犬の手作りご飯のカルシウム。卵殻カルシウムの作り方【自己流】

パピヨンのチヨは5月で16歳になりました!
老化に伴う疾患はあるものの、先日受けた血液検査の結果は中性脂肪と血糖値が若干高い以外はパーフェクト。

そんなチヨは5歳の時に膀胱結石の手術をして以来、処方食では胃腸が悪くなってしまうため10年以上手作り食を続けてきました。

【関連記事】犬の手作りごはん。簡単だけど長生きレシピ(我が家の場合)

犬の手作り食を続けることで重要なのは、カルシウムとリンのバランス。
リンが多すぎると腎臓の負担になることもあります。チヨは膀胱結石の予防もしないといけないので、本当に重要。

適切な量のカルシウムを一緒に摂取することでリンを吸着して排出してくれるので、カルシウムの存在は大切です。

カルシウムとリンのバランスは、犬の場合はカルシウム1.2~1.4:リン1のバランスが理想。

で、カルシウムをどうやって摂取するか。
以前は市販のカルシウムサプリを使っていたのですが、最近は手作りの卵殻カルシウムを与えています。

調べたところによると、他のカルシウムよりも卵殻カルシウムはリンの吸着率が高いのだとか。それに牛乳由来のカルシウムには、それ自体にもリンが入っていますが、卵殻カルシウムに含まれるリンはごく微量。

チヨに与え始めてしばらく経ちますが、消化も問題なさそうだし何より卵の殻で出来るので安く済むしw
今後もお手製卵殻カルシウムを続けるつもりです。

スポンサーリンク

卵殻カルシウムの作り方

卵殻カルシウムの作り方をざっとご説明します。
説明するほどのこともないくらい簡単ですけどw

材料は卵の殻。
茹で卵でも生卵でも良いですが、生卵の場合は一度茹でて消毒した方が良いと思います。

  1. 卵の殻を用意して殻の内側の薄皮を剥がします。
    ※面倒臭いのでわりといいかげんに剥がしてます。薄皮にも栄養があるらしいですよ。
  2. お皿にキッチンペーパーを敷き、その上に重ならないように卵の殻を並べます。
  3. レンジで4~5分加熱。
    ※カラカラになっていなければもう少し加熱します。
  4. 完全に乾燥して粗熱が取れたら、ミルサーで粉砕。
    ミルサーがない場合はすり鉢でも良いと思います。
  5. できあがり♪

※赤玉の卵を使ったのでこの色になっています。

2.5kgのパピヨンに必要なカルシウム量から計算すると、1日に与える卵殻カルシウムは3~4g程度。
毎回測るのは面倒なので、毎食ひとつまみご飯に混ぜ入れています。

手作り食におすすめのサプリ

獣医さんに老化に伴うトラブルについて相談したところ、「触診上・検査上は全く異常が見られないので、あとはサプリとか試したらどうですか?」と勧められたこともあり、手作り食には基本となる材料の他にサプリを2種類(犬康食ワンあいこな)追加しています。

個人的には犬にサプリ?と思っていましたが、これがなかなか良くて老化に伴い一時期ヨボヨボしてきたチヨがシャキッとしてきましたw

長生きのためにもこの2種類のサプリは続けていくつもりです。

犬康食ワン

犬康食ワンは、老犬の健康維持を目的としたサプリ。
霊芝などの和漢植物が老犬特有のヨボヨボ感にグイグイ効いてきます。

人間でも「これ!」というサプリに出会うと力がみなぎってきますが、まさにそんな感じ。
薬ではないので効き目が切れるとグッタリ…なんてこともないので安心して飲ませています。

ご飯に混ぜても分からないくらいなので(↓写真の真ん中の錠剤)、食べ物にうるさいチヨも違和感無く食べています。

お得な定期購入もありますが、1袋だけ買った場合でも何だかんだでお知らせが届いて安くなるキャンペーンを受けられる様なので、とりあえず嫌がらずに飲めるかどうか、1ヶ月試してみることをおすすめします。

もっと詳しい内容は公式サイトでご確認ください。⇒公式サイト

あいこな

犬康食ワンを飲ませ始めて、サプリの効果はあなどれない…と思い、もうひとつ使い始めたのがあいこな

チヨはもともとお腹が弱いので下痢をしやすかったり、最近は一時期消化不良で吐く事が多くなりました。
更に年とともに涙が増え、犬のくせに涙をポロリすることも。
足腰が弱ってきて躓いて転んだり、後ろ足がプルプルしたり…まぁとにかく病気じゃないけど気になることが増えてきました。

犬康食ワンだけでも良かったのですが、もうちょっとプラスしたいなと思って始めたのがあいこなです。

おしゃれパッケージと木のスプーンも素敵なのです。

レトルト食・クックンラブにも使用されているモリンガを始め、腸内環境を整えてくれる乳酸菌や弱った足腰をカバーするグルコサミンなど頼もしい成分がいっぱい。

【関連記事】クックンラブは腎不全の犬ご用達みたいなので試してみました

粉末なのでご飯に混ぜても全く気にならないようで、ガツガツ食べています。

試食担当娘の感想は「なんか、焼き菓子みたいな…どこかで食べたことがあるような…」

そして猫がやたらと食いつきます。

チヨはいつもの手作りご飯(上のご飯の写真)に毎食混ぜて与えています。

あいこなの詳細などは公式サイトでご確認ください⇒公式サイト

犬のサプリってただのコーンスターチのかたまりみたいなものから素材などにこだわって作られたものまで色々あるので、少し値がはっても良いものを選んであげたいなと思っています。

愛犬の普段の様子をよく観察して、今何を必要としているのかを見極めてあげたいですね。
もっともっと元気に、いつまでも長生きしてもらいたいなと思っています。

スポンサーリンク