小4の長女はボチボチ自由研究を始めていますが、小1の次女もやりたい!と研究を始めました。
長女が初めて取り組んだのは3年生。

自由研究がどのようなものなのかは、昨年の長女の勇姿を見ていてよく分かっていますが、まだひらがなしか習っていない1年生が出来る研究って…。

長女に関しては、“子供の”自由研究なので、私は手を出しません。
が、次女は普通の公立小学校の1年生…。
学校の授業では短い文章を読み、句読点の使い方を習った程度です。

昨年長女の自由研究が選ばれ、展覧会に出品する際、「どの部分を親が手伝ったか」ということを確認されました。
先生が記入して提出する用紙に書く欄があるのだそうです。

みなさん手伝ってるのね。

う~ん…高学年はともかく、1年生はある程度手伝うのは仕方がないか…。

というわけで、1年生の自由研究を手伝ってみましたヾ(*・∀・)/

スポンサーリンク

小学1年生の自由研究の手伝い方

親が手伝う自由研究…決して親がやったらいけない。手伝うのです。
手伝う…手伝う…。
どの範囲までが「手伝う」なのか…。

次女はよく本を読むし、学校では大したことを習っていませんが、自力でそれなりにきちんと伝わる長い文章は書けます。
というわけで、構成だけ手伝うことにしました。

もう一度言います。親がやったらいけません。手伝うのです。

1年生の自由研究・構成

まずは↓このように構成したものをプリントして子供に渡しました。

これに一通り研究内容やメモ・スケッチなどを子供が書いていきます。自分のノートに書いたよく分からない膨大な研究データがあるので、それもこの用紙にまとめていきます。
最終的にこの内容を模造紙に清書するわけです。

子供たちが通う学校では、見出しはある程度指定されたものがあるので、それを元に研究テーマにあった形に構成しました。

1608071

こんな感じ。
オールひらがなはさすがに読みにくいので、模造紙に清書する時は、「市立」「小学校」「年」「組」だけ私が書こうかと思っています。

1608072

いくら1年生だからといって、私はあまり優しくないです。

1608073

さあ書け!自分で見て、考えて、調べて、書くのだ!

1608074

次女が観察で分かったことなど私には分からん!

子供の反応

これを手渡したら何ていうかなぁ…こんなのわかんない!とか言うかなぁ…と楽しみだったのですが、

「うわぁー!ありがとう!自由研究やるって言ったけどよく分かんなかったのー!」

と、珍しく素直に感謝されました。
やっぱり分からなかったんだねw

写真 2016-08-07 14 43 40

そしていそいそと研究を始める7歳。かわいいな。

スポンサーリンク

小1&小4の自由研究・清書

研究内容がまとまったら、模造紙に清書していきます。
これは長女・次女共通。
模造紙やペンなど今年用意した自由研究グッズ・自由研究製作のポイントをご紹介しますよ。

内容は過去記事と重複しますのであわせてご覧ください。

学校から指定されたサイズの模造紙

昨年は模造紙に直接書き込みましたが、子供が大きな紙を扱うのは大変なので、今年は模造紙に直接書くのではなく、項目ごとに別の用紙にまとめたものを貼り付けていく形をとろうかと思っています。

直接書くならマス目入りがおすすめ。
去年は無地に直接書いたので、長女の心が若干折れていました。

展覧会では暗い色の模造紙に色々貼り付けている人もたくさんいました。
見た目のインパクトは白い模造紙よりもあるかもしれませんね。

ペン

自由研究をまとめる時に使うペン。
昨年はマッキーを使いましたが、裏にうつってテーブルが汚れることがありました。

そこで今年はプロッキーを購入。
これ、すごくいいです。自由研究が終わった後も愛用中。

どうしても黒が減ってしまうので、黒だけ買い足しました。そのくらいお気に入り。

写真

読みやすい・伝わりやすい自由研究を作り上げるポイントのひとつは「写真」だと思っています。
これは学校からのプリントにも「写真をたくさん撮るといいですね」と書いてあったので間違いない。

研究対象そのものの写真の他に、子供が研究に取り組む写真も載せるととても良い。

今回は長女・次女合わせて50枚をほぼ使い切りました。

長女は2L判の写真も資料として使用したのですが、我が家のプリンターは2L判のプリントが苦手なようで…ネットプリントを注文しました。

スポンサーリンク

完成した1年生の自由研究

14088464_1120983054647789_3256123724479412335_n

次女の自由研究は、私が用意した大まかな構成を軸に、文章や研究内容は全て自分で頑張って仕上がりました。

この自由研究は学校の代表になり、市内の展覧会に進みましたが、その上の展覧会には選ばれず。
長女は選ばれたので見に行ってきましたが、正直「これを自力でやったなら天才だ…」と思ってしまうものばかり。
内容はともかく、用紙の貼り方からレイアウトはばっちり整っていて、タイトルなんて手書きではなくプリントされていたり。
こんなに手伝って良いんですか!と驚いたのが本音です。
昨年の展覧会は子供らしい作品の方が多かったのでその年にもよるのかな?

長女も次女も手を出されるのを嫌うので私が手伝うのは構成程度ですが、なんかがっつり手伝っちゃっていいみたいですよw

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします