犬の腎不全の血液検査の数値と治療の経過など

我が家の犬・たみ(パピヨン14歳)は1年前から腎不全治療中。
尿検査でタンパクが出ていたので、もっと詳しい検査をということで新しく導入されたSDMAという検査を行いました。

SDMA・犬の初期の腎不全(腎臓病)の検査と治療の記録

2016.07.14

そこで初期の腎不全が発覚し、腎臓が悪い犬特有の偏食と付き合いながら治療と経過観察をしてきました。

今回、治療開始から1年ということと、ちょうどフィラリア検査の時期なので、2回目のSDMAを含めたいつもよりも詳しい血液検査を受けてきました。

※この記事に血液検査結果を随時追記しています。

犬の腎不全の血液検査の数値

腎臓の治療中の血液検査では、

  • BUN(尿素窒素)
  • Cre(クレアチニン)
  • BUN クレアチニン比
  • リン

以上の数値を見ます。

今回のたみの結果は、
BUN(基準値9~30):60mg/dL(前回34)
Cre(基準値0.5~1.8):1.6mg/dL(前回1.7)
BUNクレアチニン比:37.50
リン(基準値2.2~5.9):3.4mg/dL
SDMA(基準値0~14):27μg/dL

BUNが一気に上がってきてしまい、SDMAも基準値から外れています。
たみの場合、腎不全のどの段階にいるのかと質問したところ、「初期と中期の間」とのことでした。
SDMAだけで異常が見つかった段階で腎臓の約40%の機能が失われた状態であり、BUNやCreなど通常の血液検査で異常が見つかった段階では腎臓の75%の機能が失われているのだとか。

とはいえ現段階ではリンの数値が上がっていないので、1日1回の投薬(フォルテコール)と、腎臓食による食事管理がとても重要なのだそうです。

また、フォルテコールは腎不全で処方される薬ですが、脱水の症状が出た場合は脱水を進めてしまうこともあるので、その場合はフォルテコールを中止するとのこと。
今後リンの数値が上がってきた場合は、リンを抑える薬を使うそうです。

【追記】3ヶ月後(2017年7月)の血液検査結果

たみちゃん15歳になりました。上記の検査から3ヶ月後の検査結果です。

BUN95、クレアチニン1.7

BUNがまたもや上昇…。

【追記】2017年8月の血液検査結果

少し元気がない?と不安に思い、急遽受診しました。

検査結果はBUN162、クレアチニン2.2

正直言って夏を越せるかどうかの瀬戸際…だそうです。
静脈点滴による治療を2日間行いました。

その結果、BUN34、クレアチニン1.3まで改善。これは去年の春頃の数値と同じくらい。

その後は週2回の皮下輸液と、自宅でも積極的な水分補給と処方食を食べない(食欲がないわけではない)たみに強制給餌を開始しました。

犬の腎不全。末期ですか?と思わず聞いた状態から回復の巻。

2017.08.11

犬の腎不全の点滴は効果抜群&水分補給について考え中。

2017.08.02

【追記】2017年9月の血液検査結果

最悪の状態から持ち直して1ヶ月、血液検査の結果は…

BUN46、クレアチニン1.6

静脈点滴後の数値からは若干上がってはいますが、これは誤差の範囲で「とても良い調子で維持出来ている」とのことです。

【追記】2017年10月の血液検査結果

腎不全の治療を開始して1年半、食欲も元気も今が一番調子が良い様な気がします。

検査結果は、BUN43、クレアチニン1.6

たみちゃん上等です♪

週2の皮下輸液は欠かさず続けています。

【追記】2017年11月の血液検査結果

犬の健康診断は年に一度と言われていますが、シニア期に突入したら半年に一度は健診を受けましょうとのこと。

今月の血液検査は全身の数値を測りました。
検査結果を受けて、エコーによる検査も。

血液検査結果はほぼ横ばい。
BUN46、クレアチニン1.5、リン4.5、SDMA39。

SDMAが半年で27→39に上昇してしまいました。
「腎臓がかなり悪いのは確かなので、点滴で維持している状態」とのこと。

腎不全が進行すると起こる腎貧血を示すヘマトクリットは49.8は基準値内(基準値38.3~56.5)。
「今は貧血もなく維持できていますが、いずれたみちゃんも腎貧血になります」とのこと。

猫の腎不全による腎貧血予防に与えている人が多いらしいので、たみにもペットチニックを与えています。

【追記】2017年12月の血液検査結果

体調は落ち着いていて、ご飯もよく食べます。

今月の検査結果は、BUN48、クレアチニン1.6。

「横ばいですね!点滴と、ご自宅でのご飯のおかげでとても良い状態で維持出来ています。」
と獣医さん談。

BUNの数値はここ数ヶ月46~48で維持しているわけですが、夏の静脈点滴直後の数値は34だったんですよね。
横ばいといっても、34から48に上がった事はどう考えれば良いのかと質問したところ、絶食&点滴治療の結果の数値なのでそれを比べて上がったとは考えない方が良いとのことでした。

あ、そうそう。体重に嬉しい変化が♪
たみの適正体重は3.2kg前後。
一気に数値が悪化し体調が悪くなった8月は、2.5kgまで痩せていました。
そこで2.8kgまで戻す事を目標に頑張った結果、現在は2.95kg。
人間に例えたら80歳90歳のおばあちゃんが3ヶ月で5kgも体重を増やした様なものですから。
たみちゃんえらい!目指せ3kg!です。

【追記】2018年1月の血液検査結果

2018年最初の血液検査をしてきました。
年末年始は通常週に2回の皮下輸液を1回に減らした週があったり、昨日(1/14)は何度起こしても昼まで寝ていたりと少し気がかりな事もありました。

おそらく頭蓋内疾患であろうと診断された謎の旋回もあったりして…。

犬の目が回る・傾く・震えるので受診した記録【老犬のトラブル】

2017.12.31

結果が出るまではやや不安でしたが、今回も無事横ばい。
BUN:45、クレアチニン1.6でした。
上等上等。

目標を掲げていた体重はめでたく3kg突破しました。
たみちゃんがんばってます。

【追記】2018年2月の血液検査結果

特に変わりなく元気に過ごした1ヶ月、今月の検査結果は、BUN47、クレアチニン1.7でした。

そして体重は3.1kg。
目標だった2.8kgも3kgも突破し、更に3.1kgまで増えてました。
上等さん♪

この1ヶ月、ご飯は特に変えていませんが、同居犬チヨに飲ませているアンチノールをたみにも始めたことと、腎臓が悪くなった時に身体に良いかもしれないと思って買ったものの、「でもこれ飲ませて悪化したら…」と不安になり与えずにいたアニマストラスをご飯に混ぜ始めました。
何が良かったのかは分かりません(笑)

アンチノールを犬(16歳)に与え始めたので、効果&与え方を実況します【サプリメント】

2017.10.05

たみちゃん、来月も元気に過ごしましょう。

たみのご飯や日常生活については以下の記事にまとめました。

犬の腎不全の治療・日常生活編【フード・サプリ・健康維持の方法】

2017.08.15