パクリサイト&パクリライターマジムカつくの巻

このサイトの記事や画像の使用について、どうにもこうにも腹が立つので改めて記事にしておきます。

普通に記事を読みに来てくださった方は別のページへどうぞw

さて、一部の方へ一言。他人の情報盗むなよ。

今まで勝手に自分のサイトの情報を持って行かれても、なんか感じ悪いな、嫌だなとモヤモヤするだけでしたが、最近はちょっとひどい。

どうして私が撮った写真がアイキャッチになってるんですかね?
引用の範囲を超えてませんかね?

画像の引用にしても、他人のサイトから勝手に持ってきた画像をアップロードして自分の記事に載せて、いい加減にURLの一部だけ掲載して、それって正しく引用出来てますか?と小一時間問い詰めたい。

スポンサーリンク

リライトとは何ぞや

「リライト」という言葉がありますが、個人のサイトの一記事の内容を少しいじって自分のものにするのはリライトとは呼べないと思うのです。

個人のブログなどでうちのサイトにリンクを貼って下さったり、SNSでのシェアは大歓迎です。
そういうのは純粋にとーっても嬉しいです。ありがとうございます。

それとは違い私がすんごい嫌なのは、収益が目的の個人サイトでの使用、もしくはキュレーションサイト・まとめサイトのライターが自身の記事に使用し、納品する行為。
特にライターなんて1文字いくら、1記事いくらという契約でしょうから、こういっちゃ何ですが、他人の情報を無断で使って利益を得ている時点で泥棒と大差ないですよと。

ライターという職業を否定しているわけではありません。
私もお金をもらって文章を書く仕事をしていますから。

私が言いたいのは、オリジナルで勝負できないのにそんなことしてて空しくないの?と。
ライターにも色々あるんだから、何も他人の情報をパクることを生業とする必要はないんじゃないの?と。

引用だから?無断だろうが何だろうが良いのでしょうか。
そもそも正しい引用をしているのか。出典元の表記はきちんとされているのかも甚だ疑問です。

引用の恐ろしさと責任

ネットに情報を垂れ流しておいて、どうしてこんなにも情報を使用されることが嫌なのかというと、私が発信している情報は今は良いと思っていてももしかしたら間違っているかもしれないから。

もし自分が管理しているサイトの中で間違いが見つかればすぐに対応が出来ますし、過去の記事も日々見直して新しい情報の追記・修正をしています。

そんな記事の一部分だけを切り取られて使用されたら、私の間違った(古い)情報があたかも正しい情報かの如く一人歩きしてしまう危険があります。

特にこのサイトは生き物の飼育・育児に関係する内容が多いので、私は自分が発信した情報には責任を持ちたいのです(同じこと試してみておかしなことになった!責任とれ!と怒られても困りますけどね)。それを無断で無責任な形で使われたくない。

もし事前に記事を使用する旨をご連絡いただいていたらこちらから修正依頼をすることもできますが、いくつかのサイトで情報を使用されているにも関わらず事前の問い合わせが未だ一件も無い現状ではそれは不可能です。

というわけで法的に何の効力もないことは分かっていますが、サイト内の記事・画像等の無断引用・転載・使用はご遠慮下さい。

既に情報の使用をしている方に関しては、私は一切の責任を負いません。

スポンサーリンク