ロイヤルカナン消化器サポート可溶性繊維で猫の便秘解消の巻

とらじは子猫の時から便秘気味。
吐くほどひどい便秘に悩まされたとらじにマッサージしたりミルミルを飲ませたりイージーファイバーを飲ませたり…色々な対策をしましたが結局はフードに助けられました。

とらじが食べた処方食はロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)。

初めての便秘は子猫時代だったため、子猫に必要な栄養もきちんと与えたいということで子猫用のフードと半々に、成猫になってから特発性膀胱炎を患ってからはヒルズc/dを食べさせていましたが、先日また便秘になってしまい、c/dと消化器サポートを半々で与える事になりました。

猫も肛門腺を絞った方が良いらしい。便秘の原因の一つかも…とのことでした。

2017.10.13

猫の便秘が解消するまでの症状&薬・フード・治療の記録

2016.07.13

獣医さんに摘便してもらうほどのひどい便秘ですが、消化器サポートを食べさせるときちんと、そしてものすごい巨大なウンチを出すようになります。
これまで散々お世話になったフードなのにレビュー記事がまだだったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

ロイヤルカナン消火器サポート(可溶性繊維)とらじの口コミ

消化器サポート可溶性繊維ドライはテトラポット型で噛み砕きやすく、食いつきもなかなかのもの。
ヒルズc/dと半々でお皿に入れると、消化器サポートばかり食べてる気が…。
味もとらじ好みの様です。
とらじのご飯をよく盗み食いする同居猫テツ子も、消化器サポートばかりを選んで食べるのでおいしいのでしょう。

そして一番の目的の便秘についてですが、フードに含まれているサイリウムの効果なのか、びっくりするほど大きなウンチがドカン!と出てきます。
普段半分のサイズのウンチを出すのに苦労しているくせにどうしてこんなデカいのを出せるのかと不思議に思うくらい。

ウンチは非常に大きくなりますが程よい固さにもなるので排出しやすくなるのかなと思います。

前回摘便してもらった後、消化器サポートを食べさせて2日経ってもウンチが出ない場合は投薬などの治療もする予定でしたが、摘便の翌々日の朝、でーっかいのが無事出てきました。
これで今回の便秘は切り抜けられそう。
消化器サポート様、ありがとう。

フード以外の便秘対策

処方食以外の便秘対策としては、同居犬達に与えている乳酸菌JINをフードにふりかけて食べさせるようにしています。
あとは毎日ではありませんが、週に2回くらいスッキリンを舐めさせる。

この前の便秘は最近この2つをサボっていたのも悪かったのかも…。

便秘も摘便も可哀相なので日々のケアで予防してあげたいですね。

スポンサーリンク