腎不全治療中のたみ(パピヨン)。
現在は食事療法と投薬で現状維持しています。

アニモンダのニーレン(ウェット)は2016年の秋頃からリニューアルのため販売されていなかったのですが、装いも新たに販売再開。

腎不全(腎臓病)は偏食になりやすいそうで、それはたみも例外ではなく処方食をなかなか食べてくれず激痩せしてしまいました。
そこで数々の処方食・市販の療法食を試し、現在はアニモンダのウェットをドロドロの流動食状にしてシリンジで与えるという方法で落ち着いています。

そんなアニモンダ・インテグラプロテクトニーレン(腎臓ケア)、リニューアル品をご紹介します。

スポンサーリンク

アニモンダ・インテグラプロテクトニーレン(腎臓ケア)犬用レビュー

以前のアニモンダは1種類でしたが、リニューアル後はメインのたんぱく質が牛・豚・鶏の3種類になりました(150gサイズは豚・鶏の2種類)。

原材料は肉類、野菜(ポテト)、油脂類(キャノーラオイル)、野菜副産物)、ミネラル。

タンパク源の肉類は、全て豚、鶏、牛がミックスされていて、その配合によって「豚」「鶏」「牛」の味に分かれています。

どれが好みか分からないのでとりあえず全部購入しました。

アニモンダは質感や匂いがごく一般的な犬用ウェットフードに近いです。
角切りになったポテトや大きめのお肉の塊も混ざっています。

どうぞお試しを。

美味。
腎臓食が嫌いで、やっと食べたと思っても数口で嫌になってしまっていたのですが、見事完食!

処方食か療法食か

ロイヤルカナン腎臓サポート、ヒルズ缶・シチュー缶はかかりつけの動物病院から提案された処方食です。
アニモンダは動物病院(または動物病院と提携しているペットショップ)でしか買えない処方食とは違い、市販の療法食

食べてくれるなら処方食が一番かもしれませんが、食べずに痩せる、食べないから普通のご飯を与えるよりもアニモンダの様な市販の療法食を試してみる価値はかなりあると思います。
実際たみはアニモンダで維持してますから。

アニモンダ以外の処方食・療法食については以下の記事にまとめてあります。

スポンサーリンク
腎不全治療関連記事

たみの腎不全治療については以下の記事にもまとめてありますので参考までにご覧ください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします