むずむず脚症候群に子供の頃から悩んだ私の話【症状・対処法】

さかのぼること30年前、当時5,6歳だった私は、毎晩眠れなくて悩んでいました。
足がムズムズするのです。

掻いても治まらない。
そもそもどこがムズムズしているのかはっきりしない。
足全体なのか足先だけなのか、触ってみても何だかよく分からない。

とにかくムズムズムズムズ…。

親に何度も相談しましたが、「何それ?」と言われるだけ。
「それはきっと足が伸びてるからだよ」とか「外で遊び過ぎて疲れたんじゃないの?」とか、全く私に寄り添ってくれない母。

子供心にダメだこりゃ…と諦め、自分なりに足のムズムズと日々闘っていました。

スポンサーリンク

子供の頃に発症したむずむず脚症候群

この症状、「むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)」という名前なのだそうです。
そんな名前を知ったのは大人になってからですが。

現時点で原因として挙げられているのは、

  • 鉄分不足
  • 脳の働きが正常でない(ドーパミンがどうのこうの)
  • カフェインのとりすぎ
  • はっきりしていない

とか何とか。

まぁそんなんどうでもいいんです。むずむずさえ治まれば。

むずむず脚症候群の対処法

足がむずむずし始めたら、冷やすと少しだけ楽になりました。
当時の私は親から相手にされず、とにかくひたすら足を冷やそうと必死。

シーツの少しでも冷たいところを足で探って何度も移動したり、足だけ布団から出したり。
でも足だけ布団から出すとお化けに引っ張られそうで怖くてまた引っ込んだり。

それでも治らない時は、お風呂場に行って足に水をかけていました。

今思うと可哀相な子供です。

現在は治療も受けられるようになったそうで、その方法はドーパミン作動薬や抗てんかん薬などを投与する対処療法。
不眠症になるほどひどい場合は病院で治療を受けるのもひとつの手だと思います。

私の場合は小一時間格闘すれば、そのうちにムズムズが収まるのか、睡魔が勝つのか、いつの間にか寝ているので治療までは…という感じ。

というわけでここで良い商品のご紹介↓

むずむず足用のクリーム

足がムズムズしてくる前に塗って予防するクリーム、HQLスムージングマッサージクリーム

むずむず脚症候群の原因として考えられている鉄分不足やドーパミンのどうのこうのをカバーするだけでなく、特に治療法としては挙げられていなかった私が個人的に効果があると思っている患部を冷やす作用もクリームに配合されたメントールにより実現しています。

…早く出会いたかった。

むずむず脚症候群予防には、適度な運動やストレッチも勧められているので、このようにマッサージによる良い効果も期待できることでしょう。

むずむず足用サプリ

むずむず脚症候群対策のサプリもありました。

その名も、ムズムズシラズ

クリームで冷やすというのは結局のところ対処療法なので、予防的にサプリでカバーできるなら足りない栄養素も摂取出来て一石二鳥かもしれません。

継続して飲む予定があるなら、Amazonよりも公式サイトが安く購入できます。

むずむず脚症候群の現在

ちなみに私のむずむず脚症候群のピークは、発症した5,6歳から20代くらい。

むずむず脚症候群は妊娠中に悩まされる人も多いそうですが、私の場合は子供の時が一番ひどく、大人になるにつれて徐々に軽くなっていきました。

35歳の今は年に2,3回。
むずむずに襲われることはほぼなくなりました!とか言ってると今夜あたりムズムズしてくるのが奴らの憎たらしいところ。

ムズムズしてきてからではひたすらムカムカムズムズするしかないので、今現在頻発している場合は治療を受けたり、治療するまでもない場合はサプリやクリームを試すのも有効かもしれません。

スポンサーリンク