犬アレルギーの子供の症状と治るまでの記録【ずっと一緒に暮らしてます】

我が家では、犬・猫・ウズラ・セキセイインコ・魚などたくさんの動物を飼っています。
元々は私が好きで飼っている動物なので生まれた時から動物に囲まれているからか、子供たちも自然と動物大好きになりました。

しかし長女は犬・猫アレルギー。生後6か月の時に発覚しました。

【関連記事】乳児湿疹の原因は母乳&アレルギー…子供がつるスベになるまでの記録

病院では食物アレルギーの治療が主でしたが、私にとっては治療法がある程度確立している食物アレルギーよりも犬猫アレルギーの方が衝撃で、頭が真っ白になりました。

現在長女は小学校5年生。
家のペット達は↓この通り今も普通に一緒に暮らしています。

ペットの里親サイトを覗くと、子供のアレルギーが原因でペットを泣く泣く手放すケースが多く見受けられます。
それは辛い…というわけで、今日は動物アレルギーの子供とペットと一緒に暮らす方法(我が家の場合)をお伝えします。

スポンサーリンク

動物アレルギー

食物アレルギーは食べなきゃ何とかなりますが、一番私を悩ませたのは犬猫アレルギー。

アレルギーが発覚した生後6ヶ月頃の長女は、犬と同じ部屋に入るだけで目を痒がる状態でした。

当時アレルギーのかかりつけにしていた病院を受診する度に
「犬はまだ処分してないの?子供が死んでもいいの?」
と言われます。

無理です。
でも子供が死ぬのも無理です。

もうこの病院無理です。

というわけで少し遠くの総合病院で週に1度しか診察していない小児アレルギー専門科を受診することになりました。

その病院の先生は、
「そりゃ飼わない方がいいけど、犬だって家族だしねぇ」
と笑って、犬(猫)との共生の仕方を細かく教えてくれました。

アレルギー児とペットの共存

小5の長女の犬・猫アレルギーの数値はクラス4。
クラス6が最高なので、比較的高い部類です。

でもよく考えると、春はクラス6を振り切っているスギ花粉の中で生活しているのですから、クラス4の犬猫との暮らしは不可能ではない!というのが私の言い訳。

【関連記事】
アレルギー検査の費用、子供は無料・大人は保険適用だった
アレルギー検査の項目一覧・39種類一度に調べられました

アレルギー児とペットの生活のポイント

まず、一時的に犬を実家に預け、とにかく家中を掃除しました。

いきなり掃除機だと舞い上がるから、まずはクイックルワイパーのウェットシートで全体をざっと水拭きします。

水拭きのあとに掃除機をかけます。
毎日の掃除もこの方法を取り入れただけで、長女の症状は随分変わりました。

あ、嘘です。掃除は毎日してません。

オススメ掃除機

掃除機はその当時購入した、今は亡きナショナルのモーターヘッドタイプ。
10年以上経つ今も現役で動いています。

似たタイプだと、パナソニックのMC-PA36G辺りかと思います。

ちなみにネットでとても評判の良いマ〇タのコードレス掃除機を最近購入したのですが、ヘッドにモーターがついていないとこんなに違うのかと愕然としました…。
ペットを飼っているご家庭はモーターヘッド型が絶対におすすめです。

先日我が家と同じようにお子さんがアレルギー&犬猫飼いの友人に「掃除機何使ってる?」と聞かれ、「ナショナル…」と答えた私。

どうやら参考にならなかったようで、友人はダイソンのアニマルプロを購入しました。
やっぱりダイソンすごい!と言っていました。

私も次はダイソンか、パナソニックか、どちらかにすると思います。

空気清浄機

空気清浄機はアレルギーのためというか、臭い対策というか…24時間稼働させています。
加湿機能などはついていないシンプルなタイプ。

洗える布団&高密度シーツ

アレルギーなのに犬も猫も子供の布団で一緒に寝ています。
これはさすがに病院では話せない…。

布団は掛布団・敷布団ともに洗濯機で丸洗いできるタイプ。

※私も子供もミニサイズの人間なので、敷布団はジュニアサイズを使っています。
洗濯も布団干しも楽々。

カバー類は高密度タイプ。
ツルツルしますが、冷たいわけではないので私は好きです。シルクっぽい感じ?

枕カバーも忘れずに。
あと布団には掃除機かけてます(たまに)。

抗アレルギーカーテン

カーテンにもペットの毛やハウスダストがたくさん付着します。
子供ってカーテンにグルグル巻きになったりしますから…カーテンも抗アレルギー仕様のものを使っています。

私が日頃行っている対策は以上です。
長女は犬と触れ合っても症状が出なくなりました。

あとは定期的に犬をトリミングに連れて行くようにしています。
月に1回のペース。

スポンサーリンク

動物アレルギー、その後の症状

10559782_701646523248113_2192518734282047513_n

以前は犬の鼻が触れただけで触れた部分が鼻型に赤くなるほどでしたが、小学生になった今は泣いたら涙を舐めて慰めてもらうほどの仲になりました。

レゴを作る時も一緒(ちょっと近い)。

ただ、家の犬猫は平気でもよその犬や野良猫と触れ合うと痒くなることも。
ある程度「慣れ」も重要だと思います。

気休めかもしれませんが、わりと効果があったのが肌にワセリンを塗ること。
ワセリンがアレルゲンをガードしてくれるのか、塗っている時と塗っていない時では症状の出方が違いました。
ただ、ワセリンのベトベトに犬の毛が貼りつくという難点も…。

ワセリンと同様、肌を保護する役目を果たしてくれるファムズベビーもおすすめです。

ムース状で出てくる保湿剤で、肌に馴染むとサラサラ。
子供&動物がいると水仕事が多いので、私もハンドクリーム代わりに使ってます。

生まれた時からペットを飼っているとアレルギーにならない?

よく生まれた頃から犬や猫と暮らしている子供はアレルギーになりにくいという説がありますが、あれは嘘っぱちじゃないかと思うのです。

周りを見ても、生まれる前から犬猫がいる家の子は犬猫アレルギーが多い。

みんな「アレルギーだけど犬猫を手放すなんて無理!」と、折り合いをつけながら共生しています。

要はアレルギー体質が遺伝しているかどうかってだけじゃないかと。
そんなことを考えています。

ペットとの生活は素晴らしい

アレルギー児がペットと生活するには手間も必要経費も通常よりはかかりますが、それ以上に得るものはたくさんあります。

「無償の愛情」は、親である私よりも動物から学んでいるような気もします。

呼吸器にひどいアレルギー症状が出るなど、どうしても共存が難しいケースも多く存在します。

アレルギーだからペットを手放すという選択は最終手段として、まずは出来る対策を試してみるのも有効な手なのではないかと思い、我が家の対策をご紹介しました。

スポンサーリンク