我が家の犬(パピヨン♀15歳)のチヨは小さい頃からお腹の弱い子。
最近のチヨちゃんは目のすぐ上が白髪になった影響で、眉毛が立派に見えますw

フードを変えたらギュルギュル…
留守番が長かったらギュルギュル…
新入り犬を迎えたら毎日ギュルギュル…

現在は老犬になり、メンタルが図太くなったので留守番が長い程度ではお腹を壊すことはなくなりましたが、フードには超敏感。

結局、結石を患ってからは処方食では合うフードがなく、消化器用の処方食でも下痢をするので、5歳からは完全手作り食を続けています。

手作り食にしているとお腹の調子は比較的安定するものの、時々ギュルギュル…。

そんなお腹ヨワヨワチヨちゃんが、お腹がヨワヨワなのに元気に長生きしてきた秘訣やお腹を壊した時の対処法などをご紹介します。

スポンサーリンク

犬の軟便、血みたいなものが混ざることもある

犬がお腹の調子を崩すと、お腹がギュルギュル音を立てたり、下痢まではいかないまでも軟便に茶色いゼリー状のものが混ざったり、真っ赤な血の様なものが混ざることがあります。

これを初めて目撃した時はウンコ片手に動物病院に駆け込みましたが、獣医さんは全く慌てず「粘液便ですね^^;」と、いつもの整腸剤をくれました。

真っ赤なので血便だ!と焦ってしまいますが、これは炎症を起こした大腸の壁が剥がれて出てきたものだそうです。

また、お腹の調子が悪い時は頻回の排便により、「1回目柔らかめの便・2回目下痢未満軟便以上・3回目茶色い汁だけ」という感じになることも。

ちなみにチヨが若い頃はお腹を壊すたびに病院に連れて行っていましたが、病気や異常が見つかることは一度もありませんでした。
毎回、「チヨちゃんは繊細だからね…w」と笑われ、整腸剤を処方されるだけ。

というわけで近年は多少の軟便では全く慌てず、自宅で対処しています。

スポンサーリンク

軟便の時の対処法

犬の軟便の時、毎回整腸剤を処方されるので獣医さんに聞いてみました。

「ビオフェルミン飲ませてもいいですか?」と。

獣医さんは、「あーいいですよ!同じようなもんですからw」と。

それから我が家にはビオフェルミンを常備しています。

なんかこのビオフェルミン、薄汚れてますね…。

2kgのチヨには1粒与えています。
朝ご飯に1粒混ぜて、日中も軟便が続いた時は夕飯にも1粒。

「ビオフェルミン」がない時は同じような整腸剤を使っています。
※念のため犬に与えても良い成分かどうかには注意してください。

ビオフェルミンを飲めないほど食欲がないとか、飲んでも吐く時は異常なので病院に連れて行きます。
あとはビオフェルミンでも治らなかった時も病院ですね。

ちなみにチヨは昨日からまた軟便…。
原因は他の犬のご飯を食べたから。お腹のためにわざわざ手作り食を用意してあげているのに他の犬が残した市販のフードをガツガツ食べて、お腹ギュルギュルです。

今回もビオフェルミンを2回飲ませてお腹の調子が戻りました。

※最近はご飯に乳酸菌JINを混ぜています。とても良いです。

嘔吐下痢の時・軟便が止まらない時

嘔吐・下痢の時は基本的に絶食。
更に繰り返し嘔吐下痢をする時は早めの受診をおすすめします。
チヨの後輩犬のたみ(パピヨン♀14歳)は、13歳のある日、嘔吐下痢をし始めました。
食欲はまぁまぁあったので、いつも通りビオフェルミンを混ぜて少なめのご飯を与えたのですが、すぐに嘔吐下痢。

これはおかしいと思い動物病院に連れて行ったら、膵炎でした。

膵炎の治療は絶飲食。
毎日、朝預けて夕方まで半日点滴治療を続け、完治まで1週間かかりました。
そんなこともありますので、またいつものお腹ユルユルwと甘く見るのは危険です。

スポンサーリンク

お腹ヨワヨワ犬の日常ケア

同居の猫、とらじは一時期ひどい便秘でした。
そんなとらじのために試したのが酵素。

↑買ったの(万田酵素)とか、もらった試供品(発酵野菜ミックス)とか。

せっかくなのでお腹ヨワヨワチヨちゃんのご飯にも混ぜてみたら、お腹の調子がわりと安定しました。
ペット用酵素は色々ありますが、どれも大きな差はないかなと思います。
薬ではないので劇的な効果はありませんし。

毎日軟便というわけではないものの、年をとってからは一日に3~5回ウンチを小出しにするチヨちゃん。
以下の記事でもご紹介している犬康食・ワン「プレミアム」を毎日1粒飲ませています。

昨日みたいに他の犬のご飯を食べちゃった!なんておかしなことをするとお腹の調子が悪くなりますが、頻回のウンチは改善して、何となくヨボヨボしていた体つきがシャキッとしたので一定の効果はあったかなと思います。(※犬康食・ワン詳細

以上、お腹ヨワヨワだけど元気に年を重ねているチヨちゃん(15歳)の軟便対策でした。

お腹が痛い時にするポーズについて↓

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします