ゾウの時間ネズミの時間(絵本)は何回も繰り返し読みたくなる

「ゾウの時間 ネズミの時間」という本が家にあります。
有名な本なので読んだことがある方も多いと思います。

面白いので子供にも読ませたいのですが、小5長女はともかく小2次女には無理。

大人用「吾輩は猫である」なんて読んでいる長女ですらこの地味な表紙の「ゾウの時間 ネズミの時間」には手を伸ばしません。

いつか読むかなぁ…なんてAmazonをウロウロしていたら、「絵とき?ゾウの時間 ネズミの時間」という絵本を見つけました。

そう、子供向けの絵本版。
早速買ってみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

絵とき ゾウの時間 ネズミの時間

この本の内容を簡単に説明すると、哺乳類が一生のうちに打つ心拍数は決まっていて、体が大きければ大きいほど心拍数と呼吸の間隔が延びていく=寿命が長くなるというお話。

だから寿命が短いネズミは可哀相なのか?長生きするゾウはラッキーなのか?そんなことは全然ないのか?

そんな疑問に対して、難しい言葉も分かりやすい語り口調で説明していて、一緒に考え納得しながら読み進めていけます。

可愛いグラフで示してあったり。

まだ掛け算も習っていない小2次女も、じっくり読むうちに理解出来てきたみたい。
絵本ですが、小5長女はかなり長時間読み込んでいました。
低学年から高学年まで楽しめる一冊です。

自分以外の動物達の命を今までとは少し違った方向で見つめるきっかけにもなるかもしれません。

スポンサーリンク