腎不全治療中のたみ(パピヨン15歳)、理想の体重は3.2~3.5kgくらいですが、現在2.5kg。
ガリガリです。

現在,3.1kgまで増量!キドナ様のおかげです(詳しくは下の方に追記してます)。

腎臓の数値が極端に悪くなり、静脈点滴による治療を行った後は体調は落ち着いて処方食もボチボチ食べてくれています。

しかし規定量のご飯を食べても一向に体重は戻りません。
「ご飯にプラスしてキドナを与えてみるのもひとつの手」だと獣医さんに教わったので、早速試してみました。

結構おいしいらしい。

シリンジで水を飲ませる時は、いや~な顔をしますが、キドナの時は誤嚥しないようにゆっくり注入する私を急かすかのようにシリンジのチューブに噛みついてチラチラとこちらを見てきます。

スポンサーリンク

キドナの与え方

キドナは急性・慢性腎疾患用の高カロリー栄養食。

獣医さんに教わった方法は、

  • キドナをお湯で溶いてシリンジで与える
  • 自分で飲んでくれるならお皿に出してそのまま
  • 粉末のままご飯に混ぜてもいい

この3通り。

たみは歯が一本もなくて舌が横に出ているのも飲食したがらない原因のひとつのため、ドロドロにしたウェットフード(アニモンダ)をシリンジで与えています。

食事の時は、キドナもそのドロドロに混ぜて一緒に飲ませています。
それプラス、お昼にキドナだけをぬるま湯で溶いて飲ませます(忘れる日もあります)。

キドナは1袋20gの個包装。
2.5kgのたみがキドナだけで栄養を摂る場合は1日に1.5袋くらい必要ですが、今は処方食もそれなりに食べているので、その時の食餌量に応じて大さじ1~1.5くらいを与えています。

粉ミルクと同じような乳白色の粉末。
キドナだけで飲ませる時は、人肌程度のぬるま湯で溶きます。

私は10ccのシリンジを使っているので、10ccにおさまる程度にしています(おかわりが面倒くさい)。

シリンジは先端がゴムになっているものだと口の中を傷つけません。
私はワンラック注入器がお気に入り。

朝(処方食+キドナ)、昼にキドナ大さじ1杯を水で溶いたもの(処方食はなし)、夕食後(処方食+キドナ)。
2日で約1袋消費しています。

キドナの存在は知っていたものの、寝たきりの犬用かと思っていました。
たみが腎臓用の処方食を食べてくれず食欲不振から栄養失調や脱水になってしまったので、もっと前から使ってみれば良かったなと少し後悔しました。
今、食べなくて困ってる子も、ご飯に混ぜてカロリーアップに活用できるんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

【追記】キドナで体重増加

キドナを使い始めて6ヶ月、1日2食の処方食もシリンジで摂らせている影響が一番大きいと思いますが、体重が3.1kgまで戻りました!
朝と夕方のご飯に混ぜるだけでは体重が2.8kgまででストップしていたのですが、お昼にも飲ませることで3.1kgにまで増やせたのかなー?と思います。

キドナ様、どうもありがとうございます。
本当に良いご飯です。

もっとヨボヨボになってウェットフードで作った流動食を食べられなくなったとしても、キドナにはきっとずっとお世話になることと思います。

どうぞよろしく…。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします