小5の長女、2017年度第3回試験で英検3級を受験し、一次試験に合格しました。

3級は来年(6年生)で良いんじゃないの?
4級5級と違って作文面接もあるからまだ無理じゃないの?

と私はあまり乗り気ではなかったのですが、英語教室の先生に申込書を握らされ(笑)

4級5級は大した努力もせずそこそこ良い成績で一発合格したので、ここで一度挫折を味わうのもまぁ良いかな?なんて思ったりして。

3級こそ気合を入れるべきだったのかもしれませんが、飽きっぽい私は英検合格させるぞ!という情熱が5級合格と共に燃え尽き、「勉強しなさい」というのも面倒に…。
長女は長女で「多分大丈夫だよ」とヘラヘラ。
長女は毎度の事ながらガツガツ勉強する事もなく当日を迎え、当日だけは渋々ガツガツ勉強して合格しました。

3級は4級5級と同じようにはいかないと勝手に思っていましたが、4級5級の知識が土台になったのかもしれません。

そんな小学生の3級の勉強法と使用したテキストなどをご紹介します。

スポンサーリンク

英検3級の勉強法

長女が英検受験に向けて本格的に勉強を始めたのは1ヶ月前から。
といっても学校の宿題もあるし、家でダラダラしたいし…ということで毎度の事ながらそんなにきちんとは勉強していませんでした。

勉強の流れとしては、まずは過去問を解いてみることから始めました。
長女が使ったのは旺文社の過去6回全問題集7日間完成予想問題ドリル

ここでひとつ注意が必要なのですが、2017年度から3級試験にも準2級以上と同様、作文(ライティング)が加わりました。
筆記が30問+作文リスニングが30問出題されます。
※これまで出題されていた語句整序問題がなくなりました。

2016年度以前の過去問にはライティング問題は掲載されていないので、最新の過去問集(こちらも2017年度第1,2回分だけですが…)、新試験に対応したテキストを用意しましょう。

勉強もせずとりあえず問題を解かせてみたのは、何を理解していないのか確認のため。
私が丸付けをして、間違えた問題には付箋を貼っておきます。

この時点で正答率は6~7割。
このまま本番に臨むのはちょっと不安な状態です。

長女が苦手なのは筆記の中でもEメールと長文の読み取り、それに作文で正しいスペルを書けないという致命的な問題が…。

ちょっとここで一度苦手なところだけ学習し直しましょう…ということで、ドリル登場。

オールカラーでとても分かりやすい解説に予想問題付き(リスニングCDも有り)です。
Amazonで中身をチラリと確認できます。

しかしこんなに分かりやすそうなドリルなのに長女はどうも読む気が起こらない様子…。
とりあえず過去問や予想問題でつまずいた箇所(Eメール、長文、作文)のところだけは読んで理解しておきなさいよと指示しました(実際どこまでやったかは謎)。

ドリルで苦手な箇所を一通り頭に入れたら、もう一度間違えた問題(付箋を貼っているところ)だけ挑戦。
それでも間違えたら、解答に書いてある解説をチラ見しながら指導してあげました。

最終的に付箋がなくなるまでその繰り返し。

これで何となく分かる様にはなったのですが、過去問によっては全然ダメな回も…。
英語教室に通っているとはいえ、中学英語レベルの文法はまだ習い始めたばかり。
感覚で身についているものの、文法として理解しているとは到底思えない状態です。

不安を抱えたまま英検当日を迎えた長女。
受験は準会場で時間も夕方遅めの時間だったため、当日も数時間勉強することが出来ました。
1ヶ月前から勉強を始めましたが、結局集中して勉強したのは当日の朝~夕方だけだったかも…。

そんな長女が最後の最後に使ったのは、いちばんやさしい英検3級

上でご紹介した小学生のためのよくわかる英検3級合格ドリルと比べるとオールカラーではないし字も小さく細かく書いてあるので、何となくとっつきにくい感じがして、これは中学生向けだったかな~?と、テキスト部分は飛ばして予想問題だけ使っていたこのテキスト、直前に使ってみたらすごく良い!

長女

これいいよ!知らなかったことが書いてある!分かりやすい!

 

と、感動していました。

CD2枚付きで、解説や実際の英文を聞きながら進めていくことが出来ます。
いちいちCDを再生するのは手間なので、ipodに入れてあげました。これだけでだいぶ捗ったみたい。

もっと早くから使っていれば完璧だっただろうけど、もっと早くから勉強するとも思えないのでまぁいいか。

長女が使い終わった後で私も読んでみましたが、英語をきちんと学びながら英検合格を目指せる内容なので、曖昧なまま無理矢理進まない=後で苦しまずに済むとても良いテキストだなという印象。
次回、準2級もこのテキストと旺文社の過去問・予想問題・パス単を用意しようかと思います。

小学校高学年以上、特に中学生以上はいちばんやさしい英検3級がおすすめです。

英作文

そして更に英検3級では、4級5級にはなかった大きな壁、作文が登場します。

質問に対し、自分の考えと理由を2文(25~35語)で答えます。

    • 質問を理解する
    • 質問に対する答え方を覚える(whenで聞かれたどうする?whoで聞かれたどうする?etc)
    • becauseとalsoの使い方
    • 自分に関係する単語(好きな食べ物や色、将来の夢など)を書けるようにする

なかなか手ごわい課題ですが、英語教室の先生曰く、「え?こんなひどい文でも点くれるの?って感じだったから大丈夫よw」とのこと(笑)

例えば今回の準会場の試験では「映画館と家、どちらで映画を見るのが好きか」という質問が出ました。

長女は「I like wathing(watchingの間違い) movies at home better than at a movie theater,because my home can stop movie free.Also,home can eat many foods and drinks.(映画館よりも家で見るのが好きです。なぜなら家なら自由に止められるから。また、家ではたくさんの食べ物と飲み物を食べられます。←長女訳)」と答えました。
これで16点満点中、12点。

作文に関しては直前までどうしようもない感じでしたが、直前に取り組んだいちばんやさしい英検3級のおかげでそれなりの文を書けるようになりました。

メインの勉強は以上。

あとは空き時間に単語の暗記。
出る順パス単とiPhoneアプリを活用しました。

5級の時はとりあえず単語を理解していれば受かる!と出来るだけ単語を覚える努力をしましたが、3級はそこまで力を入れませんでした。
1300語も暗記するのは無理だし。
よく出る単語だけは押さえておきましょうということで。

スポンサーリンク

英検3級の勉強に使ったiPhoneアプリ

基本的にいつもやる気のない娘なので、やる気のない時に使えるアイテムは必須。
iPhoneアプリがとても役立ちます。

3級の勉強の単語の勉強は、英検英単語を使いました。
英検5級~2級に対応しています。
変な広告が出ないし、鳥好きな長女は可愛いヒヨコがお気に入り。

英検用のアプリではありませんが、中学英語の学習にはとても良いアプリ「Duolingo」も活用しました。
スピーキングのチェックもしてくれるので面接の練習にもなるかも。

他にもいくつかアプリを用意しましたが、長女はこの2つしか使っていません。

スポンサーリンク

英検3級お役立ちアイテム

その他にも英検3級の勉強に役立つアイテムがたくさん。

英検ネットドリル

株式会社ショウインが提供する旺文社英検ネットドリル

  • でる順パス単
  • 7日間完成予想問題ドリル
  • 過去6回全問題集及びCD

この3つの教材が収録されているオンライン教材です。
長女は紙の教材を買う様に英語教室で指示されているので使っていませんが、ネットドリルの方がパソコンやタブレットで効率よく勉強できそうです。

スタディサプリ

オンライン教材、スタディサプリでも月額980円で小4から高3までの基礎&応用講座と英検3級・準2級・2級の試験対策講座も視聴できます。

※別料金のスタディサプリEnglishではなく、通常の小学生~の講座の料金内(月額980円)で資格対策講座>英検対策講座の視聴が出来ます。

マンガでおさらい中学英語

英検3級=中学英語ということで、英検4級に合格した時に購入したのが、マンガでおさらい中学英語。

英検の勉強に取り組むほどの意欲がなさそうな時に「マンガでいいから読んでおけば?」という感じで活用中。

英検3級テキストまとめ

以上、小5長女の英検の勉強や結果から考えた買っておいて損はないテキストは以下の通りです。

いちばんやさしい英検3級 or 小学生のためのよくわかる英検3級合格ドリルはどちらかがあれば良いと思うので、お好みで。

3級になると小学生にとっては難易度がグッと上がります。
使いやすいテキストで時間に余裕を持って進められると良いですね(毎回直前で慌てる娘の母より)。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします