犬の腎不全。手作り食を与える時のメニュー。

偏食たみちゃん(腎不全治療中)。
理想体重3~3.4kgのところ、現在2.8kgまで減ってしまいました。ガリガリ。

たみの様子を見ていると、腎臓が悪くて痩せているのではなくて処方食・療法食が嫌で食べないので痩せている様子…。

スプーンで一口一口どうにかこうにか食べていましたが、最近はそれも嫌…。
3食拒否して、4食目でやっと食べるか、同居犬チヨのご飯を盗み食いするか。

多分気分が変わればまた食べ始めるとは思いますが、最近は全然ダメなので、やむを得ず手作り食+ドライの腎臓食を与えています。

今回はやむを得ず与えている半手作り食をご紹介します。

スポンサーリンク

腎不全の犬に与える手作り食

人間の初期~中期の腎臓病で、「これしか食べたらダメ!」と処方食だけをドンと渡されるなんてことはないですよね。
きちんと計算された腎臓食はありますが、基本的には治療と並行して家庭で工夫して食事を作ると思います。

犬の腎臓病も人間と同様、腎臓病と食べるものは直結しているので、出来れば専門家が計算し尽くして作られた処方食を与えたいところですが、食べないもんはしょうがない。

これまでたくさんの処方食を試してきましたし、与え方も工夫しましたが、食べない時はどうしても食べません。

そんな時は仕方がないので、同居犬チヨ(16歳)が毎日食べている手作り食+腎臓用のドライフードを与えています。
ドライフードにしたワケは、ウェットフードにすると手作り食とニオイが混ざって拒否するから…。

手作り食の内容

たみの偏食がひどい時に与えている手作り食は、フリーズドライの野菜と肉を混ぜたもの。
肉(鶏モモ肉がメイン)を既定の量の3分の2くらいに減らし、オリーブオイル、卵殻カルシウム(手作り)を混ぜています。
更にリンを吸着させるサプリを加えることにしました。

イパキチン(犬の腎不全のサプリ)始めました

2017.07.30

腎不全の犬のサプリ。レンジアレンを使い初めたので他にも調べてみた。

2017.07.17

犬の手作りご飯のカルシウム。卵殻カルシウムの作り方【自己流】

2017.05.13

フリーズドライ野菜は色々売っていますが、たみはプライムケイズの健康一番を使っています。
健康一番は穀物が多いからか、腎不全治療中に与えると考えると、タンパクの量が多い印象…。

写真に写っているドライフードは、デイリースタイル腎臓サポート。
これはドライ単体でもなかなかよく食べてくれます。

【関連記事】デイリースタイル腎臓サポート(犬用療法食)試食レビュー

その他の犬用腎臓食レポートは以下の記事で紹介していますので、処方食・療法食選びの参考にしてください。

【関連記事】犬の腎臓病(腎不全)の食事を色々お試し中…

「うん、これならおいしいの」

…ちゃんと食餌療法してくださいT_T

完全手作り食については以下の記事にまとめました。

犬の腎不全の食事。レシピ(完全自己流)改良【内容に自信はありません】

2017.08.04

腎不全の手作り食でおすすめの本

腎不全さんの手作り食としてはどうも自信がなかったので、本を2冊購入しました。

手作り食で有名な獣医さん須崎恭彦先生の愛犬のための症状・目的別食事百科と、腎臓病の人のための早わかり食品成分表(人間用)。

愛犬のための症状・目的別食事百科については以下の記事で詳しくレビューを書いています。

愛犬のための症状・目的別食事百科購入レビュー

2017.08.03

食品成分表といえばかなり細かく食品の数も多い本がありますが、腎臓病の人のための早わかり食品成分表はタイトルの通り腎臓病の人が注意しなければいけない成分(たんぱく・リン・カリウムなど)が写真入りで分かりやすく載っているので、

腎臓病の食事…リン…たんぱく…

と、難しく考えすぎてヨレヨレになった頭でもすんなり理解出来ます。
とても読みやすく、手作り食の食材を選ぶのに便利。

腎臓食とはどのような点に注意すべきなのかという基礎知識もこの1冊で十分勉強出来ます。

処方食を与えるのがベストですが、やむを得ず手作り食を取り入れる場合は、きちんと勉強・成分の計算をしてから与えるようにしましょう。

スポンサーリンク