犬の腎不全の治療・日常生活編【たみちゃんの場合】

↑腎臓病グッズ↑

こうしてみると随分アイテムが増えました…。
毎日何だかんだ気になる点はありますが、最近続けているたみ(パピヨン15歳、腎不全治療中)のお世話についてまとめます。

子供(人間)が小さい頃、やや重度の食物アレルギーでした。
その時にお世話になっていたアレルギー専門医の先生が
「僕は専門家だけど、週に1回しかこの子を診ない。お母さんは24時間一緒にして、ご飯を作って、食べさせるでしょ?だから主治医は僕じゃなくてお母さん。」
と言いました。

治療=食餌療法が中心となる腎臓病も同じだと思います。
何が正解なのかは良い結果・悪い結果を見てみないと分からないし、腎不全と診断されたら、治すのではなく進行を遅らせるしか方法はありません。
特に高齢で腎不全となると、ある意味老衰ともいえるでしょう。

私に何が出来るのかは分からないけれど、少しでも穏やかな日々を過ごさせてあげるために、後悔しないように、毎日の生活を悶々と考えながら過ごしています。

スポンサーリンク

たみちゃんの一日(2017.11.19修正)

朝起きるのは、5時半~7時(飼い主が起きたら起きるので日によって違う)、夜は夕飯を食べたらウトウトしてますが、8歳次女と一緒に寝たい様で、熟睡するのは22時頃から。
水分をたくさん摂らせる工夫をしていますが、水分量のわりにおしっこが少ない?と心配しています。

色々な商品を紹介しますが、私は元来サプリとか健康食品とか胡散臭いものは嫌いな人間です。
が、最近ちょっと藁を片手で掴んでみてます。

朝ご飯

  • シリンジで水(室温の水素水or水道水)を10ml飲ませる
  • 療法食を規定量(今はアニモンダがメイン)
  • 投薬(フォルテコール)
  • サプリメント(レンジアレン、ペットチニック、カリナール2)
  • キドナ大さじ1(カロリー補給のため)
  • 仕上げにシリンジで水を10ml飲ませる(自分で飲んだ場合はシリンジで追加で飲ませることはない)
  • 時間をおいてネフガード&水(よく忘れる…)

人間でもそうですが、まず朝起きたら水を一杯!
いきなり処方食をガツガツ食べさせるよりはお腹を起こしてあげた方が良いかなと思いまして。

一体何に効くのかどうか分かりませんが、水素水を購入してしまいました。
そして最近結構元気なので、水素水のおかげ…?と思ってしまっているのも事実。
まだ水素水を認めたくない私がいるのも事実(今は普通の水を与えています)。

腎臓用の食事を片っ端から試した結果、メインのフードはアニモンダに落ち着きました。
ただ、ごくたまに異物のようなものが入っていたり、これは小型犬(老犬)には噛みきれない…という部位が入っていることもあります。
たみはアニモンダが一番好きで数値も安定しているので与え続けていますが、気になる場合は他の腎臓食を検討した方が良いかもしれません。

カロリー補給のため、よく食べるドライフード(ドクターズケアキドニーケアorデイリースタイル腎臓サポート)も食事の時間以外におやつ代わりに与えています。

犬の腎臓病(腎不全)の食事を色々お試し中…【腎臓サポート・ヒルズk/d・アニモンダなど】

2016.07.14

ウェットフードには手作り食に添加していたオイルを3滴。
フードにはオメガ3もきちんと配合されているとは思いますが、レンジアレンの影響で便秘になると嫌なので油分として追加しています。

処方薬(フォルテコール)とレンジアレンは、処方食を2,3口食べたのを確認して今日はちゃんと食べそうだなと判断したらウェットフードに混入させて食べさせています。

処方食を食べ終わったら、獣医さんから教えてもらった栄養補給の方法として、キドナ大さじ1杯くらいをぬるま湯で溶き、カリナール2を混ぜてシリンジで飲ませます。
混ぜたらまずそうだけど、貧血予防にペットチニック(今は処方食をちゃんと食べてくれるのでペットチニックは規定量の半分)も。

食後1時間したらネフガード(粒)を1粒。

老廃物を吸着させる目的ですが、薬やサプリの成分も吸着してしまうので、投薬からは時間をおいて与えています。
この「時間を置く」というのがやっかいで、私はしょっちゅう与え忘れています。というわけで実際に与えている量は1~2日に1粒~4粒…。
ネフガード単体では飲まないので少量のフードと一緒に与え、そのあとシリンジで水を10ml。

水は毎回全部飲むとは限らないし飲ませてもこぼす量も多いので正確ではありませんが、午前中だけで水30ml+ウェットフード・キドナの水分を摂れています。

朝ご飯の後は家の周りを50mくらいお散歩。
外であまりオシッコをしないので、お散歩で誘発し、帰ったらすぐに家のトイレでしてます。

スポンサーリンク

今は1日2食なのでフードは与えませんが、起きていたらシリンジで給水(朝ご飯が少なかった日はキドナを大さじ1)。
タンポポ茶小さじ2杯を薄めて10mlをシリンジで飲ませてみたりもしました(今は普通の水のみ)。

夕飯の前にもう1回くらい水を飲ませたり飲ませなかったり。

ここまででシリンジで飲ませた水分40~50ml。

夕方

犬達の腹時計は16時半~17時頃鳴ります。
動物病院の診療時間内に夕飯を食べさせて、異常がないか確認しておきたいのも夕飯が早めな理由のひとつ。

夕飯の内容は朝と同じ(フォルテコールは飲ませません)。
朝と同様、1時間後にネフガード+水を飲ませます(覚えていたら)。

夕飯の後も少しだけお散歩。

ネフガードとレンジアレンの併用について

ネフガードとレンジアレンの併用はあまりお互いの効果を弱めてしまうとのことで推奨はされていない模様。
私はレンジアレンでリンを吸着、ネフガードで腸管内の老廃物を吸着する目的で時間を置いて飲ませています。

何となくですがたみの場合はレンジアレンが良さそうなのと、動物病院で勧められたのでこの方法をとっていますが、リンも老廃物も吸着してくれるイパキチンやカリナール1・2、猫様ですがキドキュアなど似たような効能のサプリは数種類販売されているので、どれを使うかは獣医さんと相談の上決めるのが一番かと思います。

イパキチン(犬の腎不全のサプリ)始めました

2017.07.30

腎不全の犬のサプリ。レンジアレンを使い初めたので他にも調べてみた。

2017.07.17

犬に必要な水分量について

夕飯後、寝るまでにあと2回ほどシリンジで水を飲ませます。
これで、1日でシリンジで飲ませた水分は90~100ml。

犬に必要な水分量は、色々な計算方法がありますが、分かりやすいのは体重1kgあたり20〜90ml。(参考:埼玉県獣医師会
2.5kgのたみの場合、50~225ml。

フードから摂る水分もあるので、脱水予防のためにシリンジで与える量は1日で100ml前後としています。
+週に2回の皮下輸液(1回125cc)。


以上、たみちゃんの1日をご紹介しました。
ご飯とお散歩以外は基本的にいつもウトウトしています。

まだ働いてくれている腎臓とうまく付き合いながら長生きしてほしいです。

スポンサーリンク