目標は目に見えるように。

変わったら変わったで書き直せばいいし、
特になければ直近の目標でも書いておけばいいから、
とにかく何か目標を書いとけと子供に言っています。

どんなにくだらないことでもいいから、
何か目指すものがあると違うと思うのです。

スポンサーリンク

小4・長女の夢が決まったらしい

ニワトリになりたい、デザイナーになりたい、絵描きになりたい、建築家になりたい、と将来の夢がちょくちょく変わりつつも長女の夢はいつもクリエイティブ。

しかし去年あたりから
「何か作れる人になりたいけど、それが何なのかよく分からない。
動物の何かとか…薬の研究とかじゃないんだけど、なんかそんな…」
とボンヤリし始め、

写真 2016-07-18 19 44 37

「クジャクと猫を飼うためにお金を稼ぐ、選択肢を広げるためになるべくいい高校へ。」
と言うようになりました。
そんな長女、先日進研ゼミから届いた冊子を読んでいて、
「見つけた!これ!」
と興奮している。

見ると、色々な職業を紹介しているコーナーのひとつに 「製品開発者」の文字。
長女は製品開発者だ製品開発者だとウキウキしていました。
ペット関連の製品開発をしたいのだとか。

製品開発のどの部分なのかにもよりますが、作ることが大好きで、黙々と調査や作業に没頭する長女には向いていると思います。
だけどプレゼンの能力も必要だよーなんて思ったりもしましたが、そんな現実はまだ知らない方が良いでしょう。

写真 2016-07-30 11 09 56

直近の目標は宿題をなるべく早く。

スポンサーリンク

小1・次女の夢はブレない獣医さん

130608_2585

1年生の次女は、2,3歳の頃から獣医さんになりたいと言っています。
見事にブレない。
小さいうちは夢を聞く度に違っても、周りの子に影響されても、
なんかよくわかんなくても、夢がいくつもあったっていいと思うのです。
選択肢は少し多いくらいの方が良いと思うのです。
写真 2016-07-30 11 10 25

しかし次女はブレない。

生まれた時から身近に動物がいて、
獣医さんが自分の大事な動物を治してくれて、自分にも色々教えてくれて、
幼心に自然と目指すものが定まったのかな。

「チヨちゃんたみちゃん(犬)は何歳まで生きられるかな?
動物が今よりもっと長生きさせられる獣医さんになりたい」
と、次女はよく言います。

自分よりずっと年上で、年老いていく犬達を見て
思うところがあるのかもしれません。

いつか変わるかもしれないけれど、
夢を追いかけている間は見守って、応援してあげます。

スポンサーリンク

製品開発者になりたい姉と、獣医になりたい妹

写真 2016-07-31 23 28 46

先日、次女がチャック付きのぬいぐるみを集め、手術の練習を始めると、

それを見た長女(愛読書は動物のお医者さん)が紙で手術セットを作ってくれました。

写真 2016-07-31 23 29 04

「ごめんね?、お口見せてね?、あー嫌だね?
あっ痛い痛い(噛まれた)!
…お母さんと一緒だと強気になっちゃうかな??
ちょっとお預かりしますね(*^^*)」

と実にリアルなセリフを(笑)

写真 2016-07-31 23 29 15

開腹手術をして、しばらく入院だそうです。

目指すものは違うし、いずれ変わるかもしれないけれど、
動物が好きという気持ちはいつも一緒。
親の私はせめて子供の人生の足枷にだけはならないように日々頑張るのみ。

13696428_296782210676608_332465959_n

明日から8月。
毎日ギャーギャー大騒ぎの中、
我が家の猫は、
早く新学期が始まることを心から願っているみたいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします