インフルエンザの予防接種を受けると…

長女

受けた年に限って感染する

次女

注射大嫌い

接種直後に高熱で倒れる

我々はワクチンを打つとどうもダメ(次女を除く)。

そんなわけで今年もワクチンは接種しません。

でも予防はしておきたいなーということで、インフルエンザに良いらしいというR1ヨーグルトを始めました。
しかし高いですよね。

近所の西友でよりどり2点240円です。
毎日食べたとしたら、1つ120円×3人×30日→10,800円…。

というわけでヨーグルトメーカー買っちゃった。
ヨーグルトメーカーって少し前まで結構お高いイメージでしたが、温度調節機能もタイマーもついて意外と安かったのでびっくり。

選んだのは、Amazonで高評価だったアイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアム

温度調節を1℃刻みで出来るので、通常のヨーグルトよりも若干高い43℃で発酵するR1ヨーグルトを作りたい場合に便利です。

作り方は↑この通り超簡単。

ズボラな私でも続けられそうです(笑)

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを増やす

材料は

  • 牛乳1L
  • R1ヨーグルト1本

R1ヨーグルトは飲むタイプを使うと混ぜるのが楽です。
菌の餌にするための砂糖を入れた方が良いみたいですが、なくてもちゃんとヨーグルトになりました。
R1ヨーグルトに砂糖が入っているからかな?謎ですが。

ざっとした作り方(牛乳パックで作る場合)は

  1. 電子レンジで牛乳パックごと人肌くらいの温度まで温める(600Wで2,3分)
  2. 牛乳パックを開け、R1ヨーグルトと同量の牛乳(112ml)を取り出す
  3. R1ヨーグルトを注ぎ入れて熱湯消毒したスプーンで少し混ぜる
  4. ヨーグルトメーカーにセットし、43度・8時間に設定して「入」ボタンを押す

以上。
詳しい作り方は説明書が入っているので、そちらを参考にして下さい。

容器やスプーンなどは熱湯をかけて消毒が必要です。
すごく簡単な工程のうち、手間といえばそれくらい。

あ、当然ですが自宅でR1ヨーグルトを簡単に量産出来たらメーカーは商売あがったりなわけで。
量産ではなく嵩増しというのが正しいかもしれませんね。

出来上がったヨーグルトはこんな感じ↓

190円の牛乳と120円のヨーグルトで、ちゃーんとR1ヨーグルト(もどき)が出来ました。
1Lも!

3人でモリモリ食べても2,3日かかるので、だいぶお得。
自作ヨーグルトなので、出来れば2日くらいで食べきりたいですね。

同じくR1ヨーグルトでインフル対策をしている4人兄妹のママ友に教えてあげたら即ポチってました(笑)

種となるヨーグルトは自作ヨーグルトの残りを使うと更にお得かもしれませんが、私は雑菌繁殖が不安なので毎回新しい市販のヨーグルトを使用します。

R1ヨーグルトを作ろう!と思ってヨーグルトメーカーを購入しましたが、他の種類のヨーグルトや豆乳ヨーグルトなんかも作ったら楽しそう。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでは、ヨーグルトだけでなく納豆や甘酒、塩麹も作れるそうです。
子供達が納豆大好きなので、今度挑戦してみようかな。

付属の水切カップでギリシャヨーグルトも作れるのだとか。

今度やってみたらご紹介します。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー、おすすめですよ!

スポンサーリンク

飲むヨーグルトモード搭載機も(新機種)

新しく飲むヨーグルトを作れるモードを搭載した機種も発売されました。

飲むヨーグルトは作れないのかな?とか思ってたんですよね。
今から買うならこっちがいいかも…。

薄めに作れば飲むヨーグルトになるかな(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします