とらじ2歳、便秘です。
幼い頃から繰り返すので、一時的な原因ではなく体質かな?と思っています。

ずーっと治らない特発性膀胱炎もあるので、便秘の猫用の処方食は使えません。
処方してもらった薬も下痢をさせない量=気休め程度。

獣医さんに聞いたところ、「1日2日出ない子はわりと多いけれど、3日過ぎると苦しくなる」とのことでした。

とらじは3日出なくても平気な顔をしていますが、お腹を触るとパンパン…。
かといって病院に連れて行って摘便してもらうのはストレスにもなり、こうも日常的に便秘を繰り返していると医療費も嵩みます。

というわけで私がとっている対処法は、

  • 日常的にお腹マッサージ
  • 中2日出なかったら薬を飲ませる(ガスモチン・ラクツロース)
  • 中3日出なかったら摘便

薬については以下の記事にまとめてあるので、今回は摘便について。

スポンサーリンク

猫の摘便に使えるアイテムと方法

オリーブオイル&使い捨て手袋で猫の便秘をほじってます。

女性用Sサイズ手袋だと指先が余るくらいの手の大きさの私(小学生と大差ない)はSSサイズがちょうど良いです。
女の人の普通サイズならSサイズかなぁ…。

摘便の方法は手袋をはめた指にオリーブオイルを塗り、そのまま指を突っ込みます。
摘便が必要なくらいの便秘なら大抵はすぐ近くまで詰まっているので、入り口にある分を掻き出すイメージで。
※全然指が届かない場合はあまりほじると危険なので獣医さんにお任せしましょう。

一度出始めたらどんどん出てきます。

出てきたウンチはそのまま手袋を裏返しにして猫トイレ用の密閉ゴミ箱にIN。

動物病院で摘便をする時は診察台の上にトイレシーツを敷いて処置していましたが、私はお風呂場でやっています。

一応とらじ的にはこれで良さそうですが、ちょっと心配なので獣医さんにも聞いてみました。
「病院でも結局同じことをしますし、通院のストレスが便秘の原因にもなるのでお家で出来るならオリーブオイルで全然大丈夫ですよ。」
とのことでした。

もっと便秘がひどい場合はお湯を浣腸するそうです。

出来れば自分で出してほしいけど…頑固な便秘が巨大結腸症などの疾患を引き起こす事もあるそうなので、自力で出せない分は手伝ってあげようと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします