高知旅行・子連れで2泊!水族館も動物園も日曜市も楽しんだ記録

私の両親は高知県高知市出身。
私は関東生まれ関東育ちですが、高知が大好き。
子供達も高知には数回しか行ったことがありませんが、日本で一番大好きだそうです。

少し前の話になりますが、動物大好き!食べるの大好き!な当時3歳&6歳の子供たちが大満足した高知の若干マイナーかもしれない観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

子連れで高知旅行

今回の旅行は当時3歳と6歳だった子供達を満足させるのが目的。
と同時に私も超楽しんだわけですがw

とーっても楽しかった高知観光スポットは、

  • やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)
  • 桂浜水族館&桂浜
  • 日曜市
  • わんぱーくこうち

以上、もっとたくさん楽しいところがありますが、2泊3日ではこれが限界。
これでも十分に楽しめて、当時3歳だった次女が今でもよく記憶に残っている旅になりました。

スポンサーリンク

やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)

香美市にあるアンパンマンミュージアム、やなせたかし記念館は有名ですね。
横浜のアンパンマンミュージアムにも行ったことがありますが、全く別物。
「やなせたかし記念館」です。

次女が生まれる前にも行ったので、長女は2回目。

公式サイト

原画や過去のグッズなどの展示が中心で落ち着いた雰囲気ですが、要所要所に子供も喜ぶしかけてしてあったりして、大人も子供も何時間でもいたいと思える空間。

横浜ほどではありませんが、子供が触って遊べるところもあります。
写真はパン工場の中。

外にはダダンダンもw

ここで丸一日過ごしたい気持ちをぐっとこらえ、我々は先を急ぎます。

桂浜水族館

桂浜水族館は私が子供の頃高知に行くたびに連れて行ってもらったところ。
とーってもユルくて、生き物たちがのびのびとしていて大好きな水族館です。

公式サイト

※前々回高知に行った時の写真が混ざってます。

ナマコ触り放題。長女はここでナマコのトリコになりました。

ウミガメにご飯をあげられます。

以前はこの策が無くてもっと近くであげられたのですが、数年前に噛まれた人がいたというニュースがあったので、安全策がとられたのでしょう。

ペンギンもなんか近いw

桂浜水族館の前は、そのまんま桂浜。

近くには闘犬センターもあり、お散歩中の土佐犬の子犬を触らせてもらいました。
次女の周りにはいつも動物がワラワラ寄ってきます。

桂浜に行ったら忘れちゃいけないのがアイスクリン。
高知市内ならどこでも売ってますが、桂浜でアイスクリンのおばさんから買うのが良いのです。

スポンサーリンク

日曜市

高知市で昔から有名なのが日曜市。
火曜市・木曜市など曜日ごとに市内の様々な場所で行われていますが、やっぱり日曜市が一番活気があります。
観光客向けでもありますね。

ちなみにこの時の宿泊は、日曜市の通りに面したブライトパークホテルでした。

日曜市といえば食べ歩き。長女は焼き鳥ばっかり10本も食べました。
イモ天とかひやしあめとか、おいしいものがたくさんあります。

実家に日曜市の絵本があって、時々母が子供達に読んでくれます。

わんぱーくこうち アニマルランド

そして私たちがとんでもない衝撃を受けたのが、わんぱーくこうち。
ここは高知に住む伯母に教えてもらって行ったのですが、ものすごく楽しかったです。

色々触れあえて、子供達は大喜び!

で、満足だったのですが、突然目の前に出てきたのはお散歩中のアリクイ。

次女が散歩することになり…。

もみくちゃ。本当に可愛くて幸せなひと時でした。

このミナミコアリクイの鳴子ちゃん、残念なことに2016年にお亡くなりになったそうです。
一生忘れませんよ、鳴子ちゃん。

併設の遊園地も古いんだけど、子供達が集まっていたらスタッフの人がシャボン玉を飛ばしてくれて、みんな大喜び!という優しい世界。

時間に限りのある旅行の中で、絶対にわんぱーくに行ってください!と勧めたらいけないかもしれませんが、私はまた行くと思います。

スポンサーリンク

高知グルメ

高知にはおいしいものがいっぱい。
日曜市・ひろめ市場に行けばとりあえず色々食べられます。

ですが今回は宇佐にある萩の茶屋を猛プッシュ!

新鮮な貝をその場で焼いてガツガツ食べられます。

調子に乗って伊勢海老を注文してしまいました。

我々は魚介をこれでもかと食べまくって至福の時を過ごしたわけですが、周りを見回すと魚介のお店なのに焼肉を食べている人の多いこと!

あとで高知に住む従姉妹に聞いたところ、焼肉が超美味しいのだとか。

次回行ったら絶対焼肉も食べます。

高知また行きたいなぁ

そんなわけで、とーっても楽しめた子供と行く高知旅行の記録をお伝えしました。
高知また行きたいなぁ。住みたいくらい。

時間と交通手段に余裕があればもっともっと楽しいところがたくさんあるので、機会があれば是非行ってみてください!

スポンサーリンク