デイリースタイル腎臓サポート(犬用療法食)試食レビュー

腎不全治療中のたみ16歳。
食事療法をしなければならないにも関わらず、腎臓病特有の偏食でなかなか食べてくれず困っています。

これまでにたくさんの腎臓病用の処方食・療法食を試してきました。

【関連記事】犬の腎臓病(腎不全)の食事を色々お試し中…

最近はずっとアニモンダのウェットをどうにかこうにか食べさせていたのですが、1日に規定量の半分を食べれば◎という状態。

【関連記事】アニモンダ・ニーレン(腎臓ケア)犬用リニューアル後のレビュー

今朝はイヤイヤでした…^^;

一応元気ではあるのですが、体重が落ちてきて骨ばった体が何とも不憫で…。

今日は久々に新しい腎臓病用の療法食を試してみました。

今回試したのは獣医さんが作ったデイリースタイル腎臓サポート。
ロイヤルカナンの腎臓サポートとは別物です。

まだ試食段階なので消化不良を起こさないか、下痢をしないか、血液検査の変化などはこれから時間をかけて試してみようと思っていますが、とにかくよく食べてくれて感動しました。

スポンサーリンク

獣医師開発の国産療法食・腎臓サポート

以前から気にはなりつつも試したことがなかった療法食「腎臓サポート」を遂にお試し(楽天の1,000円サンプル)。

腎臓サポートは獣医師が開発した国産のドッグフード。

大手メーカーのフードではないので肝心の腎臓への負担がどの程度なのか不安がないといえば嘘になりますが、偏食→やむを得ず普通のフードにするよりも試す価値があるだろうと思い、購入してみました。

たみは歯がないためウェットフードを中心に与えているので、ドライタイプしかない腎臓サポートはどうかな?と思ったのですが、挽肉を乾燥させたようなすごく小さい粒なので丸飲みしても大丈夫そう。

体重1kgにつき7~15g(老犬の場合、成犬の適量の90~70%)とのことなので、理想体重が3.5kgで現在2.6kgのたみには1日30gくらいかな?

カロリーが高いので一般的なフードよりも給餌量がかなり少ないです。

いざ実食

ニオイも嗅いでないのになぜかウキウキしてるたみちゃん。

すっごい食べてます。

同居犬チヨはあまり好みではなかったようなので個体差があると思いますが、たみはガッツリ。

こんなに食べてくれるとは嬉しいな。

腎臓サポートは中期までの腎疾患の療法食とのことなので、症状が進んでしまった場合は動物病院の指示が必要になると思いますが、たみのかかりつけの獣医さんは「食べないのが一番の悪」と言います。
「処方食がベストなら、痩せさせない・普通食でも食べさせるのがベター」とも。

今食べてくれて、腎臓だけでなく体質にそれなりに合うフードがあればそれだけで安心。

基本はアニモンダを与えてはいますが食べないことも多いので、これから少し時間をかけてこのフードにも慣らし、体調を観察していこうかと思っています。

与え方や品質について詳しい説明も同封されていました。

スポンサーリンク