時期により多少出入りがありますが、家では哺乳類・鳥類以外に爬虫類・両生類も飼っています。

そして春先から夏にかけて、男の子のお母さんからよく相談されます。

「息子がトカゲを捕まえたんだけど…」
「ヤモリ捕まえちゃって飼うみたいんだけど…」

最近よく見かけますからね。
娘たちもさっきニホントカゲの子供を捕まえてきました。

IMG_0731

現在家では去年捕まえたニホントカゲと、今年初めて子供が自分で捕まえたニホントカゲを飼育しています。

13721148_1744827089113609_19559178_n

大きさが倍くらい違うので、別々に飼育します。

我々は時々外で捕まえてきた生き物を飼育しますが、その時に必ず守るのは、
外と同程度の環境を用意出来ないのなら飼わない」ということ。
外で自由に暮らす快適さを提供することは出来ないので、その分良い環境を作ります。
それは子供にもよく言い聞かせています。

土台は私が作りますが、日常の簡単な世話もしない子供に

時々ご飯が出てくる生活でもいい?蛇口からたまに水が出てくるだけでいい?

と聞いたら、ハッとした顔をしていました。
おいおい、自分に置き換えないと分からないのかと…。

前置きが長くなりましたが、今日は急に子供が捕まえちゃった生き物の飼育~ニホントカゲ編(ニホントカゲ・カナヘビの仲間)をご紹介します。

スポンサーリンク

ニホントカゲ(カナヘビも同様)の飼育に必要なもの【ケージ・餌など】

まず、ニホントカゲの飼育に必要な飼育グッズを用意しましょう。

最低限必要なものは、

  • ケージ(水槽)
  • 餌(生餌です)
  • 水入れ

あった方が良いものは、

  • 床材(土・腐葉土など)
  • 隠れ家(素焼きの植木鉢・枝・植物など)

冬の飼育に必要なもの

  • ヒーター

以上のものを揃えられそうもない場合は捕まえた場所に早めに逃がしに行きましょう。

トカゲを飼育するケージ(水槽)

ケージは子供が飼育するなら↓このようなプラスチック製のもので十分。

写真 2016-07-24 14 31 45

本格的に飼育したい場合は、我が家でアマガエルの飼育で使用しているGEXのグラステラリウムもおすすめです。

我が家のニホントカゲは前述のとおり大きさが違う2匹を別々のケースで飼育しています。

トカゲの餌

トカゲは生きた虫を捕まえて食べます。

当然、生餌を用意しなければいけません。
コオロギやワラジムシなどトカゲの口に入るサイズの生餌を切らさずに捕まえてくるか、専門店で購入します。

ネットでも購入可能です。

コオロギだけでは栄養が偏ってしまいますので、カルシウムのパウダーなどをコオロギに振りかけておくと良いです。

餌がなければ餓死してしまいますので、無理そうだと思ったら放置せずに元いた場所にすぐに逃がしましょう。

水も当然飲むので水入れも用意します。
GEXエキゾテラウォーターディッシュは水に落ちた生餌が自分で這い上がれる構造になっているので気に入っています。

トカゲの床材・隠れ家

プラケースにそのまま入れただけではトカゲも落ち着きませんし、脱皮の際に体をこすりつける場所もありません。

プラケースの中には中粒以上の赤玉土と腐葉土を入れてあげるとちょうど良いです。
小さい粒にしないのは、誤飲防止のため。

素焼きの植木鉢や枝など隠れ家になるものも入れてあげると喜びます。

トカゲの冬

冬、冬眠させずに飼育する場合はヒーターが必須です。

ケージにパネルヒーターを貼り付けておけば大丈夫。
私はみどり商会のスーパー1を使っています。

多少手間はかかりますが、親も子も責任を持って飼えるなら、小さい生き物の飼育・捕食の瞬間など子供にはとても良い経験です。

写真 2015-11-07 11 08 10

日光浴が好きで、日に当ててあげるとうっとりして可愛い。

以上、トカゲの簡単な飼育方法のご紹介でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします