ミシンを買いました。
JUKIのHZL-VS200という機種です。

同じ機種を扱うお店は何店舗かありましたが、おまけやポイントなどを比較した上で、楽天のミシン一番というお店で購入しました。
土曜の夜中に注文して、月曜には届きました。
早っ!

おまけは時期によって違うかもしれませんが、防振マットとフットコントローラー、純正ワイドテーブル、練習用の布、アンケートに答えたのでミシン糸ももらえました。

ミシンと同時購入で純正押え6点セットを半額で購入出来ますが、母に聞いたら「いらないいらない」と一蹴されたので買ってません(笑)

さてさてこのミシン、本当に買って良かったです。

↑変なタイミングで写真撮っちゃいましたが…。

音がすごく静かで、動きがとんでもなくスムーズ。
母が持っているJUKIの下位モデル(後述します)との違いは素人でも何となく分かりました。

縫物がそんなに好きではない私の、

ミシンの操作にストレスを感じたくない
糸調子の事なんて考えたくない
さっと出してさっと縫いたい

この希望をあっさり叶えてくれました。

ネットで購入出来る家庭用コンピューターミシンの中では高い部類に入りますが、初心者こそある程度の事はミシン側が何とかしてくれる、少し良いミシンを選ぶべきだと思います。

ミシンって入園入学の時だけでなく、小学校高学年になると家庭科の宿題でミシンが必要な場面も出てきます。
そんな時、お母さんが扱いやすいミシンを持っていると、スムーズに楽しく縫物が出来るでしょう。

もともと手芸好きな長女は、私以上に喜んでます。

スポンサーリンク

JUKIの下位モデルとの差

私の母は洋裁のプロ。この道50年近いベテランです。
若い頃はアパレルメーカーのパタンナーとして働き、結婚後は店や自宅で洋服のお直しをしていました。

現在は孫の服をせっせと縫う洋裁ばあさん。

↑ピアノの発表会用。

↑大人のお古のセーターなどを幼児用コートにリメイク。

↑お古のTシャツで作ったズボン。

↑日除け付き帽子を大量生産していた時期も。

↑大人のお古のシャツをそのまま小さくリメイク。

そんな母は昔からJUKIミシンを愛用しています。
家でバリバリ仕事をしていた時はロックミシンと家庭用コンピューターミシン、店では職業用ミシンを使っていました。

母が長年使っていたJUKIミシンが壊れ、今までよりも少し安い機種をネットで購入したのが一年前。
楽天でそこそこ評価の高い機種ですが、私が今回購入したHZL-VS200よりも1万円程安いもの。

そのミシンでも私から見ると普通に色々なものを作りまくっている母ですが、
「ニットの糸がスムーズに縫えないし、やたら重いわりになんだかどうも…早く壊れればいいのに…」と毒を吐いていました。

機械にはめっぽう弱いのにミシンには超厳しい。

私がちょっと良いミシンを購入したと聞くと、翌日飛んできました。

そして「何これ、お母さんのと全然違う…。」と、ムカムカしながら帰っていきました。

プロ絶賛&初心者に扱いやすいミシンHZL-VS200、おすすめです(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします