小学生の水筒の大きさは0.8Lが絶妙なサイズ【タイガー・サーモス】

子供達が通う小学校では、5月~10月は水筒を持参することになっています。
体育の時間も水筒を持って移動してるみたい。

さて、水筒を持って来いと言われて悩むのが、サイズ。

大きすぎても邪魔なような…。
でも小さいと足りなかったり、「〇〇ちゃんはもっと大きいのを持ってる」と子供から苦情がくることも。

今日は水筒のサイズ、我が家の子供達が使っている水筒(サーモス・タイガー)をご紹介します。

スポンサーリンク

小学生にぴったりな水筒の容量は?

小5の長女は1年生の時に0.8Lの水筒を用意しました。

当時まだ幼稚園だった次女は0.5L。
園児ですから、身体が小さいので0.5Lの水筒がぴったりでした。
全部飲んでしまったら幼稚園の冷水器で継ぎ足してくれてましたし。

昨年、1年生の間も0.5L水筒を使っていた次女ですが、「ねぇ、大きい水筒買ってよ」と言う様になりました。
0.5Lは持ち運びには便利だけれど足りなくなるし、他の友達は大きい水筒を使っているのだとか。

確かに長女は大きいサイズを持っているのに次女だけ0.5Lというのも可哀相なので、近所のお店で本人が選んだ1Lの水筒を購入しました。

…なんか大きいw

屋外で活動するスポーツクラブとかでものすごい水分が必要な子なら1Lどころか1.5Lくらいの大きいサイズでも良いかもしれませんが、普通に学校に持って行く分には1Lはかさばるかも…と思いました。

小学生にちょうどいい水筒の容量は0.8L

長女は0.8L水筒(ピンクの蓋)、次女は1L水筒(紺色)。

大きさはわずかな差ですが、実際に子供が肩からかけて登校したり、洗って台所で干したりすると、1Lはなかなかの存在感。

水筒の大きさは違いますが、私はどちらも満タンにはせず同じくらいの量を入れています。
暑い日・6時間授業の日は少し多めにしたり、暑くもないのに持って行くと言い出した日は少なめにしたり。

なので次女の水筒は大きいだけでその容量を100%使っていません。

というわけで小学生が学校に持って行くだけなら、0.8Lが絶妙なサイズ感。

次女はサーモスの1Lですが、サーモスにも0.8Lもあります。

2WAYか直飲みか

ちなみに長女と次女の水筒は大きさだけでなく、タイプも違います。?

長女は直飲み・コップのパーツが2種類付属している2WAYタイプ(保冷・保温両用)で、次女は直飲みのみのタイプ(保冷専用)。

学校の体育の時間にいちいちコップに出して飲むことはないので直飲みタイプなら間違いはありませんが、長女の場合は放課後遊ぶ時に「ちょっとお茶でも…」とシートを敷いてティータイムを楽しむ人なので、そんな時はコップのパーツに変えて持って行くことも。

2WAYの方が若干高いので、お子さんの傾向によって直飲みにするか2WAYにするかは決めると良いと思います。

あとは直飲みは保冷専用なので、熱い飲み物を入れたい場合は2WAYを選ばないといけません。

直飲みタイプ0.8L 【タイガー・サーモス】

2WAYタイプ0.8L 【タイガー・サーモス】

すごいボトル洗い

今まで使っていた水筒用の柄付きスポンジがボロくなったので、3Mのすごいボトル洗いを購入しました。

【関連記事】水筒のスポンジ「すごいボトル洗い」を買った&気に入った!

なかなか良いです!

スポンサーリンク