靴の臭いが取れない!洗ったら余計臭い!のが、オキシクリーン&ウタマロ石鹸できれいサッパリ♪

先日、ピアノ教室のソファーで長女と並んで座っていたら、プ~ンと臭ってきました。
足の臭い。
「ちょっと!靴下変えてこなかったの!?臭いよ!先生にバレないように足動かさないでよ!」と小声で指示…。

30分後、次女のレッスンが終わり、長女の番。
今度は次女が私の横に座りました。

…プゥ~ン

お前もか!!!

週末、ワイ〇ハイターex〇ワーと、スー〇ーナ〇ックスに漬け込み、その後ゴシゴシ洗って一番日の当たるところに1日干しておきました。

が、取り込んだ瞬間、プゥ~ン…

臭い!臭すぎる!
洗ったらますます臭くなりました。

替えの靴がなかったので、その日はそのまま臭い運動靴を履いて学校へ。

帰宅した次女、
「なんかさ、今日は新しい上履き持って行ったじゃん?帰る時に上履き脱いだら、すごい臭かったの。新しい上履きなのに…」
と言いました。

臭い靴→次女の靴下→新しい上履き…臭いが伝染してる!?

これは公害レベル。

そんなわけで色々調べて、オキシクリーンを購入して臭い取りをしてみました。
結果、臭いが取れた!
すっきりサッパリ取れました!

更にウタマロ石鹸とのコラボ洗濯も試してみました!

 

オキシクリーン、おすすめです♪

スポンサーリンク

オキシクリーンで臭い靴のニオイとり

こちらが噂の臭い靴でございます。
所々破れていて底もすり減っているので、新しい靴を購入しました。
これからメインは新しい靴になりますが、急な洗い替え用においておきたいので今回徹底的に脱臭作業を行います。

これがオキシクリーン1500g。
真上から撮ったので分かりづらいですが、バケツに入っています。

500gサイズもあります。

付属のスプーン1杯と40~60度のお湯に溶かし、臭い靴を1時間ほど浸けておきました。
このスプーンは左利きに優しくありません。
我が家の蛇口は45度のお湯が限界なので、鍋で沸かしたお湯を追加しました。

1時間ほど浸けたら、靴用ブラシでゴシゴシ。

よく日の当たるところで干しておきます。

今回は洗濯洗剤を混ぜていないのでいい香りはしませんが、無臭!無臭になりました!
これは素晴らしい。

ちなみに泥汚れや靴下の裏の汚れなどはウタマロ石鹸の上を行くものは未だに現れません。
ですが臭いに関してはオキシクリーンの勝利!

ということはオキシクリーンで浸け置き後、ウタマロ石鹸でゴシゴシが最強!?
というわけで試してみました。

スポンサーリンク

オキシクリーン&ウタマロ石鹸のW効果!

足の汗・汚れの臭い、臭い靴から戻ってきた臭い…ある意味これが芳香源である汚い靴下をオキシクリーン&ウタマロ石鹸で洗濯してみます。

これまではウタマロ石鹸で汚れはとっていたものの、ほのかな臭気には気付かなかった事にしてきました。

オキシクリーン1杯をお湯に溶かし、靴下を浸けました。
10秒も経っていませんが、お湯が茶色くなっています。

このまま20分程浸けておきました。
その後ウタマロ石鹸でゴシゴシ。

↑これですね。
使いかけのウタマロ石鹸は、石鹸ネットに入れてお風呂につるしています。

洗濯中は手がビショビショなのでいちいち撮影していませんが、私の場合はオキシクリーンの成分もウタマロ石鹸の成分もすすがずに洗濯機へin。

普段使っている粉の洗濯洗剤を容量分入れ、洗濯機を回し、干します。

!!!
汚れも臭いもすっきり!

ついでに臭いのをスルーしていた靴下も一気に洗ってみましたが、全部スッキリ洗剤の香り♪

やはり汚れにはウタマロ石鹸、臭いにはオキシクリーンがいい仕事をしてくれました。

オキシクリーンは洗濯だけでなく、食器洗い、掃除にも便利な優秀商品。
重曹・クエン酸・セスキ辺りを使いこなせなかった私でもガツガツ活用できそうです。

スポンサーリンク