子供の足のイボをナスで退治した話【尋常性疣贅・ミルメシア】

7歳の子供の足の裏に魚の目が出来ました。

魚の目だと思って、薬局で買った魚の目パッチ(スピール膏)を貼ったんですね。
説明書通りに2,3日貼って剥がしたら、成長してる…。

そしてどこかで見たような…そう、これはイボ。

イボは魚の目と違いウイルス感染によるものなので、簡単には治りません。

以前自分にもできたイボ(尋常性疣贅)は本当にしつこいかった。
成長する、下手したら患部の周囲に移る。やっかいなイボです。

かつて娘にできた水いぼとの闘いも長期に及びました。

スポンサーリンク

イボの正体

イボ=以前自分に出来たことがある尋常性疣贅かと思っていましたが、娘の場合は「ミルメシア」という名前のイボでした。

尋常性疣贅もミルメシアもヒトパピローマウイルスに感染して出来るイボ。
ヒトパピローマウイルスの型の違いでイボの種類が異なるとのことです。

見た目の違いは、尋常性疣贅は全体がポッコリ膨らんだ様な形なのに対し、ミルメシアは皮膚にあいた穴からコンニチハしているとても気持ち悪いイボ。

今回娘に出来たミルメシアの画像は下の方で嫌というほど登場するので耐性のある方だけご覧ください。

イボの治療法

痛いの大嫌い。
水いぼの治療すらお医者さんを蹴飛ばして拒否→イソジン軟膏で治した娘。

水いぼをイソジン軟膏で治した記録【尋常性疣贅はナス】

2016.08.05

そんな娘に、イボの治療法についていくつか選択肢を用意しました。

私「お医者さんで焼いてもらう(液体窒素)」
娘「イヤ!」
私「すぐには効かないけど、漢方薬を飲む(ヨクイニン)」
娘「苦い?ヤダ!」
私「ナス」
娘「…ナス?」

ナスに決まりましたw

スポンサーリンク

イボをナスで治す

民間療法というのでしょうか。
中学生の頃イボが出来て巨大化し、病院でそろそろ液体窒素を…と提案された私。

イボをナスでこすると治るという情報を入手して実行したところ、2年近く漢方(ヨクイニン)を飲んでも治らなかったイボがみるみるうちに枯れて治りました。

大人になってから一度だけ同じようにイボが出来た時もナスで治しました。

これを娘にも試してみることにしました。
(素人判断は危険なので、かかりつけの内科で魚の目ではなくイボであるという診断は受けてあります。皮膚科ではなく緩い感じの内科ですが…。)

結果、ナスでイボは治りましたが、ナスの作業を子供に任せていたら化膿したのでおすすめはしません。
もしやるなら本当に自己責任で!

ナスでイボを治す方法

これからご紹介する方法を実践する場合は自己責任でお願いします。
“火傷にアロエ”と同じくらいの信憑性と、感染症などのリスクもあるかと思います。

1.ナス購入

ナスがなければ話になりません。
スーパーに売っている普通のナスです。

高知産。

2.お風呂上りのイボをナスでこする

子供相手だとちょっと大変かもしれませんが、私が自分のイボを治した時は患部がヒリヒリするくらい一心不乱にこすり続けました。
子供には消しゴムみたいにゴシゴシすればいいと説明しました。

「ナスのヘタでこすると良い」と言われていますが、それは単に可食部を使うのがもったいないからなのではと思います。

私はナスが苦手なので、贅沢に輪切りにして使います。
ナスのヘタの葉っぱがトゲトゲして危ないので、初めにとっておきましょう。

ナスが↑こんな風にヨレヨレになるくらいまでこすります。

こすり終わったら絆創膏などは貼らずに普通に過ごしますが、私自身にイボが出来た時はこすり終わったナスを患部にしばらく貼り付けていました。
経験上、その方が効果的だったように思います。

スポンサーリンク

イボの記録 ※イボ画像注意!

娘に出来たイボの様子を記録していきます。

1日目

ゾワゾワしますね。
周りの皮膚が白いのは、スピール膏を貼っていたからです。

真ん中の黒っぽいところがイボ。

イボの特徴は、何だかトゲトゲしているというか、とても気持ちが悪い。
魚の目と違い、イボは血管が通っています。生命を感じます。
そのため赤黒く、気持ち悪く見えるのでしょうね。

我が子ながら気持ち悪い。

2日目

早くもイボをこすることに飽きた娘。
今日からナスイボこすりは私の仕事になりました。

ああ気持ち悪い。ピンセットでつまみだしてやりたい。
でもそんなことをすると、先端まで通った血管が破れて出血。痛みも相当なものです。

おまけに傷をつけるとイボは成長します。

存在がキモい。

4日目

3日目は撮り忘れました。

4日目のイボも相変わらずキモいですね。
イボとは関係ないけどスピール膏でヨレヨレになったイボの周囲の皮膚もキモいです。

5日目

スピール膏の跡とナスの汁やカスが相まって今日は一段とキモいですね。
前日と比べると写真がちょっとアップになっているのもキモさを際立たせています。

ですが少しだけイボが黒ずんできたような気もします。

9日目

スピール膏でふやけた皮膚が剥がれて、見た目が若干すっきり(?)

イボに変化はありません。

11日目

イボの黒い部分はカチカチに固いです。
マメや魚の目と違い、イボには血管が通っているとのことなので血が固まっているのでしょうか。

13日目

イボに変化がありました!
ナスでこすっていたら、イボの上部の黒い部分が消しゴムのカスのように剥がれ始めました。

痛みは無いらしく、私がナスでこすっている間も娘は呑気に漫画を読んでいたので、爪の先で摘んで引っ張ってみたら「痛い!痛い!」と叫ばれました。
痛がるのは分かっていたけど、衝動を抑えきれなかった…。

それを見ていた長女、
「さすがにそんなことしたらうつりそう…」と。
確かに。

15日目

昨日は入浴後に母さんブチ切れ事件が起こったので、ナスはお休み。
1日空けてナス再開したイボの様子はこの通り。
一昨日、黒い部分が取れましたが、徐々に削れていっている模様。

ただし皮膚の中にはイボの根っこが存在している気配がムンムンしているので、今後どうなるかは謎。

この頃から私はだんだんイボに飽き始め、作業を子供に任せるようになりました。

約1ヶ月目

イボに飽きた私は写真すら撮らなくなっていたのですが、1ヶ月ほどすると明らかにイボに元気がなくなってきました。

しかしここで事件発生。

ある日、「母ちゃん、なんかイボの周りがボコッて腫れてる…」と。

見ると、イボの周りの皮膚が盛り上がり、本当に腫れています。
腫れた部分を押してみたら膿が…。

化膿してるし…。

ヒーヒー痛がる娘を押さえつけ、膿を全部出してから以前水イボを潰した時に皮膚科でもらっていた抗生剤を塗ること数日、化膿した部分はすっかりよくなりました。

そしてイボも…。

消滅!!!

化膿して浮き上がった皮膚が剥けていますが、一緒にイボもとれましたw

全然おすすめ出来ないナス治療法、これにて一件落着。

スポンサーリンク

ナス以外にイボに効果がありそうなもの

私に尋常性疣贅(イボ)が出来た時に通っていた診療所は漢方を多く扱っていました。
結局効かなかったわけですが、ヨクイニンを処方されていました。
娘に水イボが大量発生した時もヨクイニンを飲んだことがあります。

一般的にナスよりもヨクイニンの方が効果があるとされているのでしょう。
※今回はヨクイニンは飲んでいません。

ナスと並行して、娘のおやつはハトムギα。

飲み物はハトムギ茶。

でもやっぱり一番働いてくれたのはナス。

化膿したけど。

思ったよりもナス治療法に時間がかかったので木酢液を試してみるかと購入したのですが、今回は出番なしでした。

ラベルがボロボロなのは、水槽に発生した藍藻退治に使ったから^^

今回購入したのは楽天の玉井又次の最高級木酢液原液500ml入りでした。
イボには使っていませんが、藍藻には効きました。

もしかしたら勝手に取れるかも

このイボ騒動の翌月、次女の足にまた同じイボが出来ました。

私ったら何故かイボに対する情熱が無くなってしまったらしく、なんと放置!
イボは徐々に成長を続け、最終的に幅5mm・高さ3mm程の大きさになりました。

それでも放置!

イボに気付いて約2ヶ月ほどしたある日、「母ちゃん母ちゃん母ちゃん母ちゃん母ちゃん母ちゃん!!!」と叫びながら次女がドドドと走ってきました。

イボとれた!!!

と。
見ると、足の裏には穴が開いていて、イボがなくなっています。

…どこに落としたの?踏んだらやだなぁ…。

とはいえナスも薬もお医者も使わず、消毒もせずポロリと治った2回目のイボ。
最初のイボも放っておけば勝手に取れたのかも(笑)

スポンサーリンク