メダカの飼育。屋外で飼うととっても元気に育ちます!

このサイト内ではあまり触れていませんが、私は犬猫鳥以外にも魚類大好き。

小学生の頃、水族館でもらった食用鯉の卵を孵して60cm水槽で飼っていたら、同居の金魚までつられて大きくなり30cmほどに成長しました。

親はそんな私の活動に一切興味を示さなかったので、水替えを始めとする飼育管理は100%小学生の私。

そのうちに学校の先生にも認められ、職員玄関や理科室など学校中の水槽の管理も任されるようになりましたw

大人になってもずっと水槽で魚を飼っているのですが、3年前の夏、庭に大きなプラ舟を用意してメダカを飼ったところものすごく大きく元気に育ち、たくさん増えました。

水草もグングン成長して、水上葉が大きく育ちました。

水上葉から更に花まで咲いちゃったりして。やっぱり日光の力ってすごいです。

冬になり、メダカ達は室内の水槽へ。そして結局その冬の間にバタバタと調子を崩して死んでしまい、しばらくメダカは飼っていませんでした。

GW中、魚を見たい!水族館に行きたい!という長女を連れて行ったのは熱帯魚店。
水族館は混んでるから…。
そこでメダカ熱が再燃した私と長女は、それぞれ好きなメダカを選んで連れて帰ってきました。

そんなわけで今日はメダカの飼育(屋外編)について語ろうかと思います。

スポンサーリンク

メダカを屋外で飼育する方法

メダカを外で飼育するために必要なものは以下のとおり。

  • 飼育容器(プラ舟・鉢・水槽など)
  • 底砂
  • 水草

絶対にあった方が良いのはこの3つ。

それにプラスして私が大きなプラ舟で使っていたのは、底面濾過機・ソーラー噴水器。
これは後述します。

まずは基本の材料で作るメダカの屋外飼育セットについて説明します。

メダカ飼育環境の用意

以前は大きなプラ舟を用意しましたが、今は庭に大きな荷物を置いているためスペースがなく、今回は小さめの鉢を新しく購入しました。

上の写真で使っているプラ舟は、チャームさんで購入したプラ舟60
底砂は田砂

ある程度スペースを取れるなら大きければ大きいほどメダカがのびのびと泳いでいる様子を観察できるのでおすすめです。

今回は庭にスペースがないので玄関先におけるサイズにしました。

スドーのメダカ角小鉢メダカの天然ろ過ソイル
ソイルは1Lを袋でちょうど良かったです。

それぞれ容器に底砂を敷き、汲み置きの水か薬剤でカルキ抜きした水道水を注ぎ入れます。
水を注いだ時に紙皿などで受けると砂が舞い上がりません。

水草はお好みで入れると良いと思いますが、水槽屋さん・楽天のチャームさんだとメダカ向けの水草をセットで売っているのでおすすめです。色々選ぶのが面倒ならチャームさんのビオトープセットにするという手も。

水槽屋:金魚とメダカの水草セット
チャーム:メダカのビオトープセット

外で飼育する場合、メダカだけでなく水草もとても元気に育つので最初からたくさん入れない方が良いと思います。

水草を入れればメダカくらいなら機械で酸素を送る必要はありませんが、外にコンセントがあるならろ過器を使うと水替えの頻度が減り、水流が出来るのでより良い環境を作ることが出来ます。

また、夏の温度上昇もある程度抑えられます。

我が家には屋外用のコンセントがないのですが、大きなプラ舟で飼育していた時は室内から長いチューブを引っ張って底面濾過器を設置したり、ソーラーで動く噴水器を使っていました。

スポンサーリンク

生体を入れる

環境が用意できたら、いよいよ生体を入れます。

近年、メダカの種類はとても豊富。
好きな種類のメダカを飼って、家で生まれた子メダカがまた更に素敵な模様に成長したりして。
本当に楽しい。

我が家はいつも地元のお祭りのフリマコーナーに出店しているメダカおじさん主催のメダカすくい(1回300円)で仕入れていたのですが、今回はお祭りの時期とは違うので熱帯魚店で購入しました。

今回購入したのは、「楊貴妃」と「幹之(みゆき)」の2種類。
最近は生体も通販で購入できます。

楊貴妃はよくいるヒメダカよりもオレンジ色が濃く、外で飼うと更に色が濃くなりきれいに育ちます。
幹之は体が白く、背中に光沢があります。
同じメダカでもこれだけ違うので見ていて楽しい。

この2種類がかけあって生まれた子供もまた色が面白かったり、ダルマメダカといって体が丸い個体が生まれたこともあります。

あとは写真には残っていないのですが、3色の錦鯉みたいな模様のメダカも大好きでした。

メダカの話はこのくらいにして、余裕があれば餌の食べ残しを掃除してくれる生体を入れると水質が安定するのでおすすめです。

エビ

まずはエビ。
熱帯魚店ではミナミヌマエビやヤマトヌマエビなど水槽の掃除屋さん!的な感じで売られています。
個人的におすすめしたいのはヤマトヌマエビ。

ミナミヌマエビは繁殖が容易なので、初めは楽しいですがもう増えなくてもいいよ…と言いたいくらい増えることも。
増えたところでメダカを襲ったりはしませんが、存在感がありすぎるw

一方、ヤマトヌマエビは汽水域で繁殖するため、通常の淡水の水槽では増えません。
更に食欲も旺盛なのでコケや食べ残しをよく食べてくれるのでおすすめです。

プラ舟や鉢についてしまったコケは貝が食べてくれます。
ここでも注意が必要。ゴキブリか!!って勢いで増殖する種類が多いので貝・タニシには要注意。

以前レッドラムズホーンという貝を入れたらとんでもなく増え、レッドラムズホーンを食べる魚として室内の水槽でフグを飼い始めた私ですw

そこでおすすめの貝は石巻貝。
ヤマトヌマエビと同様、汽水域で繁殖する種類なので水槽内では増えません。
石巻貝の難点としてはひっくりかえっちゃったら自分で起き上がれない…水に入れる時はジャボンと入れるのではなく、指でつまんで水底に置いてあげましょう。

メダカの餌

メダカの餌は色々売っていますが、私はいつもメダカの天然食を与えています。
パッケージにあるように「卵ぷりぷり」ですw


これだけ用意したらあとは毎日ニヤニヤ眺めるだけ。
夏、直射日光が当たる場合は日陰を作って水温の上昇を防ぎましょう。
楽しいメダカライフの参考になれば幸いです^^

ちなみに外での飼育が難しい場合、初めて飼育する場合は室内で省スペースで飼育できるメダカ飼育セットを選ぶと無駄がなくておすすめです。

↑こういうの。

スポンサーリンク