犬の嘔吐&血が混ざってる…病院で一通り検査してきました

今まで食べていた手作り食に飽きて偏食になったチヨ(パピヨン15歳)。

どうやら普通のドッグフードが食べたい様なので、胃腸の弱いチヨのために消化器系の処方食のサンプルを病院でもらい試した結果、唯一ドクターズケア・ストマックケアだけは下痢をしませんでした。

ドクターズケア・ストマックケアでお腹の調子がバッチリになった

2017.04.11

しかし2週間程食べさせたところで消化不良で嘔吐するようになり、その後も時々吐くように…。

そしてある日の夜、吐いたものに血が混ざっているではありませんか!
これは大変!と、翌日病院へ行きました。

スポンサーリンク

血が混ざったものを吐いた

犬が変なものを吐いたり、おかしな下痢をしたり、血尿をしたり…そんな時はいつも現物を持って動物病院を受診します。

その際、ティッシュではなくラップで包むこと(オシッコはお弁当用のしょうゆさし)。

今回も吐いたものを持って受診しました。

ちなみに吐いたものをラップに包んだのがこれ↓(クリックで拡大します)

黄色いネバネバした胃液に鮮血が点々と混ざっています。

吐いたのは前日の夜だったので、吐いた時点で写真を撮っておきました。

診察の結果

ひとまずこの日に予定されていた狂犬病の予防接種は次回に持ち越し。

吐瀉物に血が混ざるということは胃・小腸からの出血が考えられるので、触診・全身のエコー・血液検査を受けました。

エコーの結果は特に大きな問題はなし。

胆泥が若干溜まっているため胆泥をサラサラにする作用のあるウルソという薬を飲ませるかどうかという点だけで、今回の嘔吐に直接関わるような腫瘍などの悪いところは見つかりませんでした。

ひとまず血液検査の結果が出るまでの1週間、プロナミド・ファモチジンを服用して、様子を見ることになりました。

逆にこの薬を飲んだのにまだ吐くのならやはりおかしいので、更に詳しい検査をするかどうか…というところだそうです。

血液検査の結果

血液検査は外部に依頼して、詳しく調べてもらいました。

結果は、異常なし。

中性脂肪・血糖値が基準よりも若干高い以外は全て基準値内。
この年齢にしては優秀な結果でした。

血が混ざったものを吐いた原因

今回チヨが吐いたものに血が混ざっていたのは、何度か吐いているうちに胃の粘膜が荒れたのが原因であろうとのことでした。

ストマックケアは獣医さんの間でも「これはいいぞ」という話になっている処方食なのだそうで、実際どの処方食でもプレミアムフードでも下痢をしてしまうので手作り食にしていたチヨが唯一下痢をしないどころかとても良いウンチをするようになったフードです。

しかし5歳から10年以上柔らかい手作り食を食べてきたチヨの上部消化管には、ふやかしているとはいえドライフードを処理するほどの能力が足りなかった模様…。

チヨも何度も吐いたり病院に連れて行かれたりして懲りた様で、また元の手作り食をガツガツ食べるようになりました。
もしかしたら偏食をしている時はどこか調子が悪かったのかもしれませんが…。

犬の手作りごはん。簡単だけど長生きレシピ(我が家の場合)

2016.07.14

物を言えぬ小さい生き物、特にいつ何があってもおかしくない年齢の老犬のちょっとした変化には、今後も常に敏感になっていたいと思っています。

↑調子が良くなったチヨちゃん、ものすごい勢いで手作り食を食べ終わり、ゆっくり食べている同居犬(たみ)のご飯を奪いに行くので食事中だけゲートを設置。
おばあちゃん犬、5cmの高さを乗り越えられませんw

スポンサーリンク