腎不全治療中の犬、たみ15歳。
自宅での皮下輸液を勧められたり、リン吸着剤の服用を始めたりと、何だか心配な今日この頃。

腎不全に良いとされているサプリを調べて回っている時、腸内環境を整えることも大切だと知りました。

腸内環境といえば…乳酸菌=ビオフェルミン?生きて届く納豆菌?…何が良いのか分からないので、ペット用乳酸菌の中でも評判が良いらしい「JIN」を購入してみました。

最近飲ませ始めたリン吸着剤(レンジアレン)の影響か、ウンチが少し固く、量も少なくなってしまったので便秘予防にもなるといいなと思っています。
そして同居のおばあちゃん犬、チヨちゃんにも一緒に飲ませてみようかと。

スポンサーリンク

ペット用乳酸菌「JIN」開封

大きいサイズもありますが、まずは30包入りを購入してみました。

中身はイージーファイバーに似た感じ。

体重5kgの場合1日1包が目安なので、2.5kgと2.6kgの2匹で1日1包使うとちょうど良さそう。
ご飯にふりかけたら、さっと溶けて全く気付かれずに与えることが出来ました。

水溶性繊維が主な原料なので、いきなりたくさん与えすぎるとお腹が緩くなるかもしれません。
たみの場合、1回の食事に4分の1混ぜましたが、お腹が緩くなることはありませんでした。

乳酸球菌(EF-2001)というのが白血球の栄養源となり、免疫活性するとかしないとか。

乳酸菌といえばビオフェルミン飲ませておけばいいんじゃない?と思っていましたが、乳酸菌にも色々あるんですね。
1箱与えてみて、体調維持(出来れば少しは回復してほしい)できたら続けてみようと思います。

スポンサーリンク

【追記】カリナール2に変更しました

他の動物達はJINを与えると調子が良いのですが、肝心の腎不全たみちゃんはJINのおそらく水溶性繊維が効きすぎるのか、ウンチが柔らかくなってしまいます。

そこでたみはカリナール2に変更したところ、なかなか調子が良いです。
ひとまずカリナール2を続けてみるつもり。

スポンサーリンク
腎不全治療関連記事

たみの腎不全治療については以下の記事にもまとめてありますので参考までにご覧ください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします