初期の腎不全治療中のたみ(パピヨン14歳)、腎臓用処方食拒否により片っ端から処方食・療法食・対応食をお試し中。

犬の腎臓病(腎不全)の食事を色々お試し中…【腎臓サポート・ヒルズk/d・アニモンダなど】

今回はウェットフード。スペシフィックCKWを開封しました。

食べるかな?食べてくれるかな?

スポンサーリンク

スペシフィック療法食 低Na-リン-プロテインCKW

今回試したのはデンマークの療法食、スペシフィック。
100gのパックは給餌量の少ない小型犬や、お試し用に嬉しいサイズ。

中身は↓こんな感じ。

香りは強くなく、オーソドックスなウェットフードという感じ。

では早速食べてみましょう。

食べない…。
香りが強くないので食欲がわかないのでしょうか。

いえ、違います。

今日はここ数日完全拒否していたアニモンダをパックから直接食べたい気分だったみたい。

アニモンダ・ニーレン(腎臓ケア)犬用リニューアル後のレビュー

腎不全は偏食になりがちだと言います。
この様にたみの場合は日によって好みが大きく変わるので、数種類のフードをストックしていて、その日に食べてくれるものを食べさせます。

背中を触ると腰骨まで分かるくらい痩せてしまっているので、どんなに工夫しても食べない時は手作り食を与えています。

犬がご飯を食べない。老犬だから仕方ないとはいえ…色々対策迷走中

400gサイズの大きな缶詰などは食べきる前に飽きること必至なので、開封したら冷凍。

たみの場合は1食あたり50~80g程度なので、1日分の給餌量を測ってラップに包んでいます。
せっかく開けたけど今はスペシフィックの気分ではなかったようなので、半分ずつ包んで冷凍しておきました。

今回は箱で買ったので気が向いたら是非食べていただきたいw

たみの理想体重は3kgちょっと。今は2kg台まで痩せてしまったので、この箱の表は親切だなと思いました。

スペシフィックのCKWの原材料・成分は以上の通り。

腎臓ケアのフードにはお米が使われていることが多いですね。
お米のアミノ酸スコアはあまり高くないような気もするけど、炭水化物を足さないとカロリーが補えないのかなぁ。

腎臓食…奥が深い世界です。

スポンサーリンク
腎不全治療関連記事

たみの腎不全治療については以下の記事にもまとめてありますので参考までにご覧ください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします