パピヨンのチヨ15歳。

5月の誕生日に16歳になります。人間でいうと、80歳前後。
パピヨンの平均寿命は12~15歳だそうです。

これでチヨちゃんも長寿の仲間入り。

小さい頃から胃腸が弱かったり膀胱結石が出来たりと、何かとお騒がせなチヨちゃんですが、元気なおばあちゃんになりました。

そんな長生き婆さんチヨの生活を振り返ってみます。

スポンサーリンク

犬の健康は食事から

チヨは胃腸が弱く、市販のフードではお腹を壊してしまいます。
おまけに5歳の時に薬やフードでは溶けないタイプの結石(シュウ酸カルシウム)が出来、開腹手術。

その後は処方食を与えるようにとの指示を受けたものの、処方食ではお腹を壊してしまうので手作り食を与えています。

犬の手作りごはん。簡単だけど長生きレシピ(我が家の場合)

手作り食で結石の再発もなく胃腸の調子も良く、10年以上元気に過ごしています。

ただ、昨年は一時期食欲が落ちて体重がガクッと減ってしまいました。
手作り食の内容を少し見直すのと同時に、獣医さんの勧めもあり遂にサプリにも手を伸ばしました。

結果、体重は理想の2.5kgまで復活。体調もとても安定しています。

チヨに今与えているサプリは、犬康食ワンあいこなの2種類。おすすめです。

犬康食ワン

犬康食ワンは、老犬の健康維持を目的としたサプリ。
霊芝などの和漢植物が老犬特有のヨボヨボ感にグイグイ効いてきます。

人間でも「これ!」というサプリに出会うと力がみなぎってきますが、まさにそんな感じ。
薬ではないので効き目が切れるとグッタリ…なんてこともないので安心して飲ませています。

ご飯に混ぜても分からないくらいなので(↓写真の真ん中の錠剤)、食べ物にうるさいチヨも違和感無く食べています。

お得な定期購入もありますが、1袋だけ買った場合でも何だかんだでお知らせが届いて安くなるキャンペーンを受けられる様なので、とりあえず嫌がらずに飲めるかどうか、1ヶ月試してみることをおすすめします。

もっと詳しい内容は公式サイトでご確認ください。⇒公式サイト

あいこな

犬康食ワンを飲ませ始めて、サプリの効果はあなどれない…と思い、もうひとつ試してみたのがあいこな

チヨはもともとお腹が弱いので下痢をしやすかったり、最近は一時期消化不良で吐く事が多くなりました。
更に年とともに涙が増え、犬のくせに涙をポロリすることも。
足腰が弱ってきて躓いて転んだり、後ろ足がプルプルしたり…まぁとにかく病気じゃないけど気になることが増えてきました。

犬康食ワンだけでも良かったのですが、もうちょっとプラスしたいなと思って見つけたのがあいこなです。

おしゃれパッケージと木のスプーンも素敵なのです。

レトルト食・クックンラブにも使用されているモリンガを始め、腸内環境を整えてくれる乳酸菌や弱った足腰をカバーするグルコサミンなど頼もしい成分がいっぱい。

粉末なのでご飯に混ぜても全く気にならないようで、ガツガツ食べています。

試食担当娘の感想は「なんか、焼き菓子みたいな…どこかで食べたことがあるような…」

チヨはいつもの手作りご飯(上のご飯の写真)に毎食混ぜて与えました。

あいこなの詳細などは公式サイトでご確認ください⇒公式サイト

散歩は気が向いた時だけでも

筋力が落ちたらいけないから無理のないペースで毎日散歩を!とよく言われますが、小型犬なら気分次第で行ったり行かなかったりでも良いかなと思います。

チヨは散歩は天気の良い日に近所をブラブラする程度。

たまに子供も一緒に散歩した時は、そのテンションにつられて全力疾走することもありますが、気管虚脱があるので運動はボチボチ…といったところです。

小さい頃から可愛いチヨちゃんでしたが、年を重ねれば重ねる程可愛さが増してきます。
これからもずっと私のそばで元気に長生きしてもらいたいです。

犬の老化現象や日常のケアなど、もう少し詳しい記事は↓こちら。

犬の体重減少&足が震える…老化や病気と上手に付き合う方法

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします