高校生の頃からずっとカブに乗りたいと思っていました。
しかし何かとバタバタ過ごしていて、少しだけ余裕が出来たのが3年前。
普通免許は持っていますが、どうせなら子供も乗せられたらいいなと原付二種(AT限定)の免許を取ることにしました。

無事免許を取得し、購入したのはスーパーカブ110。
最後の国産車JA07です。

↓(元)私のスーパーカブ110(JA07)

私は見た目だけで選びましたが、最後の国産車ということもあり、JA07は今でも人気なのだそうです。

スポンサーリンク

スーパーカブを売る

カブを購入したのは免許取得前でした。
中古車としてお店に出てもすぐに売れてしまうので、比較的近くのバイク店に入荷したタイミングで購入。
そしてわざわざ免許を取ってまで手にしたカブをどうして売るのかと。

興味がなくなったから。
すごい好きだったのですが、愛がなくなりました。

私が努力して手に入れた私だけのバイクだったのですが、ある日家族に乗られたんですね。
普通免許しか持ってない家族に(通報してやろうかと思った)。
原付すら満足に乗った事がない家族に。

その時に腹も立ちましたが、それ以上に私のカブ愛が急速冷凍されるのを感じました。

その度何度か乗ってみたものの湧き出る愛憎に耐えきれなくなり乗らなくなり、1年待ってみても愛憎から愛が薄れていく一方。

というわけで年度末に売却を決めました。

スーパーカブ110|JA07の売却

「バイク 買取り」で検索すると、たくさんのバイクの買取業者とその業者を紹介するサイトがヒットしました。

どれも良い文句が書いてありますが、買い叩かれるんだろうなーと思ってしまう…。

JA07の中古相場

ヤクオクを見てみると、入札が入っているものは高くて10万円前後。即決価格に設定されているものは15万円前後。

ネットの中古車を調べてみたら、同じくらいの走行距離のもので15万円~25万円前後。
幅があります。

ヤフオクで売ることも考えましたが、手続き関係の手間やリスクがあるので却下。

やはり業者に依頼することにしました。

JA07のネット査定

さて、バイクをどうやって売るか…。

まずは地元の中古バイク販売店に連絡をしてみました。
メールで走行距離・年式・状態を伝えると、おおよその査定額を教えてくれました。
査定額はネットの売値と同じくらい。

おそらくそれが上限だろうと考えて、納得が出来たので次は自宅まで出張査定をお願いしました。

JA07実際の査定額は

実際に自宅に来て査定をしてもらうと、中古で買った時からついていた立ちゴケの傷を指摘されメールでの査定額からは若干下がりましたが、絶妙な下げ具合で納得。

1△万円で売却出来ました。
※後日お店を覗いたら20万円で売ってました

正直ひとケタ万円だったら売らないつもりでしたが、それはきっとバイク屋さんも薄々感じていたのでしょう。
廃車の手続き関係もすぐに全てしてくれて、残りの自賠責の返金方法も丁寧に教えてくれたりと対応がとても良かったです。

スポンサーリンク

バイクの売却は3月中に

バイクを売ろうと重い腰を上げたのは3月末。
売却や廃車の流れを調べたら、4月1日時点の所有者が税金を支払うということを知りました。

3月30日に売ってもすぐに手続きしてもらえなかったら困る…。

査定の時はこの件も相談をしました。
「今すぐに役所で手続きしますので大丈夫」とのこと。

あと2年残っている自賠責は、廃車証明書(手続き後すぐに送ってくれる)・印鑑・自賠責の証明書を用意して自賠責を申し込んだ保険会社で手続きをすれば返金してもらえると教えてもらいました。

スポンサーリンク

バイクを売るなら

バ〇ク王!と言いたいところですが、実際に利用した事はないので…。

私の場合は税金の関係で売り急いでいたこともあり、地元で長く商売をしている親切そうなバイク店に問い合わせてみて良かったなと思いました。

近所にバイク店が無く、知り合いもいない場合は1社だと買い叩かれるので、3社・4社くらいから見積もりをとるべきだと聞きました。
引越しと同じですね。

今度はいつバイクに乗れるのか分からないけれど、いつかまた乗りたいなぁ。
今度こそは自分専用バイク。

購入する時は今回売却したお店にお世話になるつもりです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします