犬のフードランキング♪が嫌いな私が選んだおすすめドッグフード一覧

〇〇〇なドッグフード10選!
とか、
ドッグフードランキングBEST10!!

とかあるじゃないですか。
私アレ大嫌いでして…。
フードを売りたいだけの実際に試してもいない、犬を飼ったことすらないような素人ライター(?)が書いたいい加減な紹介記事。
中には腎不全が治るフードとしてたんぱく質&リンてんこ盛りフードが紹介されてたり。
いやいや腎不全は治らないからT_T

モ〇ワン・カ〇〇ン・ネ〇〇ン〇とか、まぁそんな感じの。
これらが決して悪いフードなのではなく、まとめサイト(キュレーションサイト?)の紹介の仕方が気に入らない。
これらのドッグフードは売れればそのサイトの運営者に報酬が入る仕組みになってますから、色んな理由をつけて売りたいわけです。

例えばうちのチヨちゃん(パピヨン16歳)が珍しくガツガツ食べたナチュロルだって売れたら私にいくらか入ります。

ナチュロルの口コミレビュー。16歳チヨちゃんのおやつに最適【ドッグフード】

2017.06.09

このサイトで他のフードもガッツリ紹介しようと思えば出来なくもないですし、現に「紹介して下さい」と頼まれることもあります。
現時点で1ヶ月8万PV超のこのサイトで良い文句を並べて本気で紹介すればそれなりに売れると思いますが、アタシはそこまで汚れじゃないw

というのも我が家の犬はもう15歳&16歳と高齢で、1匹はお腹が弱いので基本的には手作り食(食べられる市販フードをボチボチ探してるところ)、1匹は腎不全のため処方食・療法食オンリーなので今さら一般的なドッグフードを調べたり探したりということはないのですが、飼いはじめの頃や若い頃は少しでも良いご飯を食べさせてあげたいと思い、ネットで情報収集をしていました。

我が家の犬達が若かった10年以上前は今のようないい加減な情報サイトが少なく、検索をすればすぐに個人のブログで飼い主さん達の生の声を読むことが出来たのですが、最近は良いんだか悪いんだか分からない情報で溢れています。

ネットの世界にどっぷり浸って早20年…時代の流れとはいえ、なんだかなーと思う今日この頃。

というわけで私が個人的に良さそうだなと思ったドッグフードを集めたのでご紹介します。
小型犬しか飼ったことがないので、今回は小型犬向けのフードが中心です。

スポンサーリンク

けだま生活おすすめドッグフード!(←実はやってみたかった)

幼犬~老犬まで食べられる!というフードもありますが、個人的にはドッグフードは犬の成長段階に合わせて変更した方が良いかなと思っています。

給餌量が違うとはいえ、成長期の子供とヨボヨボのお年寄りが同じものを食べるのはちょっと無理があるよな~と。
たみ(パピヨン15歳)の腎不全の仕組みや食事について勉強するうちに考えるようになりました。

我が家の犬が若かったのはもう何年も前のことなので実際に試したことがないドッグフードも紹介しますが、選ぶ基準はこれまでの犬生活で知った評判の良いメーカーと楽天のレビュー。
良さそうなフードをいくつかご紹介します。

Bosch(ボッシュ)

ボッシュはドイツのドッグフードメーカー。
完全無農薬有機栽培自然飼育原材料を使用し、ビタミン・ミネラル等も天然のものを使用しているプレミアムフードです。
ボッシュのフードについては正規販売店ナチュラルドッグフードベレンさんのサイトで詳しく紹介されています。
商品によってはお試しサイズも購入できるので、おすすめのお店です。

ハイプレミアムパピードッグフードの適応は

  • 妊娠犬・授乳犬
  • 超小型・小型犬離乳直後~2ヶ月程度までの仔犬
  • 中型犬離乳直後~4ヶ月程度までの仔犬
  • 大型・超大型犬離乳直後~5ヶ月程度までの仔犬

以上の通り、お母さん犬と離乳食後の子犬。

ハイプレミアムジュニアミニドッグフードは、

  • 超小型・小型犬2~8ヶ月程度までの仔犬
  • 中型犬3~10ヶ月程度までの仔犬

1歳未満の子犬向け。

ハイプレミアムミニアダルトは1歳以上の成犬向け。

ハイプレミアムミニシニアドッグフードは、チヨ(パピヨン16歳)が時々食べています。
以前、普通のシニア用を試した時は粒が大きすぎて吐いてしまったのですが、ミニが登場したので試したところ、消化も食いつきも上々です。
ただ、ミニの方はふやかしても芯がだいぶ残るので常用するのは、う~ん…といったところ。

Boschのフードや一部の腎臓病用療法食を購入する際は、正規販売店ナチュラルドッグフードベレンさんを利用しています。対応が早く丁寧です。
Amazonでも売ってはいますが並行輸入品が多い印象。フードの品質・鮮度を考えると正規販売店が安心かなと思います。

吉岡油糧フード

吉岡油糧フードは試したことがないのですが、楽天のレビューがなかなか良くて、シニア向けをちょっと試してみようかと考え中。

  • パピー:3ヶ月~1歳半頃
  • アダルト:1歳半~
  • シニア:7・8歳頃~

と、ライフステージ別に用意されていて、粒のサイズも標準(7mm)・小粒(5mm)・フレーク(7mm粒の薄切り)の3種類。
これは飲み込むのが苦手なチヨちゃんにも良さそうだなと惹かれています。

クックンラブ

ここで変わり種をひとつ。
レトルトフードのクックンラブ。

パピー用、アダルト用、シニア用の3ステージが用意されていて、メインのたんぱく質は鶏肉・鹿肉・羊肉・馬肉・いわしの中から選べます。

クックンラブは腎不全の犬ご用達みたいなので試してみました

2017.04.04

食いつきも消化もなかなか良いフードでした。
手作り食にしたいけど、ちょっとハードルが高い…という場合や、普段は手作り食の子の非常食としても良さそう。

ナチュロル

上でも私にいくらか入るとご紹介したナチュロルも混ぜておこう(笑)
100円モニターだけで結局その後継続はしていないのですが、チヨの食いつきは抜群。
たんぱく質が27~31%と、高齢犬にはちょっと多いんじゃないの?と思うので常食にはしませんが、モニターで手に入れた少量パックをおやつ代わりによく食べてます。

>>ナチュロル100円モニター申込み

良い!と評判でもお腹に合わなかったり、意外とホームセンターで売ってる安いフードの方が美味しそうに食べたりと、合うフード・合わないフードは犬によって違います。
食べさせてみて、下痢しない!良い!と思ったのに、2週間くらい食べてからお腹がユルユルになってくることも。
フードジプシーという言葉もありますが、フード探しはなかなか難しいものです。

プレミアムフード=良いフードなのか?

ちなみに我が家の2匹はプレミアムフードと呼ばれるドッグフードを食べていましたが、チヨは5歳で膀胱結石(開腹手術)に、たみは膵炎・腎不全になりました。
どの病気も治療方法は食事のコントロール。

原因は体質や年齢によるところも大きいとは思いますが、これらの病気は日々の食事も大きく影響しているので、良いフードを与えていたからといって必ずしも健康モリモリに育つとは限らないのかなと思ったりもします。

チヨは市販のフードでお腹ユルユルになるので基本は手作り食ですが、たみはここ数年ロイヤルカナン・ヒルズを始めとする処方食・療法食で長生きさせていただいていますから。

何が良くて何が悪いのかはよく分かりませんが、数あるフードの中から悪くはなさそうなものをチョイスして、その中から愛犬に合うフードを見つけてあげるのが飼い主の務めかなと思います。

スポンサーリンク