこれ使わせてもらいます♪」と、写真を撮りまくっていました。

これが10歳になった長女の歯。
反対咬合も直り、欠損歯もなくきれいに生えそろいました。

ちなみに、生えかけの犬歯も実はまっすぐ生えてこないのではないかと言われていました。

永久歯が中心に向かって斜めに向いている状態がレントゲンに写り、
「犬歯が生える頃に乳歯を先に抜いて場所を作ってあげた方がいいかもしれない」
とのことでしたが、生えかわる頃にはまっすぐ下向きになり自然に乳歯が抜けて、所定の位置に生えてこようとしています。

どうなることかとヒヤヒヤした長女の歯ですが、虫歯一本もなく、きれいに10歳らしく生えかわっています。

スポンサーリンク